挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

176/992

176 島に到着です

「まあ、やっちまったもんは仕方がねー。結果オーライ。無事で良かったね、だ」

 左右の羽根が落ちて行くのを見ながら纏めて見た。

「そ、そんなんで良いんですか?」

「構わねーさ。どうせあの火竜もこっちを襲いにくるところだったんだ、先か後かの違いだ」

 殺るか殺られるかの弱肉強食な時代。必要なら殺せ。必要じゃなければ殺すな。強者が法なのだ。

「なんで、火竜の羽根を回収するぞ。火竜の羽根は結構なイイ値で売れるからな」

 火竜は冒険者ギルドや国から災害指定された生き物だ。まあ、このアニメな潜水艦の前には一撃だったが、A級の冒険者パーティーが十組にB級、C級の冒険者が百集まってなんとか勝てたと言う話があるくらい。火竜に襲われ滅びた国だって十や二十じゃ利かねーだろう。

 そんだけの生き物だから捨てるところがねー。鱗はもちろん牙だろうが爪だろうがいろんなものに使えて、竜の素材でできたものは高値で取引されるのだ。

 まあ、今回は羽根しか残らなかったが、羽根はマントにできるし、骨は槍の柄になり、爪は削れば剣になる。

 安く売ったとしても金貨二千枚は行くだろう。前に鱗を一枚売ったら金貨に化けたからな。

 ……ちなみに残りはハルヤール将軍に売った。出世払いでな……。

 だが今回はあんちゃんの店に売れるだろうし、ドワーフのおっちゃんがいる。余すことなく回収せんとな。グフフ。

 結界術を使ってサクっと回収。艦尾の格納庫に入れて島へと向かった。

 で、港を出て一時間くらいで島に到着しました。

「速いな。いったい何キロ出てたんだよ」

「だいたい五十五ノット───まあ、百キロくらいです」

「……海上を百キロって、メチャクチャだな……」

 船の素人でもふざけた速度だってわかるぞ!

「ま、まあ、そう言う設定ですし……」

 ああ、そうだった。突っ込みはノーサンキューだったな、オレたちの能力は……。

「じゃあ、接岸させますね」

「あ、ついでだからこの潜水艦用に港創るわ。ちょっとここで待ってろ」

「はぁ? 港を? へ? えぇぇっ!? マ、マジですかっ?!」

「マジだよ。港創りは何度かやってるからそう時間は掛からんさ」

 あの港も気に入るまで何度となくやり直したいからな、もう創るなど造作もねーさ。

 回収んときのように艦長席の上にあるハッチから外へと出た。

 以前にちょっとしたものは創ったのだが、釣り船用のもの。この潜水艦が着けられるくらいの深さはない。

「よっと」

 結界を纏い海へと飛び込む。

 この辺はまだ深いが、島に近付くにつれ岩があり、海草が生い茂っている。

 なんで、土魔法で岩を動かすと同時に海草を排除(後は波でどっかに行く)し、島の方へと移動して行く。

 土魔法の才能と修練(カッコ良く言ったら)のお陰で幅八十メートル。深さ四十メートルの、潜水艦用のちょっとした港を創った。

 桟橋や護岸は今度。今日はこのくらいでよし、だ。

 海上へと上がり、タケルにイイぞと合図する。艦尾を向けてるがカメラで見てんだろうよ。

 そうだったようで、潜水艦の端にあるライトを点滅させながらバックしてきた。

 ……潜水艦にもハザードランプってあんだ……。

 妙なことに関心してたら潜水艦がイイ感じに港に収まった。

「屋根とかクレーンとか欲しいよな」

 基地造りに気持ちがはぜりそうになるが、今日は下見だと無理矢理押さえ付ける。

 格納庫扉が開放され、中からモコモコ族が出てきた。

「具合はどうだい?」

 見た感じ平気そうだが。

「はい。誰も異常はありません」

 他のモンにも目を向けると、大丈夫だと頷いて見せた。

「じゃあ、荷物を下ろしたら昼食にするか。荷物はあそこの家の前な。あと、この島には危険な生き物はいねーが、海にはいる。なんか異常があったら直ぐに声をあげろな」

 この海には陸に上がってくるクラゲとか平気でいやがる。陸にいるからって油断はできねーのだ。

「まあ、あくまでも油断するなってことだ。簡単な防備はしてあるから恐れることはねーよ」

 大事な我が家の畑である。害獣は近寄らせません。

「じゃあ、開始な」







+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ