挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

195/992

195 保険は大事です

 貸倉庫の受け付けを行う事務所は、港を直ぐ出たところにあった。

 港にあった商館とは違い、なんとも質素な、木造の平屋だった。

「なんともこじんまりしてんな」

 まあ、貸倉庫の受け付けだけだからこんなもんだろうが、商館を見た後だけにガッカリ感が激しいぜ。

「商人ギルドの方は見栄より実益重視だからな、雨風防げればそれでいいのさ」

「さすが商人。いや、ここのギルド長の考えかな?」

「さすがだな。まさにギルド長の考えさ。なんでわかった?」

「バリアルの街にある商人ギルドは立派だったし、どこも頭次第で特色が出るもの。まあ、そんなところからそう思ったまでさ」

「まったく、それをわかるとか、本当にお前の頭ん中を見てーよ」

 別に深い考えがあった訳じゃねーし、そんな大したもんは入ってねーよ。

 木造の平屋───じゃなくて、貸倉庫の事務所へと入る。

「邪魔するよ」

 中にいたのはよく肥えた中年のおっちゃんと、事務員(?)のねーちゃんだった。

「いらっしゃいませ」

 挨拶するおっちゃんの顔に変化はない。これぞまさに営業スマイルを浮かべていた。

 さすが、と言うべきかはまだわからないが、ガキが入ってきても表情を崩さないのは好感が持てるな。まあ、後ろの船長さんを視界に入れてのことだろうが、それでも商館にいた、自称冒険商人よりは立派さ。

「貸倉庫を借りてーんだが、空いてるかい?」

 一瞬、船長さんを見たが、直ぐにオレへと戻した。なかなか立派な商人じゃねーの。

「はい。空いておりますよ。どう言ったものをお求めでしょうか? あ、こちらへどうぞ」

 と、受け付けカウンターの横にある応接室へと移された。

「お茶をどうぞ」

 革張りのソファーに座ると、事務員(?)のねーちゃんがお茶を持ってきてくれた。

「オレは、ただの村人なんだがな」

「そうでございますか。今後もどうかご贔屓に」

 しばし、その営業スマイルを見詰めたが、おっちゃんの表情が崩れることはなかった。

「……スゲー……いや、止めておこう」

 余り立ち入らないのが吉。いろいろ大人の事情とかあるしな。

「───で、倉庫なんだが、広さは一般的荷車で五十台分くらいで寝泊まりできるところを希望すんだが、どうだい?」

「はい。五十台分となると中倉庫になります。寝泊まりも大丈夫ですよ。警備のために冒険者を雇う方もいらっしゃいますから」

 なるほど。それはつまり悪さをするヤツがいるってことか。まあ、こんな時代のこんなデカイ都市だし、当然か。

「場所は街側で頼みてーんだが、どうだい?」

「はい。大丈夫ですよ。街側はあまり人気がないので空きはありますので」

 ほーん。そうなんだ。そりゃ都合がイイや。

「なら、二つ、隣続きで頼むわ。金は幾らだい?」

「一日銀貨六枚。一月期間では金貨十枚。年間でご利用される場合は金貨七十枚とお安くなっております」

 それがどんな計算のもとになってるかは知らんが、安くなるなら年間の方がイイかもな。会長さんに買い物頼んで入れててもらえばわざわざ買い出しに出んでもイイしな。

「なら、年間で頼むわ」

 ポケットから金貨を百四十枚出してテーブルに置いた。

「……はい。では、数えさせて頂きます」

「あいよ」

 お茶を飲みながら数えるのを待った。

「はい。確かに百四十枚頂きました。では、鍵と番号札をお渡しします」

 魔道具の鍵と、多分、その倉庫の番号が書かれたまな板くらいの札を渡された。

「その番号札を掲げることで借りていると見なされます。鍵は大事にお持ちください。無くすと金貨三十枚を頂くようになりますので」

 なんともあっさりしたものだが、この時代にありがちの自己責任ってことなんだろうよ。

「あいよ。承知した」

「では、倉庫にご案内させて頂きます」

「おっちゃん自らかい?」

「はい。大事なお客さまですから」

 なんかナルバートのおっちゃんと同じ臭いがするおっちゃんだな。

「あ、名乗るのを忘れてたな。オレは、ヴィベルファクフィニー。言い辛いときはベーと呼んでくれや」

「こちらこそ失礼致しました。わたしは、バーザと申します。どうかお見知り置きを」

 今後どうなるかはわかんねーが、商人ギルドと繋がりがあった方がイイしな、できねー商人よりできる商人と顔見知りになってた方がなんかあったときに頼りになる。まあ、掛けられる保険は掛けておかねーとな。



港を見張り、物の流れを見る者。になってたらイイな~。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ