挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/992

17 お昼にするよ~

出張先から家に帰るまで12時間。頭が働きません。雪が憎い……。
「お~い、あんたたち、お昼にするよ~!」

 おっと、手紙に集中し過ぎたぜ。

 テレビもないこの世界(時代)で、情報を得るには手紙か本、または行ったことがある人から聞くしかない。

 周辺国までなら冒険者や行商人からの情報で得ることが可能だが、さすがに大陸を離れると未知の世界になる。

 大陸間を渡る船──飛空船があるのでラーシュのいる大陸と国交はあるものの、こんなド田舎にまで届く恩恵はない。それどころか飛空船があることもこの海の向こうに大陸があることも知らないヤツがほとんどだ。

 幸か不幸か、オレには昔(前世)の記憶がある。いろいろ役立ってはくれるが、下手に知識があるだけに、なにも情報を得られないことが不安になってくるのだ。

 それに、昔(前世)のオレはテレビっ子(二十代後半からだが)。テレビが親友だった。

 生まれて五才までは生きることが忙しく、生活に慣れてからは三つの能力や魔術を使えるようにするのでやっぱり忙しかった。

 去年辺りから余裕が出てきたせいか、やけに情報を求めるようになったのだ。

 行商人のあんちゃんから本や話を得てはいるが、本は貴重な上に高く、オレの稼ぎでは月五冊がやっと。話も一晩聞けるだけの内容しか得られない。

 だから、ラーシュからの手紙(半年分なので文庫本三冊ぐらいの量になる)はなによりの情報源であり娯楽なのでつい時間を忘れて読み耽ってしまうのだ。

「サプルはオカンを手伝え。トータは荷物をそこに纏めろ」

 辺り一面にラーシュからのお土産を広げた二人に命令する。

 あんちゃんの命令は絶対(日頃の威厳がものを言うのだ)。ぶーぶー文句を言いながらも命令に従った。

 よくこれだけの量をあの中に入れたなと関心しながらトータと二人で一ヶ所に纏め、取っ手付き結界で包み込んだ。

「さて、どうするかな?」

 量が量だけに家の中に運ぶのも邪魔だし、保存庫に置くと先伸ばしにしそうだし……まあ、しゃーない。家の前に置いといて帰ってきてからやるか。

 ラーシュの国には大魔道師がいて、このお土産──なまものには魔術結界が施してくれている。結界を解かなければ腐ることはないのだ。

 一応、結界で包んだまま家の前に置き、中へと入る。

 昼は朝の残り(肉まんは結界で閉じ込めるのでできたてのまま)なので用意に時間は掛からない。

 シチューをサプルの魔術で温め、冷えたゆで卵に漬け物。魚の練り物は朝でなくなったので川魚の串焼き。

 我が家の食卓は昼も豪華である。

「いただきます」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ