挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

208/988

208 連携突っ込み

シャニラは、オカンの名前です。一応、言っときます。
 イヤイヤ待て待てドントストップだ。いや、意味違うわ!

 だから落ち着けオレ。深呼吸だ。ヒッヒッフー。なんてギャグはイイんだよ、ほんと、マジで落ち着けや、オレ!

 コーヒーへと手を伸ばし、一服。ん~マ〇ダム。

 全てを飲み干し、カップをテーブルに置き、息を吐いてザンバリーのおっちゃんを見る。

「マジデ?」

 我ながら情けねーが、そう言うのがやっとデス。

「マジデがなんなのか知らんが、シャニラと結婚したい。認めてくれ!」

 頭を下げるザンバリーのおっちゃん。なんだろう、経験したことねーのに、娘を持つ親の気持ちがわかった気分だよ……。

「……ダメか?」

 上げた顔はとてもA級冒険者の顔ではなく、叱られた飼い犬のようだった。

「いや、ダメってことはねーさ。ザンバリーのおっちゃんが望んでオカンが認めたらオレが口出すことじゃねーよ。クソ! まったく気が付かなかったわ!」

 オカンの名前を忘れてたオレのセリフじゃねーが、鈍いほどがある。まったくこれっぽっちも気が付かなかったよ。

「しっかし、いつからそんな関係になったんだよ? なんもなかったじゃねーか」

 どう思い出しても二人が通じてるとこなんてなかった。あ、いや、二人で話してる姿は何度か見たな。でも、これと言って仲睦まじいなんて感じなかったぞ?

「……に、二年前、くらい、かな……」

「二年も前かよ! ったく、わかるようにやれよ。ガキの恋愛じゃねーんだからよ!」

 中学生だってもうちょっとわかりやすい行動するわ。

「アハハ! まったくだよな」

「ウブにもほどがあります」

「情けないったらありませんわ」

 まったくもって同意見だよ。

「……しょ、しょうがないだろう、これまで恋愛なんてしたことねぇんだからよ……」

 拗ねたように呟くな。四十五だろいが。ったく!

「にしてもなんでオカンなんだよ。オカン、そんなに美人じゃねーし、田舎の女だぞ。しかも三人の子持ちじゃねーか」

 ウブなのはわかったが、A級の冒険者ともなれば選り取り見取り。他にも若くて器量持ちはいんだろうによ。

「シャニラは綺麗だぞ!」

「叫ぶな、こっちが照れるわ!」

 なんだろうね、このおっちゃんは。もっと渋い男だと思ってたのによ。ったく、恋する乙男とか気持ちワリーわ!

「ほんと、なんでオカンなんだよ?」

「……綺麗なのはもちろんだが、懐が深いところに惚れた。冒険者が危険なことを承知しながら止めることはしない。笑顔でいってらっしゃいと言ってくれて、帰ればおかえりないと笑ってくれる。正直、そんな女いなかった……」

 まあ、同じ男なので追及はしねーが、オカンの前では言うなよ。まあ、オカンなら気にしなさそうだがよ。

「……チョロイにもほどがあんな。よくそれで女に騙されずこれたな……」

 こんな時代で奇蹟でしかねーよ。

「まあ、そこは流してやるのが優しさだよ。ベー」

 うん、ああ、あったのね。無事でなによりだ。

「ふー。まあ、話はわかったし、オカンと結婚したいのならすればイイさ。オレは祝福するよ。で、結婚後の展望はあんのかい?」

 ザンバリーのおっちゃんにオカンがどう映っているかは知らんが、筋金入りの村人で農家の女だ。都会暮らしなんてできねーぞ。ましてや動いてねーと死んじゃう病に掛かっている。屋敷でオホホな奥さまなんて無理だぞ。

「もちろん、おれが村に行く。ベーの家に入る。……ダメか?」

「いや、ダメじゃねーが、村人になるってことか? A級の冒険者が?」

 A級ともなれば国に仕えて貴族になり、領地だってもらえちゃうくらいの名と実力と金がある。それを捨てると言ってるのだ。

「ああ。村人になる」

 しっかりと宣言した。

「血湧き肉躍ることなんてねー、穏やかな過ぎて欠伸が出る世界だぞ」

「説得力ないな」

「ないわね」

「ありませんね」

 え、なにその連携突っ込み。パーティーに必須のスキルなの!?

「お前の側こそこの世でもっと血湧き肉躍る場所だわ。人魚と友達とか一国の王子と文通とか、村人の諸行じゃねぇよ」

 ハイ。まったくもってその通りでございます。 




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ