挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

253/992

253 解せぬ!

明日はまた秋田に。スマホを忘れないようにしないと。
 イモとなんかの肉とみじん切りの野菜をなんかの香辛料で煮たスープと香辛料で焼いた山羊のステーキ。あと味の薄いリンゴのような果物がついた夕食をありがたく、一つ残さず頂いた。

 ブララとなんか甘い果物をミックスさせた果汁で一服───した気になれんのでコーヒーを出して一服した。

「……夜が長いな……」

 別に暇だと言っている訳じゃねぇよ。のんびりできてイイと言っているのだ。

 こう言う一時を穏やかに過ごせる幸せ。サイコーだぜ。

 微かに聞こえる街の喧騒を肴にコーヒーを飲む。オレは世界一の幸せ者だな……。

 まあ、そんな幸福な時間は早く過ぎるもの。ノックの音で終わりを告げた。

「……どーぞ」

 名残惜しいが、人との関わり合いもまた幸福を感じるエッセンス。しっかりじっくり味わえだ。

「休んでるとこすまんな」

 時計を見れば夜の八時前。結構のんびりしてたんだな。

「構わんよ。それで、会議は終わったのかい?」

「ああ。まあ、会議はご隠居さんが帰ったくらいに終わって、残りは食事会だったがな」

「満足してもらえたかい?」

「大満足過ぎて皆今日は泊まることになったよ」

「それは重畳。サプルも喜ぶだろうさ」

 お腹一杯食べてもらえることがなにより嬉しいと言ってたからな。

「ありがとうとサプルに伝えといてくれや。で、夕食はどうだったい? うちの料理長の渾身の作は?」

 え? マジで? と言いそうになるのを無理矢理飲み込み、平静を装った。

「……まあ、悪くはねーと思うぞ……」

 すんません。そう言うのが精一杯です。

「無理せんでも良いさ。サプルの味を知ったら他の料理など一味どころか十味くらい落ちるからな」

 こりゃ料理長さんにワリーことしちまったな。プライドが傷ついてなけりゃイイが。

「にしても良く全部食べたな? 無理せんでもよかったんだぞ」

「オレはオレのために作ってくれたものは全て食べる主義なんでな。余程の不味さじゃなけりゃ食材と料理人に感謝を籠めて頂きますだ」

 前世で二十年以上、スーパーやコンビニの弁当で生きてきた者にしたら手作りってだけでご馳走だ。残すなんてあり得ねーよ。

「……お前って、変なところで清貧だよな……?」

「まあ、心が豊かだからな」

 人生を豊かにするのは己の心次第。どんなに金や権力があっても心が貧しければあれもこれもと求め、満たされない飢えた人生になる。

 前世のオレはそれすらなく、ただ怠惰に、惰性で生きる空っぽの人生だった。

「オレが求めるのは心の豊かさ。金も権力も二の次三の次だ。心を満たせよ、我が人生」

 なんてね。まあ、ゆったりのんびりスローなライフを求めましょう、だ。

「その才能を惜しいと思わないのがベーのベーたる所以だな」

「なんだい、その理屈はよ?」

「……お前、なんか隠してんだろう?」

 表情には出さない、ようにしたが、咄嗟に返せなかったことが『アタリ』と言っているようなもの。オレがまだまだなんじゃなく、会長さんの勘の鋭さが異常なだけだ。

「なんで、そう思ったんだい?」

 自分じゃあボロは出してねーつもりなんだがな。

「お前、わしを商人として二番目と言ったじゃろう」

 あーそんなこと言ったな。それがなんだって言うんだ?

「じゃあ、なんでその男にアブリクト貿易連盟の代表にしなかった。わしの目から見てもブラーニーの商才はずば抜けている。悔しいが、わしよりも才能がある。仮に、まだ若くて経験がないと言うのならブラーニーなりを副にしてやればよいではないか。あの男ならベーの選んだ者なら一歩でも二歩でも引く男だ。それがわからないベーではあるまい?」

 なんつーか、本当にできる商人はおっかねーぜ。見ているとこ、感じてるところが凡人と全然違うわ。

「……そうだな。親父さんと出会わなければあんちゃんを代表に、とは考えてはいたが、それは最終手段。会長さんや他の有力者を見てからと思ってたんだよ」

「わしも候補に入っておったのか。そりゃ光栄と言っておこうか」

「まあ、それも最終手段だがな。我ながらこの出会い運にびっくりだよ」

「そりゃわしもだわ。お前の出会い運、マジ本物だわ」

 本物だろうが偽物だろうが、それが呪いになってないことを願うがよ。

「ここで言ったこと聞いたこと、誰にも言わないと覚悟できるか?」

「……誓うか、と言わないところがなんかおっかねーな……」

「まーな。幾ら友達でも許せねーことは許せねーし、友達との約束は裏切らねーを信条としてっからな。例え会長さんでも見過ごすことはできねーんだよ」

 会長さんとの友情も大切だが、バンベルとの友情も大切だ。秤に掛けるならまず最初の約束をしたバンベルを優先させる。

「……見くびるなよ。お前から受けた恩を仇で返すようなクズじゃねぇ。お前が守るものならわしも守る。例えそれが商人の誇りを失うことでもな」

 ふふ。できる商人はおっかねーが、横にいてくれたらなんとも心強いから笑えてくるぜ……。

「なら教えてやるよ」

 ゴクリと唾を飲む会長さん。

「地下に国を創っている。それも多種族国家をな」

 なにを言われたか理解できない顔をしていたが、徐々にオレの言ったことを理解してきたのか、顔色が段々と青くなって行く。

「フフ。頼もしい協力者(共犯者)ができて嬉しいよ」

 後日、会長さんからお前が悪魔に見えたと言われました。

 愛らしく笑ったのに……解せぬ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ