挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

142/992

142 人外どもの遊び

「さて、準備するか」

 いつものように大した準備もないのだが、今回ブララを採りに行く場所は、ここから百キロ近く離れたところ。ちょっと遠出になるので装備は革のジャケットに革のズボン。ゴーグル。安全ブーツ。山刀に投げナイフとハサミが差せるベルトをする。

 あとは結界鎧を纏えばいつでも出発可能だ。

 で、サプルの準備だが、スーパー幼女たるサプルちゃんの移動方法はオレ製の飛行機だ。

 秘密基地にあるのと同じく、浮遊石を搭載し、風の魔術を圧縮して噴射口から出すと言ったものだ。

 もちろん、専門的知識がわる訳じゃねーし、部品など想像で作った、なんちゃって飛行機だが、そこは超便利な結界術で補えばちゃんと空を飛ぶことができるのだ。

 エンジンや制御機関なんてないので飛行機のサイズは大きくない。が、万が一のことを考えて骨組みは鉄にして装甲はニミリくらいの板金を張ってある。

 まあ、複座にして畳み一畳くらいの貨物室を作ったので更に重く、そして大きくなってしまったが、スーパー幼女サプルちゃんに掛かれば馬に跨がるより巧みに操ってくれるので問題なっしんぐ。火竜とドッグファイトして撃ち落としちゃう子だからネ。

「サプル~。用意はイイか?」

 地下の発射路に繋がる伝声管の蓋を開け、サプルに尋ねる。

「イイよ~!」

「んじゃ、発射扉開くぞ」

 家畜用の水のみ場の栓を抜き、水を流し出す。

 まあ、本当ならプールにしたかったのだが、さすがに場に合わないし、世間体があるので水のみ場にしたのだ。

 縦三メートル。横五メートル。水のみ場にしてはデカいんじゃね? との突っ込みはノーサンキュー。趣味のためなら実益など二の次三の次なのだ。

 ハンドルを回し、手動式の扉を開放する。こーゆーアナグロな方がオレ的に燃えるのだよ。

 発進信号はないのでサプルちゃんの気分次第。まあ、開いてから十は数えろとは言ってある。

 発射路から風が吹き出し、そして、オレ製の飛行機───命名サプルの愛機、ファニー号が発進する。

 飛行機と言うよりロケットに近い形をしたファニー号は、時速にしたら二百キロは出てるんじゃないかと言う勢いで上昇して行く。

 燃料や推進力はサプルの魔術によるものだから前世の飛行機(プロペラ機)には負けるだろうが、それでも人が出せるとは思えない速度である。

「……ジェット機に勝つ日もそう遠くはねーな……」

 もはや人の域を飛び出してるのだジェット機に勝っても不思議じゃねーわ。

 さて。サプルが本気を出したらルククに勝る(直線飛行ではな)。急がないと置いて行かれる。

 発進に全ての力を注ぎ込んでしまったので収納はバックで、結界で入れないとならない。なので水のみ場はそのまま。だが、誰かが落ちる可能性もあるので結界で封印です。

「ルクク、行くか」

 結界鎧を纏い、ルククの背に飛び乗った。

 もちろん、ルクク用の竜具(馬具の竜版だな)をしてあり、手綱もしてある。まあ、怖いので結界でも固定してますがね。

「ルクク、ゴー!」

 竜のほとんどは風の魔法を使うので翼の一羽ばたきで飛び立つことができ、二羽ばたきで地上二十メートルくらに達する。

 グングンと上昇して行き、陽当たり山と同じ高さに達し、海の方で大きく旋回してファニー号と合流した。

 サプルに目を向ければ、笑顔全開にしてオレを見ていた。

 一指し指と中指を合わせて掲げ、ゴー! とばかりに振り下ろした。

 ルククとの遊びはだいたいが競争であり、鬼ごっこ(ドッグファイトとも言う)。そのための飛行機(サプル)である。

 それはサプルも理解しているので、ゴー! の合図で本気(マジ)全開。圧縮させた風の魔術を、これま全開にして四つある噴射口から吐き出した。

 結界鎧をしているので重力とか風圧とかは関係ねーのだが、それでも飛んでいる感覚はあるし、四百キロ(考えるな、感じろ的メーターによるとだ)も出てたらおっかねーよ。

 もはやオレはルククの付属品。ただつかまっているしかない。

 つくづくオレって凡人だな~と現実逃避する。だってそうしないとおっかねーんだもん! 人外どもと一緒にすんじゃねーやい!



 
昔はバイクが趣味でよく乗ってましたが、向かい風のときの風圧はハンパない。体は圧されるし、持っていかれないようにハンドルを握る手はしびれてくる。体力を消耗します。ましてや百キロも出していたらバランスをとるのも大変。軽いバイクだったのでちょっと風でバランスを崩す。カーブで砂があったら死を感じる。まあ、運転が下手だったからでしょうが、並みの人なら時速四百キロとか恐怖でしかないよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ