挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

214/992

214 人は使いよう

 予想外に浮浪児が集まった。

 いや、浮浪児をこれだけ集められるとは思わなかったと言うべきか、二十四人もの浮浪児を三十分もしないで集めてきたのだ。

「……お前、なんて言って集めてきたんだよ……?」

 口が上手いにもほどがあんだろうが。お前はどこのなんのカリスマだよ!

「腹へってんならこいって言っただよ」

 なにそれ? そんなことで集まんの? あり得ねーだろう! それともそんだけの魅力を秘めてんのか、こいつはよっ!?

「……ダメ、だったかや……」

 しょんぼりするデンコに、ため息をつく。

「いや、ダメって訳じゃねーよ。ただ、お前のスゴさに驚いただけだ」

 いやまあ、それもデンコの力だ、兄貴ならそれを認めて伸ばしてやればイイか。

「よし。お前ら、聞け」

 浮浪児の目をこちらに向けさせる。

「オレはこいつの兄貴でベーってもんだ。こいつが言ったように腹へってんなら食わしてやる。だが、ただで食わしてやる訳じゃねー。お前には仕事をやってもらう。まあ、仕事って言ってもそう難しいもんじゃねー。ちょっとした買い物をしてもらうだけだ。やりたいってやつはここに残れ。やりたくねーヤツは帰れ」

 なんてこと理解できる訳ねーか。学もなけりゃ理性もねー獣と同じ。ただデンコの言葉(魅力?)に釣られて集まっただけだろうしな。

「しゃーねーな。おい、この中で孤児院と一緒になった寺院の場所を知ってるヤツはいねーか?」

 そう問い掛けると、十二、三の少女(だと思う)が小さい声で『はい』と手をあげた。

 見た目は他と同じだが、目に意志のある輝きを見せていた。

「なら、そこに案内してくれ。お前ら、食いたけりゃ着いてこい」

 十二、三の少女に再度案内を促し、孤児院と一緒になった寺院へと向かった。

 一キロほど歩いただろうか、スラムとまではいかねーが、あんまり裕福でない住宅地内に、孤児院を兼ねたガリラ寺院ってのがあった。

 大精霊サフィールを信仰する寺院だが、あんま、お布施が集まってはいねーようだな。

 孤児院の方もあんま大きくはねーみたいで、庭で遊んでいるガキも四人しかいなかった。

 デンコと浮浪児どもを庭の方に待たせ、オレは寺院の正面の方に回り、扉を叩いた。

 しばらくして扉が開き、中から十七くらいのねーちゃん───じゃなく尼さんが出てきた。

「初めまして。わたし、ボブラ村の者でベーと申します。こちらの院長にお会いしたいのですが、おりますでしょうか?」

 あんまり敬語にはなってねーが、今の時代からしたら相手が貴族と勘違いするくらいには敬語になっているだろう。多分。

「わたしがこの寺院を預かるサリーと申します。どのようなご用でしょうか?」

 あんたが? って目になりそうになったが、無理矢理押さえ込んで笑顔を見せた。

「これは失礼しました。実は街で飢えていた子供たちに食事を与えたいと思いまして、その場を貸していただけないかと。あ、これはお布施になります」

 ポケットから大精霊サフィールの紋が入った布の小袋を出し、院長に渡した。

 この小袋は、パニア修道院で作ったもので、寺院を利用する場合に用いるものだ。

「サフィールさまの紋?」

「はい。わたしがお世話になっているバリアルの街にあるパニア修道院でお布施の感謝にと頂いたものです」

 まあ、バリアルの街なんて知らねーとは思うが、大精霊の紋は信者しか縫えねーし、それ以外の者が縫えば罰があたると言われている。それに、院長か精霊魔法士がなんかの精霊魔法を籠められているので、精霊力を使える者ならその精霊魔法がなんなのかわかるのだ。

「……ファーニの祝福……」

 それがなんなのか知らねーが、まあ、わかる人で助かったぜ。

「失礼しました。大精霊サフィールさまのお導きに感謝し、ありがたく頂きます」

 小袋に口付けをし、オレに方膝をついて感謝を述べる院長さん。仰々しいもんだな。いやまあ、宗教なんてそんなもんか。

「大精霊サフィールのお導きに従いお使いください」

 円滑に事を進めるために相手の流儀で応えた。

「飢えた子供たちに食事を与えたいとのことでしたが、見た通り我が寺院にはとても小さく貧しいところです。火を炊くようなものが……」

「心配には及びません。できあいのものなので火は使いませんので。あと、大変申し難いのですが、子供たちの数が大変多いのでどなたか手伝いをお借りしたいのですが?」

 さすがにオレとデンコだけではキツいわ。

「わかりました。わたしと年長の者がお手伝いをさせて頂きます」

 どうやら中も厳しいみてーだな。

「失礼ですが、他には?」

「お恥ずかしいことながら、大精霊サフィールさまのお導きを理解できず祝福が足りぬようで、大変困窮しております……」

 それはなにより。生臭坊主だったら巡礼の旅に出しているところだ。

「そうですか。では、大精霊サフィールさまのお導きに従い、これで貧困に苦しむ子供たちをお導きくださいませ」

 更にポケットから小袋を出し、背負い籠から薬箱を出して院長さんに渡した。

「少ないでしょうがお納めください。こちらは薬です。この身でありますが薬師として食べております。中に使用法がありますので弱き者をお導きくださいませ」

 0円スマイルで相手の信頼をゲットする。

「……ありがとうございます。大精霊サフィールさまのお導きに従い、必ず弱き者らを導いてまいります……」

 チョロいと笑うことなかれ。大精霊サフィールを信仰しているとは言え、哀れな子羊を助けてくれるお人好しな神って訳じゃねーし、人の理は人だけのもの。つまり、人を救えるのは人だけだってことだ。

 ましてや金儲けの上手い生臭坊主って訳じゃねーようだし、ただ人の善意だけを信じてやってきたんだろうさ。

 まあ、世間的に見れば甘いことこの上ないんだろうが、甘いなら甘いなりに使い用はある。それを考えもしねーで捨てるヤツこそただ甘の、もっと使えねーヤツだぜ。

「無理をせず、あなたの心のままにお導きください。惰弱ではありますが、わたしもお手伝いさせて頂きますので」

「はい! よろしくお願いいたします」

 ケッケッケッ。これで王都での人材確保の場をゲットだぜ! 




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ