挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

226/990

226 親父マジスゲー

「やっぱ、できる男は話が早くて助かるよ」

「あれだけされたら嫌でもわかるさ」

 ほんと、さすがとかとしか言いようがねーよ。

「それで、おれはなにをしたら良いんだい?」

 テーブルの上に結界術でひょうたん島を描いた。

「……もしかして、王都の沖合いにある島、か?」

 結界術にはまったく驚かず、ひょうたん島を見詰めたまま問う親父さん。さすがを通り越して恐ろしくなるぜ……。

「ああ、そうだ。名前がないんで便宜上ひょうたん島と呼んでいるが、気に入らないなら変えてくれても構わねーよ。親父さんが統治するんだからな」

 さすがにひょうたん島では威厳っつーか、カッコがつかねー。どうもオレには名付けの才能がねーみいたいだし、イイのを付けてやってくれ。

「統治、ね。なかなか壮大な依頼のようだな」

「そうだな。この島を貿易都市にして人魚と人の交流の場にするからな、年単位の依頼になるな」

 さすがの親父さんも顔色が……変わらない。オレの思惑を探るように鋭い目を向けてきた。

 それにオレは目を剃らさない。親父さんが口を開くまで沈黙して待つ。

「……一つ、聞きたい」

「ああ、構わねーよ。幾らでも聞いてくれ」

 契約したとは言え、やりたくねーヤツにやってもらう必要はねー。ダメなら諦めるだけだ。

「まず、アブリクトって名前はどうだ?」

「ひぇぁ?」

 なにを言われたかわからず変な声を漏れてしまった。

「ダメか? 結構良い名だと思うんだがな」

 やっとなにを言われたか頭が追い付き、吹き出したらと思ったら大爆笑してしまった。

 スゲーよ。この親父、マジスゲー。なんなんだよ、ほんと。マジ尊敬するわ!

「……いや、こんなに笑ったの、生まれて初めてだぜ」

 いやもう笑いすぎて脇腹いてーよ!

 いつまでも笑ってらんねーと、根性出して冷静さを取り戻した。

「イイんじゃねーの。それで。アブ……なんだっけ?」

「アブリクト。南の大陸の言葉で調和って意味さ」

「なかなか博識なんだな。じゃあ、それに決定ってことで」

 本当にスゲーヤツはセンスもイイんだな。オレは歴史的人物を前にしてっかもな。

「んで、他には?」

「そうだな。今のところはそのくらいだな。まだ不確定要素が多すぎてなんとも言えんよ。逆にそこまで持って行くまでの考えを聞かせてくれ」

「まずは人材確保だな。今、浮浪児やスラムのヤツらを集めてる。島の改造には人手がいるからな。だから親父さんらにはそいつらの面倒を見てもらいてー。金や資材はこちらで出す」

 その活動資金だと、収納鞄から金貨が詰まった袋を二つと銀貨が詰まった袋を出した。

「必要なことに必要だけ使ってくれ。足りなきゃまた出すからよ」

「羨ましいほどの資金力だな」

「まーな。帝国で真珠が大盛況でな、出せば出しただけ買い取ってくれんだよ」

「バイブラスト公爵か?」

 その名に思わず目を見開いてしまった。

「……ほんと、敵わねーな親父さんには。なんでわかんだよ……」

 公爵なおっちゃんだが、無類の飛空船マニアで、よくルククがいる湖まできていたのだ。

 根っからの冒険野郎で、気さくなおっちゃんだから有り余っている真珠を帝国で捌いてもらってるのだ。

「バイブラスト公爵は、別名真珠公爵って有名だ。しかも、その旗は飛竜に跨がった少年の図。前々から噂はあった。公爵の背後には誰かいるってな。まさかベーだったとはな……」

 マジそれでわかるとか恐ろしいわ。マジ敵にしちゃいけねー人だわ。

「……まったく、自分の出会い運に感謝だな……」

 これが敵としての出会いだったらオレの人生真っ黒だったぜ。

「フフ。どうやらおれの運もまんざらじゃねぇようだな」

 その笑みは野望を持った男の笑みだった。

「怖い男だぜ。油断してたら食われちっまうな」

「そりゃ魅力的な誘いだな。だが、それはこっちのセリフだ。これまでにない強敵に背中がびっしょりだわ。まったく、敵じゃなくて良かったぜ」

「そりゃオレのセリフだ。世が世なら英雄になってる男と敵対するなんて考えただけでチビるわ」

 オレに三つの能力があったとしても目の前の男には敵わねーだろう。才能、経験、思考、人徳。全てにオレが劣っている。まさに天に愛された男と言っても過言じゃねーよ。

「クク。お前さんにそこまで言われると、なんか誇らしいな。いや、生きてることに大感謝だぜ」

 益々持って敵にしたくねーな。生きることに貪欲になったモンはしぶとい。凡人なオレがイイ証拠だぜ。

「改めてその依頼を受けさせてもらう。お前に恥じぬ仕事をしようじゃないか」

「ふふ。そりゃなによりだ。こちらも恥じぬよう頑張らねーとな」

 まあ、金だけ出して丸投げなんだがな。

「あ、そうそう。知ってるとは思うが、マフィアの一つがちょっかい掛けてきてんだが、問題ねーよな?」

「まったくない。なんで、ベーの好きなようにすると良いさ」

「なんとも心強いこった。今から親父さんの部下になるヤツを紹介してーんだが、大丈夫かい?」

 体的にとか、仲間たちへの説明とかよ。

「依頼を受けたら迅速丁寧がうちの売りさ。なんの問題もない」

 仲間たちを見ると、当然とばかりに不敵に笑うオッサンズ。この出会いマジ感謝。
  
美味しいもの食べて温泉入って投稿小説読んでたらなんも考えてなかった。なんとか捻り出しました。良いか悪いかは別として……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ