挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/992

19 キラキラネーム

オトンはキラキラネームが好きみたい。
「リファエル!」

 我が愛馬、リファエルを呼ぶ。

 ヒヒーン! 

 草を食んでいたリファエルが顔を挙げ、オレに気が付くと待ってましたとばかりに前足をあげて嘶いた。

「カモーン!」

 叫ぶオレに応え、こちらへと駆けてくる──訳もなく、我関せずな感じで草を食むリファエルのもとへと行き、力づくで引っ張ってきた。

 すみません。ノリです。ちょっとしたでき心でした。

 でも、名前は本当です。オトンが付けました。キラキラネームが大好きなオトンなんです。

「……もうちょっと賢いと良いんだがな……」

 元々、ラルメー種って馬は力強く穏やかで手間の掛からないことから荷を引く動力として重宝されてきた。こんなド田舎には必需品と言って良いだろう。

 そう言う生き物にしちまったのは人間だし、荷引き馬なんだからしょうがねーだろうと言われたらそーなんだが、前世の馬の賢さを知っているだけになんか歯がゆいんだよな。

 なんてことを思いながら馬車とリファエルを連結させる。

 御者席へと座り、手綱をつかむ。

「ハイヨーシルバー!」

 そんなネタをしる訳でもなけりゃあ、理解してくれる訳でもない。ええ、わかってます。ノリです。ネタです。お約束です。

 バシンとリファエルのケツを鞭で叩き、発車させた。

 ……あーあ。ネタとノリを理解してくれる友が欲しいぜ……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ