挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

141/992

141 ルククが遊びにきた

 朝。いつものように起きて身だしなみを整えて家の扉を開けたら壁があった。

 は? と思う暇なく視界が暗転。

 なに? と更に思う暇なく重力消失。なんか凄まじく揺られ捲った。

 ───なんだ!? なんにが起こった!?

 なにやら生温かく、なんか生臭い臭いに包まれながらじたばたしていると、さらに激しく揺られ回された。

 うぉおぉぉぉっ! なんなんだいったいっ!?

「こら、ルクク! 止めなさい!」

 サプルの声が耳に届くと、揺れが収まり、急に視界が光に包まれた───と理解するより早くケツに衝撃が生まれた。

 ───イテェー! くはないが、心臓にワリーわ!

「あ、あんちゃん、大丈夫?」

 なんか顔がベタベタで瞼が開けない。

 手で払うがなかなか払い切れないでいると、水が顔に当てられた。

「あんちゃん、水。顔洗って」

 サプルの水魔術だろうと理解して水に顔を突っ込み、乱暴に洗った。

 汚れを落とし水から顔を離すと、タオルが顔に当てられ、ゴシゴシと拭いてくれるサプル。この世に生まれて一番の幸せは、お前が妹でいてくれることだぜ。

「ありがとう、サプル」

 してもらったら礼を言うのが我が家のルールである。

「まったく、いったいなん───」

「───キュイィー!」

 言葉途中で慣れしたんだ鳴き声に遮られてしまった。

「……ルククか……」

 そー言やぁ、去年も同じことされたっけ。毎日が新鮮な出来事だから忘れてたわ……。

「お前の挨拶は過激でたまらんな」

 まあ、もいちょっと落ち着いた挨拶をしてくれると助かるんだが、オレとの再会をこうまで喜んでくれたらなんも言えねーな。

「良くきたな。ルクク」

 顔を撫でてやると嬉しそうにキュウキュウ鳴き出した。

「さて。早くきてくれワリーが、仕事があんでな、ちょっと待っててくれ。朝メシは食ったのか?」

「キュウィーキュウィー」

「まだか。ならお前の大好物を出してやるよ」

 ルククの顔を撫でてやってから保存庫へと向かい、ブララが一杯詰まった樽を持ってきてやる。

 ブララとは見た目はキウイに似てて、完熟しても酸っぱいものだが、 ルクク(竜にはな)には旨いもんらしい。

 まあ、砂糖を混ぜて煮込めばイイ感じのジャムになり、ホットケーキやクッキーに掛けたりと、なかなか美味なるものだ。

「旨いか?」

 夢中で食ってるから旨いんだろうが、つい聞いてしまうのが人情ってもの。なんか犬みたいでカワイイのだよ。

「そー言やぁ、ブララの季節だったな」

 春の半ばくらいに実をならし、ルククがきたときに採りに行くものだった。

「サプル。今日はブララ採りに行こうと思うんだが、どうだ?」

 さすがに一人で採取するのは大変なのでサプルを誘う。 

「そうだね。ルコの実はまだだし、イイかもね。うん、行く」

 あ、ルコの実採りは山の女衆総出でだっけな。それも忘れてたわ。

「なら、朝食取った行くか。あ、オカンに言わんとな」

 イイよと言うのはわかっているが、ちゃんと言うのが孝行であり、信頼を生むのだ。

「あ、オカン。今日、サプルとブララ採りに行っても大丈夫か?」

 丁度家から出てきたオカンに尋ねる。

「ああ、行ってきな。ついでにラビーも採ってきておくれ」

 甘い小さな木の実で、味は栗に近いかな? ブララが採れる場所にしか自生しないもので、オカンの大好物なものだ。

「わかった。沢山採ってくるよ。楽しみにしてな」

 人がこない場所なので、もう採り放題食い放題。時間を忘れてしまい帰りが夜にならないか心配だぜ。

「んじゃ、とっとと朝の仕事を終わらせますか。ルクク、待ってろな」

「キュイー!」

 にしてもルクク、年々賢くなってねーか? 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ