挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

184/992

184 目指せよ少年

 今日は朝からマ〇ダムタイム。

 前もあったなとの突っ込みはノーサンキュー。したいときにするのがマ〇ダムタイムなのである。

 ラーシュの手紙を読みつつ、脇で投げナイフを創るデンコを指導する。

 そんなことをしていたのだが、横道回り道の常習犯なオレ。いつの間にか物思いに耽っていた。

 最初は、王都に行ったときどこを回ろうかな~だったのだが、どこでどう思考回路が狂ったのか、村のことやエリナのこと、港にタケルにモコモコ族がごっちゃになって、半分意識を失ったかのように異世界を見ていた。

「───ちゃん! あんちゃんってば! あんちゃん!」

 と、トータの叫びで我を取り戻した。

 ……いかんいかん。集中しすぎたぜ……。

 両頬を叩き、意識を覚醒させた。

「ワリー。考えごとしったわ。で、なんだ?」

 目の前にいるトータとガブに意識を向けた。

「あんちゃん、ガブに剣を創ってやってよ」

「あん? 剣だと?」

 意味がわからんのだが、もっと説明プリーズだ、我が愛しき弟よ。

「ガブとパーティー組んだんだ。だから修行するんだ!」

 トータとガブの間でなにがあったか知らんが、スーパー幼児に臆したり嫉妬したりせず付き合えるヤツは貴重だ。なんで反対はしねーが、いつの間にそんなに仲良くなったんだ?

 ガブに目を向ければ瞳をキラキラさせ、期待の籠った目をオレに向けていた。

「……えーと、ガブは冒険者になりてーのか?」

「なりてぇだ! おら、トータと一緒に冒険してぇだよ!」

「あんちゃんお願いだよ。ガブに剣創ってやってよ!」

 なんと言うか、君たちの間にどんな物語があったの? マジで気になるわ。

「あーまあ、創るのは構わねーが、ドワーフの体格で剣は合わねーんじゃねーか?」

 力があり体型がずんぐりむっくりなドワーフの武器は、斧か槌。または短槍だ。剣を持ってるドワーフなんて見たことねーぞ(いや、そんなに見た訳じゃねーがよ)。

「でも、ガブは動きは速いよ。木刀も軽々操ってたし」

「ドワーフじゃ剣は無理だかぁ?」

「あ、いや、無理とは言わねーが、ドワーフの体格……まあ、ドワーフの剣士がいてワリーってことはねーし、なりたいものになるのは本人の自由。オレの言うことじゃねーか。わかった。創ってやるよ」

 椅子から立ち上がり、デンコが投げナイフを創っていた砂鉄箱に手を伸ばして剣(サイズ的には短剣だな)を創ってやった。

「ほらよ。ちょっと振ってみな」

「うん!」

 剣を受け取ると、これまた軽々と振って見せるガブ。五才児とは言え、やはりドワーフ。力あんだな~。

 それに、言った通り速い。その体格で出せるのが不思議でたまらんよ。

 そんなガブの動きを見ていてふっと思う。こいつ二刀流の方がイイんじゃね、と。

 まあ、なにか確証があってのことじゃねーが、なんとなくそう思い、もう一振り創ってやり、ガブに渡した。

 ヒュンヒュンとなかなかイイ振りを見せやがる。

「イイじゃねーか。将来はドワーフ初の大剣豪だな」

 なんてオレの軽口にガブの瞳がキラキラと輝き出す。

「大剣豪! なんかいい響きだな! おら、大剣豪なれっかな!」

「なりてーって気持ちを忘れず、日々努力すればなれるさ」

 まあ、動機なんて人それぞれ。純粋な思いが人を動かすのだ。目指せよ少年、だ。

「おら、大剣豪になるだよ!」

「おう、なれなれ。大剣豪の卵よ」

 なんて無責任に煽ってやると、二人して『修行だ!』とか叫びながらどこかに駆けて行った。




 数十年後、ガブはドワーフ初の二刀流剣士にして大剣豪と呼ばれることになる───かどうかはガブ次第。オレにはわっかりませ~ん。



 さて。マ〇ダムタイムの続きでもしますか。
週末は佐渡観光。投稿できたらします。

佐渡島はコンビニエンスでも袋代を取られることにビックリ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ