挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

240/990

240 会長さんの娘

 会長さんの店は大繁盛である。

 貿易商とかなんとか言ってた記憶があるが、見た感じでは鉱物が主流のよーだ。

 自分には土魔法の才能があり、考えるな感じろのままにやってきたが、金属の名前などよくは知らねーし、なにに使うかも知らねー。

「いろんなのがあんだな~」

 鉄や銅くらいなら見ても直ぐにわかるが、黄色い石なんてなにに使うんだ? まったくもって謎だな。

「帰りに標本としてもらって行くか」

 触って体が覚えたら集められるからな。

 人の出入りに邪魔にならねーように避けながら事務所っぽいところに向かった。

「ん?」

 事務所っぽいところの横に木造の建物があった。

 興味に引かれ中を覗いて見たら雑貨屋だった。

 石造りと続きになってることからして会長さんの店なんだろうが、こーゆー店までやってんだ。商売広いね~。

「お、意外と広いな」

 手前の方は棚や台があって珍しいもんが並べてあったが、奥は資材倉庫みてーな造りになっていた。

 おっ。石灰も売ってんのか。これも買いだな。ん? 砥石か、これ? なんか荒いな。これならオレが創った砥石の方が優秀だぜ。

 ふんふんと見て回っていると、奥に浮かぶ石が飾ってあった。

「会長さん。浮遊石まで扱ってんだ。結構帝国と繋がりがあんだな」

 浮遊石は帝国産であり、帝国が認めた商人しか扱えねーと公爵さんに聞いたことがある。しかも、この浮遊石、拳くらいのものが金貨八十枚はすると言う。

 このサイズでは大人一人浮かべるのが精一杯で、利用価値はそれほどねー。が、そこは創意工夫だ。オレなら車椅子ならぬ浮遊椅子でも作るな。

 ───おっと。こんなことしてる場合じゃねーな。会長さんに会いに行かねーと。

「───きゃっ!」

 振り向いたそこに灰色の髪をした十八、九の、お───ではなく、ねーちゃんがいた。

「びっくりしたー! 突然振り返るんだもの」

「そりゃワリーな。オレも背後に人がいるとは思わなくてよ」

 ちっとばっか集中してたようだな。まったく気が付かんかったわ。

「いいえ。わたしこそごめんなさいね。黙って近付いちゃって。あ、わたし、ザニーノ。よろしくね」

 なんともほ───じゃなくてフレンドリーなねーちゃんだ。

「元の名前が長いし、言い辛いからベーと呼んでくれや」

 そう名乗るとはっとするき───じゃなくねーちゃん。

「どうしたい?」

 なるべくねーちゃんの顔を見ながら自然に問うた。なんでかは許しておくんなまし。

「いえ、父から聞いてはいたけど、本当に王都までくるのね……」

 父? って、会長さんのことか? え? 会長さんの子供? 若くねー? 会長さん、頑張り過ぎだろう。いったい幾つのときの子だよ!?

「……ねーちゃん、マジで会長さんの子供なのか……?」

「ふふ。本当に見た目とは違うのね。わたしは第三婦人の子なの。まあ、一番下の子ね」

 一夫多妻が許される時代なのは知ってたが、知り合いにそんなヤツがいなかったからその感覚がよーわからん。どう接すればイイんだよ?

「ワリーな。そー言う第三とか第一とか知らんところで育ったから失礼なこと言ったら許してくれな。あと、嫌なら嫌と言ってくれや」

 一夫多妻とか、あと六度ほど転生しても理解できんだろうが、言ってイイこととワリーことは理解しておきたいぜ。

「気にしなくて良いわよ。大棚の商人は沢山妻がいるのが信用や威厳に繋がるし、帝都の男は妻を大事にするから全然卑しいことはではないのよ」

 ところ変われば品変わる。そんなもんだと納得しておくか。まあ、理解も共感はしねーがな。

「そうかい。なら自然に接しさせてもらうわ」

「ええ。そうしてもらえると助かるわ」

 なかなか表情豊かなねーちゃんだ。まさに看板娘って感じだな。

「どうぞ。父からあなたがきたら通してくれと言われてるの。あ、用がなければだけど」

「いや、今日は会長さんに会いにきたから通してくれや。つもる話……は、そんなにねーが、いろいろ話をしてーしな」

 今日は会長さん時間。ゆっくりして行くよ。

「わかったわ。では、どうぞ」

「おう。お邪魔するわ」

 雑貨屋の奥から会長さんち(店)にお邪魔した。
キノコの娘大賞の作品が削除されなかったから続き(?)を書いて投稿してた───ら、村人の方が疎かに。まあ、いつもその程度だから今更か。もう、読んで下さる方々に感謝の一言です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ