挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/990

22 不運な商船は良い余興

なにやら主人公がツンデレっぽい。
そして、村の名前も出してなかったことに気がついた。
 なんか今更な感じがするのが不思議でたまらないが、オレが住む村の名前は、ボブラ村と言う。

 なんでも開拓時代のリーダーがボブラと言う人だったからそうなったらしい。

 まあ、なんの謂われもない村の名前なんてそんなもんだろう。オトンのようなキラキラネームじゃないだけマシだろうよ。

 そんなボブラ村の中心地──正式名は、カラヤ集落だが、村人からはただ"集落"と呼ばれている。

 田舎で街と言ったら駅前みたいな感覚だ。都会の感覚はよー知らん。

 そんな村の中心地には、雑貨屋や鍛冶屋、多目的宿屋、パン屋、冒険者ギルド(支部)、役場兼村長宅、集会場、薬所、日替り露天、広場、あとは開拓時代から続く農家が十四軒が集まっている。

 可もなく不可もない村ではあるが、近隣の村々と比べたら発展している方だし、豊かな土地だろうよ。

 山部落の税(薪)は、生活で重要な燃料ではあるが、火事となるものであるから集落の中に置くことはできない。

 なので集落から百メートル離れた場所、四ヶ所に分けて置くのだ。

「バルじぃ、薪を運んできたぞ」

「バルじぃ、おきろー!」

 小屋で寝てた薪の管理人のじいちゃんに声を掛ける。

 木は各々家で切り、山で薪として割り、各々の家へと運ぶ。そこで乾燥させてから集落に運ぶようにしている。

 本当なら集落に持ってくるのが楽なんだが、薪置場(掘っ立て小屋)にも収納力と言うものがあり、管理する者を増やすことにもなる。

 薪の管理人は、このバルじぃとガーバルじぃの二人だけ。夜の火番は村の青年団がやっている。

「……んはぁ? ……ああ、お前か……」

「お前かじゃねーよ。春とは言え、そんなとこで寝てたら風邪引くぞ」

 まだ昼だから陽気は良いが、風はまだ冷たい。齢七十の体にはよくないぞ。

「なに、こんな年じゃ、いつ死んでも構わんさ」

 確かに、この時代の食料事情や不衛生の中、七十まで生きてこられたのは幸運と言えよう。今も五体満足で薪の管理人をしている。なんともあやかりたい人生である。

「枯れたこと言ってんじゃねーよ。そこまで生きたら百までしぶとく生きろや」

「アハハ! ほんに、相変わらずだな、お前は」

「なにが相変わらずだが知らんが、薪はどこに置くんだ?」

 ジジイの話は長くなるからな、とっとと話を進める方が無難だ。

「遠くてすまんが、東の置場に頼むよ」

「別に遠くはないさ。運ぶのはこいつだし、下ろす手間はどこだろうと変わらんしな。それに今日は、サリバリがいるから問題ないさ」

「そーそー、あたしに任せなさい!」

 まあ、オレはまったく期待はしてないがな。

「ホッホッ。サリバリも相変わらずじゃな。頼むよ」

 税(薪)を払ったことを証明する割り府板を受け取る。

 今の時代のこんなド田舎。人の監視と割り府板が精一杯の不正防止。まあ、こんな狭い世界で不正なんてしたら直ぐに村八分。飢饉とか余程のことでもなけりゃあ起こらないことだがな。

「ん? そういゃあ東って、ロンダのおっちゃんが運んでなかった?」

 他の家はだいたい午前中に運んでくるが、オレは混雑するのが嫌だから午後にきている。四日前も午後にきたのが、そのときロンダのおっちゃんも家の用事で午後からきていてガーバルじぃに東へ頼むと言われてたよーな記憶がある。

「ああ、二日前に商船が入ってきてな、そいつらに分けてんだよ」

 ん? なんかどっかできいたな。どこだっけ?

「んで、商船がなんでうちの村に?」

 岩の海岸で深いから商船クラスの船でも接岸させること可能だが、これと言った名産品もなければ買う客もいないだろうに。

「なんでも海竜に横っ腹をやられたらしくてな、修理のために寄ったそうだ」

「それはまた運がないな」

 基本、海竜は小魚狙いで臆病な生き物だ。自分よりデカイ生き物には近づかないし、泳ぎが上手い。それがぶつかるんだから不運としか言い様がない。

「まぁ、そいつらには悪いが、村のヤツらにしたら良い余興だな」

「ガキどもらは毎日見に行っとるよ」

 ならオレもガキらしく見に行くか。商船など滅多に観られるもんじゃねーからな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ