挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

206/992

206 赤き迅雷

 そこは、死屍累々になって───はいなかった。

 まあ、王都の冒険者ギルドで死屍累々なんてありえねーんだが、それでもアホはいるもの。タケルに因縁つけられて騒ぎにはなっていると思ったんだが、冒険者依頼所は至って平和だった。

 午後四時前くらいなので混んではいねーが、それでもそれなりの数はいるのに、あからさまに怪しいタケル(依頼板を眺めてるよ)をアウト・オブ・眼中である。

 ……王都の冒険者は随分と紳士なのが多いんだな……。

「ベー!」

 と、タケルやデンコじゃねー声で呼ばれた。

 どちらさん? と声がした方へと振り向くと、これまた懐かしい面々がいた。

「おー! ザンバリーのおっちゃんたちじゃねーか。久しぶりだな」

 三ヶ月振りに見たA級の冒険者パーティー───赤き迅雷だった。

 人族のザンバリーのおっちゃんがリーダーで、虎の獣人で戦士のねーちゃん。弓使いでエルフのおっちゃん(見た目はあんちゃんだけど、年齢は百才を超えている)。翼人族で魔術師のねーちゃんの四人組で、この国では一番の実力者たちだ。

 ザンバリーのおっちゃんらと出会ったのは三才のときだが、そのときからオレの姿に捕らわれず、対等な立場で接してきた変わり者たちでもある。

「ダリエラ、カーチェ、バリラも久しぶりだな! 元気してたか?」

「元気過ぎて鼻血が出そうだよ」

 獣人のダリエラは動いてないと死んじゃう病だからな。

「ああ、この通りさ」

 エルフのカーチェはいつもすましてクールだな。

「当然ですわ」

 頭の左右にあるドリルヘアーを揺らすのはお約束だな、バリラは。

「ああ。ベーも元気そうだ」

 相変わらず渋いな、ザンバリーのおっちゃんは。

 それぞれ個性は強いものの、気のイイヤツらで付き合いの長い友達だ。ダリエラに抱え上げられ、三人に頭をわしゃわしゃされ、この再開を喜びあった。

「ったく。人形じゃねーんだから抱き締めんの止めろよな」

「アハハ! ベーは抱き心地ちがイイからね、つい抱っいっちまうのさ!」

 まあ、そう言いつつも抵抗はしないがな。追求はノーサンキューだよ。

「ベーは相変わらず小さいね。ちゃんと食ってるのかい?」

「三ヶ月やそこらで大きくはなれんよ。だがまあ、これでも十一才になったんだぜ」

 この時代に誕生を祝うなんで生まれたときか、五才になったときぐらい。あとは成人の十五才まではおめでとーもねーよ。

「もう十一才か。早いもんだな」

「確かにそうね。会った頃はコボルトくらいしかなかったですからね」

「どんな対象比だよ。意味わからんわ」

「今も可愛いが、会った頃のベーはコロコロしてコボルトみてぇだったしな」

「そうですね。よくこれで動くもんだと感心したものです」

「まあ、中身はまったく変わってないのがベーのベーたる所以だがな」

「アハハ! まったくだな」

「なんか貶されてる、オレ?」

「手放しで褒めてるんだがな」

 ザンバリーのおっちゃんのセリフにその通りだと笑いながら頷いた。なんとでも言ってくだしだよ。

「にしても、おっちゃんら、なんで王都にいんだ? 帝国に行くって言ってただろうに」

 A級ともなればだいたいが国を超えてのお仕事。三ヶ月前きたときも帝国との国境線に黒豹(もちろん、ただの豹ではなく、牛くらいの体格で風の魔法を操るB級指定の魔物だがな)を退治したあと帝国に渡るって言ってたはずだが。

「帝国には行ったが、あそこはハンターギルドが幅を利かしていてな、おれたちでも入る隙間がなかったんだよ」

「まあ、ランクを落とせばやれないこともないんだが、他の縄張りで若いヤツらの仕事を奪うのも悪いからな、止めて帰ってきたのさ」

 確かにA級に出てこられたらたまったもんじゃねーわな。A級だからこそ住み分けは守んなくちゃなんねのだ。

「まあ、帰ってきても仕事はないがな」

 A級に頼む仕事がそうポンポンあるある訳じゃねー。あるのイヤだがよ。

「だから、パーティーを解散しようと思ってな」

 は? はぁあぁっ!!









  
ザンバリーが出るところしか思い浮かばなかったです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ