挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

225/992

225 絶対ルール

 ───っては来てみたものの、港は関係者以外立ち入り禁止だったっけ。しかも、どこにいっかわかんねーじゃんかよ。

「……どーすっぺ……」

 まあ、オレの出会い運に身を任せて不法侵入。ちょっくらごめんなさいよ。

 テキトーなところで迷彩結界を解除。さて、どこでしゃろ。

 辺りを見回すが、見知った者はいない。つーか、閑散としてんな。

「船も少ねーし、出港したか?」

 商売繁盛でなによりと、取り合えず港をさ迷って見るかと方向転換したら赤毛のねーちゃんがそこにいた。

 オウ。なにこの出会い運? なんか怖いんですけど。オレ、マジでなんかに呪われてる!?

「……あんた……」

 買い物帰りなのか、両手に食料品が詰まった鞄を持っていた。意外と近くに住んでんのかな?

「久しぶり……ではねーか。まあ、会えてよかったぜ」

 まあ、ここは神のお導きと解釈しておこう。鰯の頭もなんとやらだ。

「あ、会えたって、なんかようなの?」

 なにやら歓迎されてないご様子。オレ、なんか嫌われるようなことしたっけか?

「ああ。ねーちゃんの親父さんにな。連れてってもらえねーかい?」

「……なんの用なの……?」

「商売の話さ。まあ、ねーちゃんが認めねーつーなら帰るがな」

 そこそこは賢いよーで、オレの言い回しに露骨に顔をしかめた。

「気が付くのはイイが、それを顔に出すのは頂けねーな。そんなんじゃ親父さんを越えられんぞ」

 図星だったようで、更に顔をしかめてしまった。アハハ。わかりやすいねーちゃんだ。

「お嬢、どうしやした?」

 と、ごっついオッサンズが湧いて出た。

「なんだテメーは?」

 ジロリと睨み付けるオッサンズ。なんか最近、こんなんばっかりじゃね、オレ?

「どうやら体力が戻ったみてーだが、あんま無理すんなよ。急激な回復は体にイイようで長期的に見ればワリーからな」

 ファンタジー薬は効きは早いが、それは無理矢理回復させているだけで、どっかの摩訶不思議な世界から力をもらっている訳じゃねー。歪みはどうしても出るのだ。

「テメーが、いや、あんたがおれたちを救ってくれた薬師のガキか!?」

 あ、そー言やぁオッサンズ、気絶したままだったからオレを知らねーんだったっけ。

「ああ、その薬師のガキだよ」

「すまねぇ! 恩人に失礼をした」

 と、一斉にオッサンズが頭を下げた。

 ……なんとまあ、随分と義理堅いオッサンズだな……。

「気にしなくてイイさ。薬師として代価はもらってるしな。こっちこそ毎度ありさ」

 代価もさることながらイイ商売ができたことが一番の儲けだぜ。

「それより、だ。オレはあんたらの船長さんに会いてーんだが、案内してもらえっかな?」

「もちろんだ。恩人に閉ざす桟橋はねぇさ」

「───ちょ、バルーナ!? そんな勝手に!」

「お嬢。あっしらその感情は気に入ってやすが、それは時と場合ですぜ。潮目を見抜く目を持て。それが今ですぜ」

 ほぉう。さすがあの船長の下にいだけはある。イイ目とイイ精神を持ってやがるぜ。まさに叩き上げ。超一流の冒険商人だ。

「……わ、わかってるわよ! きな!」

「フフ。可愛がれてんだな」

 オッサンズリーダーにニヤリと笑って見せた。

「……なるほど。船長の言う通り、ただのガキじゃねぇな……」

「オレは生意気なくそガキさ。ただのオッサンじゃねーオッサン」

「オッサンは余計だ。おれはまた三十だ」

「そりゃ失礼。難しい年頃だったな。じゃあ、お兄ちゃんって呼ぼうか?」

「……オッサンでいい。なんかお前に言われるとムズいわ……」

「アハハ。そりゃ助かる。オレも言ってて体がムズいわ」

 顔は悪いが中身は気持ちイイ男じゃねーか。気に入ったよ。

「はぁ~。なんかお前と話していると調子狂うな。まあ、いい。きな。案内してやるよ」

 と、オッサンに連れてってきたところは商館の横にある建物だった。

 商館よりはショボいが、造りはしっかりしている。旧館かなんかか?

「オッサンらは結構歴史ある冒険商人なのか?」

「なぜ、そう思うんだ?」

「旧館だろう、ここ。なら、新参者は入れんと思ってな。ここにいるヤツら、無駄に矜持が高かったからよ」

 老害化してダメになったイイ見本みてーなとこだったしな。

「……お前、いったい何者だ……?」

「ああ、自己紹介がまだだったな。オレはベー。ボブラ村のもんさ。よろしくな」

 なんか納得いかねー顔で見られてるが、無理矢理オッサンの手をつかんで握手した。

「……そう言うことにしておくよ」

 ため息一つ吐き、中へと入った。

 ただの事務所と使われているらしく、受付とかはねーようだな。

 三階へと上がり、海に面した部屋が親父さんの事務所のよーだ。

「へー。結構広いんだな」

 新館は十五畳くらいだったが、旧館は二十畳以上はあり、別室へと続くだろう戸が三つ見えた。

「よくきたな、ベー」

 オレの薬と食事、そして十分な睡眠をしたようで顔色はイイよーだ。

「おう。お邪魔するよ」

 中へと通され、質素なテーブルに案内しれた。

 席へと座ると赤毛のねーちゃんが茶を出してくれた。

「へ~。ライ茶とはスゲーな。南の大陸にも行ってんのかい?」

「南の大陸の茶を知ってるとか、本当におもしろい男だな」

 さすがだな。ガキとは言わねーよ。

「まーな。南の大陸に友達がいて毎年いろいろ送ってくれっからよ」

「ほう。そりゃ羨ましい。なら、違うのを出そうか?」

「いや、これでイイよ。ライ茶も好きだからな」

 ちょっと独特な味がする茶だが、慣れるとハマる味なのだ。あと、漬け物と合う。

 一口頂き、親父さんを見る。

「冒険商人、辞めんのかい?」

 事務所が所々片付けられていた。

「ああ。船もないし、信用も落ちたからな。しょうがないさ」

「そうかい。そりゃしょうがねーな」

 なんとも腐った話ではあるが、こちらにとってはありがい話だ。

 言葉が途切れ、お互い見つめ合う。

 親父さんはオレから目を外さず、不敵な笑みを絶やさない。まるで己の全てを見せるかのように。

「……一つ、親父さんに依頼を出したい」

「引き受けた」

 即答に思わず笑いが込み上げてくるが、それを堪えてポケットから風の魔道剣を出してテーブルに置いた。

「前金だ。受け取ってくれ」

「ああ。確かに受け取ったよ」

 気に入った。それがオレの契約書。譲ることができねーオレの絶対ルールだ。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ