挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

196/988

196 イイ倉庫

「そう言やぁ、なんで街側が空いてんだい?」

 倉庫へ向かう道すがら、先程疑問に感じたことをおっちゃんに聞いてみた。

「港の人足は一日幾らと雇われますので、港より遠い場所にある倉庫へは行きたがらないのですよ。だから、金を多く払って呼び寄せないとならないから街側を借りる者は少ないのです」

 なるほどね~。そう言う理由からかい。

「確かに金が同じなら近い方がイイわな」

 まあ、わからねーではないな、その心情にはよ。

 まさに3Kの代表みてーな人足を好きでやってるヤツなんている訳がねーし、やり甲斐なんて感じる仕事ではねー。まあ、ピンハネする元締めはどうかは知らねーがな。

「……余り、驚きはないようですね……?」

「まーな。元々人足なんて使う気なかったしな」

 表情を変えぬまま船長さんへと目を向けるおっちゃん。説明しなかったのかって抗議かな?

「平和にやるんじゃなかったのか?」

「平和には行くさ。ただ、受けてくんねーのなら仕方がねぇさ。違う方法を考えるさ。ただまあ、安い金で受けてくれたヤツにはなにか礼をせんとな」

 おっちゃんに向けてニヤリと笑う。

「……そのときはわたしにお声を掛けてください。多少なりともお役に立てるかと」

「おう、そりゃ助かる。そんときは頼むよ」

 頼るべきはできる商人だな。フフ。

 なんてことをやってたら倉庫に着いた。

 利用がないからか、それとも丈夫からかは知らねーが、それほど傷みはねーし、汚くもねー。しっかりとした木材製の倉庫だった。

「意外としっかりした倉庫なんだな」

 もっとみすぼらしく、雑な造りかと思ってたよ。

「はい。王都は大工が多いですから」

「ほ~。なら、仕事の取り合いとか激しそうだな」

「……だからなんでわかんだよ、お前はよ……」

「そりゃ造りからだよ。見た限り、どの倉庫も悪くねーどころか立派なもんだ。これを標準とするならそれ以下の大工に仕事なんてくる訳がねー。なのに、大工が多いときた。なら価格競争───あー他より安く、他より早くと競うのは当然、じゃねぇ?」

「……………」

「……………」

 別に特別深いことは言ってねーんだが、二人は口を開けてオレを凝視していた。

「まあ、オレの適当な考えだ、気にすんな。それより、入れんのかい?」

 商売はするがそんなに商売に精通した訳じゃねー。それ以上は語れんよ。

「───あ、はい。で、では、鍵をここに差し込んでください」

 出入り用の戸の横にボックスティッシュくらいの箱が付いており、真ん中に開いた穴を指差した。

 言われた通りに鍵を差し込むと、左右開閉式の扉を包む魔力が消失した。

「へー。倉庫自体が魔道具とはな。そりゃ金貨七十枚もする訳だ」

 さすが魔法や魔術が発達したファンタジーな世界だぜ。

「……もうお前が千年生きたエルフにしか見えねぇよ……」

「十年しか生きてねー、クソ生意気な人族のガキだよ」

 なんだよそれ。目、腐ってきたんじゃねーの。

 そんな船長さんやおっちゃんに構わず倉庫の中に入った。もちろん、扉を開けてな。お、意外とスムーズに開くんだな。

 魔道具な倉庫とは言え、やはり中は埃っぽい。通気窓もないので空気も悪いな。

「光取りの窓はあんだな」

 いや、窓って言うか戸だな。

 備え付けの梯子を登り、光取りの窓(戸)を全て開けて行きながら結界を張って行く。

「まあ、作業するには十分か」

 手作業するには暗いが、荷を運ぶには問題はねー明るさだ。

「ここが寝泊まりする場所か」

 ロフト的な、四畳ほどの空間が扉の斜め上にあった。

 まあ、ここに暮らす訳じゃねーし、警備するための仮眠場所としてなら十分か。

「ちょっとした秘密基地みてーでなかんかおもしれーな」

 古い探偵ドラマに出てきそうなところでワクワクすんぜ!

「……なんかいろいろ弄りてーな……」

 買い取っちゃおうかなと一瞬浮かんだ欲望を慌てて振り払った。

 イカンイカン。オレの悪いクセが出てしまった。オレは村人。村に住んでの村人だ。やるんなら村でやれだ。

「まあ、年間で借りちゃったんだから弄るけどね」

 いや、もう弄っちゃってますがねっ。

「イイとこだな。気に入ったよ。ありがとな」

 下りておっちゃんに礼を言った。

「いいえ。お礼を言うのはこちらですよ。人気のない場所なのに、こんなに喜んでもらえるのですから。貸し手としては冥利に尽きます」

「お互い、イイ商売ができてなによりだな」

 やっぱり、できる商人との商売は心地イイぜ。









+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ