挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

160/990

160 謝罪の仕方

からまれる場面を一度は書きたかった。でも、よく想像できなかったから、からまれた後の対処を考えました。下らなかったらすみません。
「ん?」

 商人通りへ向かって歩いていると、左右を誰かが追い越した。

 まあ、天下の往来だ、追い越されるくらい不思議じゃねーが、その追い越したヤツが振り返り、オレの行く手を塞いだのだ。

 どちらも十代後半くらいの、なにやら柄の悪そうな野郎どもであった。

「なんだい?」

 そう聞くが、野郎二人はニヤニヤ笑うだけだった。

 しょうがねーなと横にズレると、野郎二人がまたオレの行く手を塞いだ。

 ヤレヤレ。自ら火に飛んでくるとは物好きな野郎どもだ……。

「へへ。スゴい買いっぷりだね、坊や」

「そんなに金持ってんならおれらに分けてくんねぇかな?」

 なにやら威圧しているようだが、オークやらオーガらを狩っている者にしたらクセー豚が近付いてきたようなもの。邪魔クセーだけだ。

「一昨日きやがれ」

 吐き捨て、回れ右したら背後にも豚野郎が行く手を塞いでいた。

「どいてくんねーかな?」

 無駄なのはわかっちゃいるが、万が一ってことがあるからな。

「悪いねーボク。おにいちゃんたち悪いおにいちゃんらなんだよね~」

「そうそう。諦めてね~」

 ……メンドクセーな、まったくよ……。

「ワリーことは言わねー。大人しく帰りな」

 なんて親切心など届く訳もなく、小突かれながら路地裏へと連れて行かれた。

 路地裏には野郎四人だけではなく、十五、六の少年らが三人いた。

「さぁ~て。持ってるもんだしてくれるかな?」

「叫んでも無駄だぜ。ここいら辺はおれたちの縄張り。誰もこねぇからよ」

 イヤらしく笑う野郎ども。そう言やぁ、去年もこんなことあったっけ。どうでもイイから忘れてたよ。

「あんたら、この街にきて一年も経ってねーだろう?」

「あぁ? それがなんだって言うんだよ」

「いやな。去年もここに連れ込まれてな、金出せとか言われたんだよな」

「ギャハハ! そりゃ運がワリィーな。バカかオメーは!」

 野郎どもが笑う中、一番年下の少年だけは笑わなかった。それどころか真っ青になっていた。

「あんたはこの街のモンらしいな。なら、全裸で街ん中を走ったバカどもの話は聞いてるよな?」

 真っ青な少年が真っ白になり、地面にヘタリ込んでしまった。

「お、おい、どうした!?」

「なにやってんだ、コリー!」

 仲間の少年はこの街の出身じゃねーようで、コリーと呼ばれた少年を揺さぶっていた。

「テメー! なにしやがったッ!」

 十代後半組が腰の鞘から短剣を抜いた。はい、有罪決定です。

 まだ素手でのカツアゲならボコボコで許してやったのだが、刃物を抜いたからには容赦はしねー。殺しにきたとみなす。

「捕縛」

 で、全員の動きを封じた。

「なに───」

「───しゃべんな」

 テメーらの声など聞きたくねーわ。

「お前らには三つの選択を与えてやる。一つ。死ぬ。二つ。全裸で街中疾走。三つ。謝罪二百回。好きなものを選べ」

 たぶん、こいつらのリーダーらしき野郎の結界を緩めてやった。

「───テメー! 放し───ぶへっ」

「オレは三つの中から選べって言ってんだよ。無駄口叩くな、アホが」

 野郎の頬を軽く叩いて黙らした。

「早くしろ。選べねーのならこっちが選ぶぞ」

「わ、わかった、選ぶ、選ぶから止めてくれっ!」

 ったく。手間取らせやがって。

「───しゃ、謝罪だ! それを選ぶ。それにするから止めてくれ!」

「それでイイんだな?」

「あ、ああ! それにするよ!」

「よし。なら謝罪の言葉を言うからしっかり覚えろよ。イイな?」

 野郎の目を見てニッコリ笑う。

「『ぼくは悪い子です。二度と悪いことはしません。許してニャン』だ」

「……は?」

「は? じゃねーよ。それを二百回だ。言い切ったら解放してやるよ。言い切らなかった解放されんがな。まあ、そこはオメーらのがんばり次第だ」

 ポンポンと野郎の肩を叩いた。

「よし。なら謝罪と行きますか」

 野郎どもの結界を操り、街の憩いの場の中央へと移動させる。もちろん、オレは結界使用能力ギリギリのところにいるぞ。関係者だと思われたらイヤだしな。

 憩いの場の中央に並んだら野郎どもに、そこにいた人らがなにごとかと注目する。

「なんだ?」

「見世物でもやんのか?」

「あ、あいつらこの辺の悪ガキどもだぞ」

 イイ感じに人が集まってきたのに、野郎どもは謝罪を始めない。ったく。どこまでも手間掛けさせやがって!

 結界を操り、野郎どもの首を軽く絞めてやる。

 やらなきゃもっと絞めんぞゴラぁ! と、こちらを見る野郎どもに目で脅してやる。

「ぼ、ぼくは悪い子です! 二度と悪いことはしません! 許してニャン!」

 一瞬、場が静かになるが、直ぐに大爆笑の渦となった。

 まあ、これを期待してたんだが、なんか違う───いや、足りんな。なにが足りん?

 なんだと考えてたら、視界に猫の獣人が入った。いや、正確にはその耳にだ。

 ───あ、そーか。ポーズだ。ポーズが足りなかったんだよ!

 いけねーいけねー。それがあってこそのニャンだろう。忘れてんじゃねーよ、オレ!

「ぼくは悪い子です! 二度と悪いことはしません! 許してニャン!」

 許してのところで両拳を耳元まであげ、招き猫のようなポーズん取らせ、ニャンでウインクさせた。

 ───ぶふっ!

 我ながら会心のできに吹き出してしまった。

 ヤベー! 我ながらヤベーよ。最高すぎて腹イテー! 笑い死にそーだ。

 もうダメだ。これ以上見てたら死ぬと、這いずるように憩いの場から立ち去った。

「ふぅ~。マジヤバかったぜ……」

 なんか火竜と戦ったときより疲れたよ。

 息と心を落ち着かせ、次の買い物へと向かった。

 次の日、この謝罪が街の話題となったようだが、オレの耳に入ったのはずっと後で、直ぐに忘れてしまった、どうでもイイ話だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ