挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

235/992

235 一杯のコーヒー

四時間考えてこれぐらいしか思い付かなかった。
 中は意外と普通だった。

 外からの見た目は魔女の家だが、中はアットホームな造りとなっていた。

「イイ趣味してんな」

 前世で観たアニメに出てきそうな、なんとも絵になる居間である。石椅子に敷かれている敷物やクッション、シンプルながらイイ味出してる花瓶、水晶の置物、繊細なタペストリー、この家主のセンスの良さがあちらこちらに見てとれた。

「ありがとう。そう言ってくれる人がいないから嬉しいわ」

 なんの気配もなく、つーか、入ったときは絶対いなかった場所に、年齢不祥な白髪の美女が立っていた。

 第一印象は深いだった。

 髪も服も白く、姿が霞が掛かったように薄く見えるのだが、存在がハンパなくデカいのだ。

 ……まるで千年樹だな……。

 前に見た巨木のように、デカく長い年月を感じさせた。

 が、そう言うのはエルフにもいたが、目の前の白い美女は、歴史を、人の生き様が見えるのだ。

「悠久の魔女だな」

 深淵と言いたいところだが、そこは白い美女に失礼かと思い悠久にしたのだ。

「ふふ。眼がとっても良いのね」

「いや、勘がイイだけさ」

 今生は考えるより感じることの方が生きやすく、前世の記憶持ちには考えたら生き辛いんだよ、ファンタジーはよ。

「オレは、ヴィベルファクフィニー。ただの村人だ」

「わたしはサーニ。ただの居候よ」

 居候? 

「ふふ。この家の家主は、そこにいるグレンよ」

 と、サーニが目を向けた先にオババより小さいばーちゃんが仏壇でも置けそうな壁の窪みに座ってパイフをくわえていた。

 断言してもイイ。オレが家の中を見回したときにはそこはなかった。そこにあったのは壁だった。

 ……本当に突っ込んだら負けな今生だぜ……。

「お邪魔してるよ」

 連れてこられたとは言え客の礼儀として挨拶だけはしておく。

「いらっしゃい。ゆっくりしておゆき」

「グ、グレンがしゃべった!?」

「グレン!?」

 隠居と居候が驚いている。

「ど、どうしたんだ、グレン婆! あんたがしゃべるなんてわしが若い頃まで遡らないとないぞ!」

「そーよ。わたしだって軽く百年は聞いてないわよ」

 オレとしてはそんだけ生きてるあんたらにびっくりだよ。

 視線を感じて反射的にグレンのばーちゃんに目が行った。

 まったくもって普通のばーちゃんだった。うちの村のオババとなんら変わらねー豆粒みてーなばーちゃんにしか見えねー。なのに、よくわかんねーものがそこにあった。

 グレンのばーちゃんはじっとオレを見ている。

 オレもグレンのばーちゃんを見返す。

 そこになんの意味があるかわかんねーし、なんも感じ取れねーが、さっすることはできる。

 オレを見たいのなら気の済むまで見たらイイさ。

 と、グレンのばーちゃんが笑った───ような気がするが、気のせいか……?

「お飲み」

 コトンと言う音につられて見ればテーブルに黒い液体が入ったカップが置かれていた。

 隠居と居候を見るが、まだ驚いてて助言はもらえなそうだ。

 しょうがねーと椅子に座り、黒い液体が入ったカップに手を伸ばして口を付けた。

「────!?」

 それはコーヒーだった。しかも前世のオレが好きで飲んでいたコーヒーとまったく同じ味をしていた。

 反射的にグレンのばーちゃんを見るが、そこは壁となっており、まるで夢を見ていたかのように消えていた。

 もう、なにがなんだかわかんねーが、ありのままの今を受け止めろ、だ。

 もう一度、カップに口を付け、じっくりと、香り、味、熱さを楽しみ、最後の一滴まで飲み干した。

 よくわかんねー懐かしさが込み上げてきたが、それはもう帰ることができない過去の夢。幻だ。

 旨い。ただそのことだけに感謝しよう。

「……ありがとな。こんな旨い茶を飲ましてくれてよ……」

 淹れてくれただろうグレンのばーちゃんには言えねーが、せめて誘ってくれたじーちゃんには誠心誠意感謝した。

「……いや、礼を言うのはこっちさ。もう二度と声を聞くことはないだろうと思っていたグレン婆の声を聞かせてくれたんだからな」

「ええ。久しぶりにグレンの声を聞けて良かったわ」

 なんとも懐かしそうに、なんとも嬉しそうに言う隠居と居候。

 そこにどんなドラマがあったかは知らねーが、まあ、なによりなことだと言っておくよ。
謎のばーちゃん。なんなのかは前から考えていたけど、今後出るかはわかりません。でも、ベーの味方になるのは間違いない、と思ったり思わなかったり……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ