挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

243/992

243 神のみぞ知る

地味なキノコを考えてたら村人転生が疎かに……なってたりなってるか? やはり二つを同時に考えるのはキツいな……。
「なあ、ベー。今日はゆっくりして行けるのか?」

「ああ。今日は会長さんに時間を取ったからな、ゆっくりして行けるぜ」

 王都にきた理由の半分は会長さんに会いにきたこと。余裕を見て三日は取ってあるぜ。

「なら、今日は泊まって行け。歓迎するぞ」

「あー泊まり、な……」

「なんか予定があるのか?」

「あ、いや、予定と言うか、ちょっと面倒見なくちゃならんガキどもを抱えててな、まあ、保護者がいるし、これも勉強でやらせるのもイイか。ああ、今日はお世話になるよ」

「そう言やぁ、バリーから聞いたがなにかスラム街の子供を集めてなにかしてるんだって?」

 バリー? あ、船長さんか。すっかり忘れてたわ。

「ああ。王都の沖に無人島群があんの知ってるだろう?」

「それは知ってるが、それが?」

「そこに貿易都市にするために改造してる」

 まあ、隠すことでもねーんで教えてやった。

「はぁ!?」

 驚くってことはどう言うことかわかるってこと。さすが大商人だな。

「マジか?」

 お、とうとうマジの使い方を覚えたか。やるね、会長さん。

「マジだよ。人魚の方からも突っつかれてな、いろいろ条件を解決できたから造ることにしたんだよ」

 人魚から見てあの港は辺境過ぎて不便でしかねーし、なによりうるさくなるのが嫌なんでな、なるべく発展させたくねーんだよ。

「……はぁ~。斜め上どころか天空を駆け抜けてんな、お前は。村人が貿易都市造るとかありえねーよ……」

「別にオレが造る訳じゃねーよ。やるのは親父さん……あれ? 親父さん、名前なんったっけ?」

 ナではなくカでもなかったな。あれ?

「ブラーニーだろう」

 なぜか会頭さんからのフォローが入る。よくわからんが、ごっつあんです。

「ブラーニーの親父に全てを任せた。オレは構想と金と人を用意しただけさ」

「いや、その三つが難問だろうがよ!」

「人魚から真珠を沢山もらって帝国で捌いてもらってるから金はあるし、構想はタダだ。それこそ人なんて王都にゴロゴロしてる。なんも難しくはねーよ。苦労すんのは、それをやるヤツらさ」

 他人任せの脳内妄想。オレに優しい仕様になってます、だ。

「アハハ! やっぱベーはおもしろいわ! 難問を難問とは思わねーその飛び抜けっぷり。まったく、敵わねーよ、お前にはよ」

「まあ、バカ野郎度で言えば誰にも負けねー自信はあるがな」

 まともに相手したら天下の大商人に敵わねーが、バカなことさせたらオレは最強だぜ。いやまあ、自慢にはならんけどね……。

「だな。ベーは最強だわ。アハハ!」

 そう笑い飛ばせる会長さんも最強の分類だぜ。なんせこんなガキ相手に平然と笑っていられんだからな。普通ならキレて暴れてるよ。

「まあ、造るつっても先は長い。十年は掛かるだろうがな」

 建設機械がある訳じゃねーしな、人力ではそんくらい掛かるだろうさ。

「なるほど。道理で隠居と居候が出てくるはずだわ。王都との先にそんなものができたら喉元にナイフを突き付けられたようなもの。対等な商売なんてできなくなるわな」

 あー、確かにそんなこともなくはないな。全然思い付かなかったわ。やっぱ本職には勝てんな。

「まあ、その辺は親父さんに任すわ。オレは必要なときに必要なだけ使わしてもらえばイイだけだからな」

 統治もしなけりゃ管理もしない。んなメンドクセーことしてたら人生が終わっちまうよ。あるものを利用させてもらう。それがスローライフを楽しく送るコツさ。

「……神に愛されてな、お前は……」

「さて。これを愛されてると言うのか、ただ厄介事を押し付けられているだけか、まさに神のみぞ知る、だな」

 八割近く後者だと思うがな。オレの周りに転生者が多いし、なんか面倒見させてられるって感がヒシヒシ感じるぜ……。

「フフ。そうだな。神はなにも語らない。ただ、在るだけ。人の世は人が決めて行く、だな」

「なら、好きに生きろだ」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ