挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

209/992

209 お腹いっぱいです

「あーその諸行なんだがな、ザンバリーのおっちゃんの記憶に付け足す必要があんだわ」

 空気を変えるためにコーヒーを注ぎ、一口啜った。

「まあ、その前にだ。ザンバリーのおっちゃんは、この国の重鎮とかと付き合いあんのか?」

 オレの問いに訝しげな目を向けるが、答えが出るまで黙っておっちゃんを見続けた。

「……あるかないかと言えば、ある。今、王都にいるのも冒険者を辞めるための挨拶回りだからな。だが、それはシャニラと結婚するためにしがらみを切るためのものだ。村に行ったらおれは村人だ。シャニラとお前たちを優先する」

 うんまあ、こー言う男だから友達になったんだが、巻き込むとなると、ちと気が引けるな……。

「……なにかあったのか?」

「もうありまくりで否定もできねーくらいだな」

 会長さんから……でもねーが、ここ一月は濃厚過ぎるくらいの日々だった。もうスローなライフはどこい行ったの? ってなくらいだ。まあ、退屈はしなかったがな……。

「……それは、なんと言うか、聞くのが怖くなるな……」

「アハハ。さすがベーですね。話題に事欠かなくて羨ましですよ」

 クールなクセに人四倍くらいに冒険大好きな変わり者エルフなんで、心底羨ましそうな目を向けてきた。

「なら新たな冒険に出て見るかい?」

 挑発するような声音と視線をカーチェに向けた。

 長い付き合いなんで挑発には乗ってこねーが、いや、ある意味、挑発に乗りまくりな目(キラキラって感じ)で食い付いてきた。

「その話乗った!」

「……まだなんも言ってねーだろうがよ」

「ベーが言うんだ、ただの冒険ではあるまい。断る理由などある訳がないさ!」

 ……ほんと、冒険が好きなエルフだよ……。

「まあ、細かい説明はいずれとして、その冒険をするにはこのタケルに着いて行くことだ」

 親指で食事に夢中になる食いしん坊を差した。

「見ての通り、まだガキで無知だが、こいつを船長として認め、支えてやってくれるのならタケルに頼んでやる。だが、無理だってんならこの話───」

「───トワニ族、カーチェ・バリッサ・ウィーの名に懸けて誓おう。わたしは、タケルを船長と認め、支えると」

 冒険のためなら即決即断。オレ以上にバカ野郎なカーチェである。だが、そう言うバカ野郎は大好きだ!

「ってなことで、タケルを頼むわ」

「任せたまえ。立派な男にしてやるとも!」

 席を立ったと思ったら、食うことに夢中なタケルの襟首をつかみ、どこかへと連れ去って行った。

「遠くには行くなよ」

「了解した!」

 うんまあ、親交はホドホドにね。あと、タケルがんば!

「ちと、話は逸れたが、まあ、ありまくりの一つって訳さ。あ、カーチェ抜けて大丈夫だったか?」

「……あ、ああ、まあ、挨拶回りはおれ一人でやってるからな」

 確かに。他は個性的過ぎてお偉いさんの前には出せんわな。

「そりゃよかった。で、だ。おっちゃんらの精神を思いやって軽いところから行こうか」

「なんだよ、その思いやってってのはよ?」

「どんだけスゴいことになってんだい」

「ベーのことだから心臓が止まるくらいなんでしょうね」

 まあ、A級の冒険者だし、これで心の準備はできたと理解させてもらいます。

「バーボンド・バジバドルって知ってるか?」

「あ、ああ。大商人で貿易商のバーボンド・バジバドルだろう」

「ああ。その会長さんにうちの領主の排除をお願いした」

「「「はぁ!?」」」

 うん、お見事なハモりです。さすがA級冒険者パーティーだ。

「で、ちょっと抜かして魚人のなんたら帝国のバカ王子が攻めてきたから取っ捕まえた」

「「「はぁ!?」」」

 ちなみに結界を張ってあるからどんなに騒いでもバッチグーよ。

「魔境アルマランでオークキングが魔王化になってるみたいで、そこに住んでいた獣人族が逃げてきてな、行き掛かり上助けることになった。あと、一緒にいたドワーフ一家を雇った。あ、そうそう。行商人のあんちゃんが嫁さん連れて引っ越してきて、うちの隣に店を出したから。ついでに港にもな」

「「「……………」」」

 あらま、沈黙ですか?

「あータケルをうちで預かることになったのは省くが、王都の沖にある無人島を貿易都市にすることにしたからよ。あ、モコモコ、じゃなくて、その獣人のための島の開拓も進めなくちゃならんかったな」

 いろいろありすぎて忘れそうだな。誰かスケジュール管理してくれんかな。

「えーと、飲み込めてる?」

 いやまあ、飲み込めてないのは丸わかりなんだが、このくらい飲み込んでくれんとエリナのことが語れんよ。

「「「お腹いっぱいです」」」

 ですよね~。

その日の思い付きで書いてるから順番がわからなくなる。あと、キャラ設定も忘れる。名前も間違える。そして、ご指摘に助けられる。感謝です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ