挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

175/992

175 突っ込み上手なタケルくん

 海の上を走っている。

 表現的にはそう間違っちゃいないと思うんだが、潜水艦的にはどうなの? 感じからして百キロくらい出てんじゃねぇ?

 あ、海ではノットだっけか? 確か……まあ、なんでもイイか。今の時代じゃ寸法も場所によって違うしな。

「……これ、潜水艦だよな?」

 なんか聞き間違いをしてたか、オレ。

「はい、潜水艦ですよ。まあ、主は潜水艦なんですけど、このイ六〇〇改には海上推進機能があるんです。対海上艦隊戦や対航空機戦をするためにね」

「アニメだな」

 そうとしか言いようがねーよ。その万能性は? あ、万能型って言ってたっけ。

「ア、アハハ。それが現実に出てくるんだから神ってスゴいですよね」

「そーだな。こっちの神に介入されなかったら更に良かったんだがな」

 補給なしなんてイジメとしか思えねーよ。

「……ですね。あ、そう言えば補給、なんとかなるって話だったですけど、ベーさんの魔法で出すんですか?」

「いや、知り合いにダンジョンマスターがいてな、触ったものや前世で記憶したものは出せるんだよ。まあ、魔力次第だがな」

 生命体を出せるなら未来的武器も出せんだろう。

「まあ、落ち着いたら紹介すっから武器は大事にしろよ」

 あっちもこっちも忙しいからな、武器は後回しだ。

「……なんかそれ、フラグが立ったみたいな言い方ですよね……」

 フラグ? なんか聞いたことあるが、なんだっけ?

 首を傾げていると、モニターに『未確認感知』と言う日本語の文字が出た。

 ……ジャパニーズアニメだからか……?

「え? マジでフラグ立ち!?」

『マスター。前方より飛来するものがあります。最大映像に切り替えます』

 モニターに赤いカッコが表れ、飛来するなにかに焦点を合わせ、それをズームして行く。

「───ドラゴン!?」

「火竜だな」

 赤みを帯びた体に翼の形、前に戦った(サプルがね)のと同じだ。まあ、前のは殺したので違う個体だろうがよ。

「や、やっぱりいるんですね。海の中にはでっかい魚やガ〇ラがいたから、そうじゃないかとは思ってましたが、実物見ると、こ、怖いもんですね……」

 まあ、竜の中では凶暴で強い分類に入るし、あの見た目だ、心臓が弱いヤツなら見ただけで死んでるな。

「ベ、ベーさん、どうしましょう?」

「弾薬はあとどのくらいあんだ?」

「三割あるかないかです」

 うん。弾切れ寸前ってことね。

「エネルギー兵器ってねーのか?」

「ありますが、戦艦に撃つもので機動力のあるものには不向きなものです」

「じゃあ、一発撃て。威嚇と警告だ」

「ド、ドラゴンにですか?」

「この世界の竜は賢い。自分より強いと思ったら襲ってこねーんだよ。まあ、どの種族にもバカはいるから絶対じゃねーし、全ての竜がって訳じゃねーがな」

 あと、若い竜もダメだな。ケンカっぱやい上に残虐性があるから。

「ダ、ダメだったら?」

「お仕置きだ」

 バカになにを言っても無駄。優しく体に教えてあげましょうだ。

「……え、えーと、わかりました。嵐山。主砲用意」

『了解です。主砲、用意』

 カコンと軽い音がして正面モニターの右下の小さなモニターに、その主砲ってのが映し出された。

 ……やっぱアニメ的主砲だな……。

『主砲用意よし。いつでも発射可能です』

「わかった。主砲、発射!』

 その掛け声に半秒ほど遅れて青白い帯が発射された。

 ……んーと。ビーム砲……?

 音が遮断されてるのか、撃ったときの発射音は聞えなかったが、見た限りでは戦艦を一撃で沈められそうな感じだった。

 視線を正面モニターに戻すと、向かってくる火竜が主砲に気が付き、慌てて回避───できずに撃ち貫かれてしまった……。

「……え、えーと……」

 タケルからの視線が頭に当たってるのを感じるが、完全無欠にスルーです。

「うん、まあ、あれだ。自己防衛ってやつだ」

「あきらかに過剰防衛ですけど」

 もータケルくんたら突っ込み上手なんだからっ。



嵐山、強いねって話でした……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ