挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

215/990

215 お導き

 土魔法で直径一メートル。深さ四十センチの鉄鍋を創り、うちで消費が少なく大量にある鳥煮を入れて行く。あ、決して処分しようと思ってじゃないので勘違いしないようにね。

 熱々のまま結界で封じているので入れる度にイイ匂いが辺りに漂って行く。

 それに釣られて浮浪児どもが集まってきて、魅いられたかのように見詰めている。

「デンコ。土魔法で皿とスプーンを創れ。ガキどもがお待ちかねだ、急げよ」

 これも修行。機会があればやらせるのがオレ流の教えだ。

「わ、わかっただ!」

 まあ、小さいとは言え、トータとタメをはれるくらいのゴーレムを創れるのだ、そんなに難しいことじゃねーがな。

 少々不揃いなお椀とスプーンができあがったが、これは数をこなせば機械で造るように正確で大量に創れるようになるので問題ナッシングだ。

 それらを高熱結界に入れて焼き、冷ませば完成だ。

 たっぷりと盛り、次々と配って行く。

「いっぱいあんだ、急いで食うなよ。腹がびっくりして食えなくなんぞ」

 まあ、無駄だと思うが、これも経験だ。胃薬は十分あるからやったれだ。とか思ってたが、以外と浮浪児の胃袋は丈夫のようでガツガツと食っている。

「デンコ。ちょっと面倒見てろな」

 ガキどもを任せ、唖然としてる院長さんのとこへと行く。

「あー院長さん。なんかいろいろ限界なんで口調を元に戻させてもらうわ」

 ダメだ。これ以上やったら発狂する。オレの口調は変えちゃダメ病に犯されてるぜ。

「え、あ、え? あの、いったい……」

「さっきの口調は作ったもの。これが本当のオレってことさ。耳障りがワリーかもしんねーが、我慢してくれや」

 やっぱオレには上品な暮らしはダメだな。雑で適当に生きられる村人が一番だぜ。

「まあ、口調を偽ったのは謝るが、言ったことにウソはねーからよ」

 ま、真実でもねーがな。

「ガキどもを食わせる金も物資もオレが出す。バカが寄ってこねーように後ろ楯も用意する。院長にはガキどもの世話を頼む。人手が足りないならあん中から使えるヤツを選び出して見習いにするなり孤児院の世話役にするなりして使え」

 少なくてもここまで案内したヤツは使えるだろうよ。

「あと、ガキどもに字と計算を教えてやってくれ。バリアルの街の孤児院でも使った教材を渡すからよ」

 単語を焼き印した文字や九九の板を収納鞄から出して院長さんに渡した。

「まあ、急ぐことはねーさ。まずガキどもに食い物を与えて不安をなくしてやってくれ。それができたら勉強だ。ここにきて文字や計算を覚えたら食事ができる。そんな場所にしてくれ。ただし、文字や計算を覚えたかをテスト……試してもらい、できたら食べられるがダメだったらできるまで食事抜きだ。厳しいと思うが、そこで怠けたり挫けたりするヤツに生きる価値はねー。まあ、大精霊サフィールがそんなヤツでも見捨てられねーって言うなら好きにしたらイイ。オレは全てのことから手を引く。勝手にしろだ」

 この時代で至れり尽くせりなんて害悪でしかねー。生きたきゃ強くなれ。生きたいと強く思えだ。

「……わたしに、できるでしょうか……」

「不安に思うのも当然。戸惑うのも当然。それが人だ。生きるってことだ。無理なら逃げてもイイさ。それもまた院長さんの勝手だ。大精霊サフィールでも強制はできねー。オレにもできねー。それを強制したり咎めたりすることができるのは己だけ。あんただけだ。だから己で決めろ。できるかできねーじゃなく、やりてーかやりたくねーか、な」

 これは院長さんの意志と覚悟があってこそ。それが前提条件だ。ダメなら食わして終わり。また明日から畜生のように生きろだ。

「……わたしは、あの子たちを導きたいです……」

 院長さんにどんな思いがありかは知らんが、その目には強い意志とやり抜く覚悟が見て取れた。

「ガキどもとオレとの出会い、院長さんとオレとの出会った。まさに導かれたように、な。これぞ天命───いや、院長さんに与えられた使命だ。恐れんな。導きのままに突き進めや!」

「はい! この使命、必ずややりとげて見ます!」

 チョロいと言うことなかれ。宗教なんてノリと勢い。哀れな子羊なんてこんなもんさ。

 パニア修道院でのマニュアル(パニアの院長さんに書かした苦労譚だな)を渡し、金の使い方や今後の方針を軽く説明する。

「どうしてもダメなときはパニア修道院から人を回してもらう。だからまずは己の力を知り、限界を知れ。ガキどもを身近で守るのは院長さんなんだからよ」

「はい! 頑張ります!」

「無理なときは無理と言えよ。院長さんの前にはガキどもがいるが、その後ろにはオレやパニア修道院がいる。院長さんが倒れねーように支えている。だから、院長さんは笑顔を絶やすな。恐れんな。どこまでも突き進みな」

 オレは裏方タイプ。陰でこそこそ動くのを得意とするのだ。

「はい! ベーさまのお導きのままに」

 クックック。ああ。オレのより良い暮らしのためと、貿易都市の人材確保のためにも導きますとも。  






+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ