挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

212/992

212 朝です

 朝、いつもの時間より早く目覚めてしまった。

 昨日は夕食をとったら、タケルもデンコも眠ってしまい、うるさくするのも悪いとカーチェたちの冒険譚を聞かせてもらおうとしたのだが、オレも疲れてたのか、しらずのうちに眠ってしまったのだ。

 寝台を用意する前だったのでソファーの上だったが、ゆったりスペースの華、目覚めは最高によかった。

 辺りはまだ暗い。まあ、まだ、四時半くらいだしな。

 他はまだ眠っているので起こさずにソファーから下り、倉庫の外へと出る。

「お、綺麗な明星だな」

 この世界にも暁に輝く星があり、これを見るとその日イイことがあると言われているのだ。

 パンパンと手を叩き、明星に拝んだ。

「生きていることに感謝を。今日も一日生きられますように」

 今度は村の方向を向いてオトンに笑顔を見せた。ザンバリーのおっちゃんのことは帰ってからするよ。

「……にしても、朝からアホの整列を見るとテンション下がるな……」

 昨日のアホどもは帰したのに、なぜか増えてる。

 なにを主張したいのか謎だが、手に大槌やら棒やらを持ち、変なポーズをしていた。

「都会には変なのが多いな」

 見ていて気持ちのイイもんじゃねーが、それぞれの自己主張。世界に向けて己を示したいのだろう。気にしなきゃイイんだ、好きにしろだ。

 朝の仕事をしないので、軽く運動して体をほぐし、体と気持ちを完全に目覚めさせる。

「うし! 今日もやったるぜ!」

 隣の倉庫に行き、空気を入れ替え、光の玉を魔術で創り出した。

 ポケットから鍵の束を出し、保存庫の一室と繋ぐ鍵を選び、空間に差し込み右に回す。

 カチンと鳴り、結界が連結。ゆっくりと扉が開いた。

 中には屋台車が十台収まり、煮用、焼き用、クレープ用、出来物販売用の屋台を四台出して扉を閉めた。

 まだ屋台を出すことはないが、予定が未定なオレなので用意できるときにしておくのだよ。

 次に鍵の束から燃料庫(薪や炭、動植物油が収まっている)と繋がる鍵を選び出し、中から炭袋を十袋ほど出した。

 仕舞う前に掃除して壊れてないかチェックはしたが、念のためにチェックをしていく。

「うん。問題ねーな」

 その頃には外が明るくなり、多分、オレが起きたときに目覚めていただろうカーチェが様子を見にきた。

「相変わらず働き者だな、ベーは」

「村人は誰でもが働き者さ。二人は起きたかい?」

「まだだよ。外のはそのままで良いのかい?」

「オレのじゃねーからな、ほっとけや」

 視界の邪魔だが、通行の邪魔にはなってねーし、オレがどうこう言うことじゃねーさ。

「ふふ。この先が楽しみだな」

 なにがとは問わない。オレは楽しみじゃねーからな。

「さて。朝食の準備をするか」

「久しぶりにルコのジャムが食べたいな。今年のはできたのかい?」

「今年は生るのが早かったが、さすがにジャムはまだだよ。酒の仕込み前ってとこだよ。代わりにブララのジャムを出すよ」

 まあ、ブララも去年のものだが、味は落ちてねーぜ。

「ブララか。それも良いな。バリラがほとんど食べてしまうからあまり食べれてないんだよな」

「ハハ。相変わらずの甘党だな、バリラは。よく太んねーもんだな」

 うちにきたときは主食のように甘いもんばかり食っていた。それで体型が変わらんのだからスゴいよな。

「まあ、食べたら動くを実践してましたからね。倒される魔物が可哀想になるくらいにね」

「女の心理はよくわからんな」

「それが女の心だよ。まあ、わたしもよくわからんがね」

 だなと笑いながらゆったりスペース側の倉庫に戻ると、タケルとデンコが起きていた。

「おはようさん。よく眠れたか?」

「はい。でも、ちょっと体が痛いです」

 潜水艦のベッドもうちのベッドも快適だからな、それ以外では体が痛くなるだろうて。

「デンコも眠れたか?」

「はいですだ!」

 親が恋しいとかホームシックとかはねーようだな。やっぱ、デンコは心がしっかりしてんな。

「朝食出しとくから顔を───いや、風呂入ってこい。昨日入ってねーんだからよ」

「わかりました」

「はいですだ」

 オレも出したら入るとするか。やっぱり風呂に入って眠らねーと体が気持ちワリーしよ。

 ぱっぱと出して風呂へと飛び込んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ