挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

133/992

133 家族優先主義者

 さて。行きたくはねーが、エリナの方を進めんとな。

 朝食後、オカンらに出掛けることを伝え、エリナんとこに行く用意をするため武器庫に向かった。

 結界鎧は渡したが、武器類は後日と約束していたのだ。

 収納鞄に鉄製の剣や槍、弓に矢を詰めて行く。

 どれもこれもできは悪く、駆け出しの冒険者くらいしか買わねーもんだが、ゴブリンが持つには十分過ぎるくらいのものだ。

「にしても、いずれ役に立つだろうと残していたが、まさか役に立つ日がくるとは夢にも思わんかったぜ」

 世の中なにが起こるかわからんもんだな。

 武器庫の三割以上を占めていた死蔵品がなくなり、すっきりしたスペースを見て苦笑が漏れてしまった。

 外に出ると、完全装備のねーちゃんらがいた。

「どうしたい、ねーちゃんら。今日はゆっくりだな」

 だいたい遅くても七時前くらいには出るのに、今日は八時くらいになっても仕事に出てなかった。

「そろそろだと思ってね。行くんでしょう、あのリッチのところに」

「ああ。にしてもよくわかったな?」

 今日行くのは三日前(あんちゃんちができた頃な)から決めていたとは言え、それを語ったのは今さっき。家族にしか言ってねー。なんでわかんだよ? 

「なんとなく、らしいわよ」

 と、三人のねーちゃんらがアリテラを見た。なにやら呆れた感じで……。

 短い付き合いだが、ねーちゃんらがファインプレーを見せるときは、オレに災い(理不尽)がくるとき。ツッコミしねーのが無難と学んだ。なので『ふ~ん』とスルーしておくのが大吉である。

「なのでわたしらも着いて行くわ」

「いや、なのでの意味がわからんのだが? 別にねーちゃんらがこなくてもイイだろうが。ねーちゃんらの依頼は見回りなんだからよ」

 関わりがあるとは言え、エリナのことはオレの問題であって、ねーちゃんらには関係ねー───以前に関わり合ってイイもんじゃねーだろう。汚物(エリナ)と関係あるとわかったら討伐対象になっちまうぞ。

 ……オレの場合は村長から一任されてるからな、作戦だと言えばなんとでも丸め込めるのさ……。

「わたしたちが行ったら不都合なことでも?」

 なんか不機嫌なアリテラさん。あなた最近、情緒不安定ですよ。

「いや、不都合しかねーだろう。汚物───じゃなくて、リッチと関わりがあるヤツに好意的な目を見せるヤツなんていないだろうが」

 極当然なこと言ったら、なぜか『あんたが言うな!』的な目で見られた。理不尽な!!

「ま、まあ、きたいって言うなら別に止めねーが、自分の身は自分で守れよな」

 か弱い女子供を守るくらいには優しいと自負するが、女ならなんでもかんでも守るほどのフェニミストじゃねー。いくら友人とは言え、一人前のヤツには一人前の対応をするぞ、オレは。

「そんなことは当然よ。できないのなら冒険者失格よ」

「十才の子供に守られるとか、恥も良いところだわ」

「べーくんから買った装備もあるしね、邪魔はしないよ」

「…………」

 なんかアリテラが呟いたみたいだが、生憎オレの耳には届かなかったのでスルーした。

「まあ、勝手にしな」

 ねーちゃんらが決めたのならオレが口出すことじゃねーしな。

「あ、でも、ゆっくり歩いて行く暇はねーから魔術的移動方法を使うぞ」

 言って空飛ぶ結界を出した。

「……また、変なもん出した……」

「……なんでもあり過ぎよ……」

「どんだけ常識にケンカ売ってんのよ」

「……もう勝手にしたら……」

 なんか酷い言われようだが、もうなんとでも言ってくださいの心境。気にしな~い、である。

「あんちゃん、おれも行きたい」

 と、いつの間にか横にトータがいてそんなことを言ってきた。 

「……行きたいって、あの汚物(エリナ)のとこだぞ?」

 トラウマ、とまでは行かないが、汚物(エリナ)らに捕まったことがショックだったようで、汚物(エリナ)の話題になるとオカンに抱きついていた。

「……怖いけど、こくふく、する。じゃないとニンジャになれないから……」

 いやもう、なんなんでしょうね、この五才児は。どんな心してんだよ。我が弟ながら末恐ろしいわ!

 とは言え、このくらいで狼狽えていたらあんちゃん失格。威厳の八割はやせ我慢でできているのだ、堪えろ、オレ!!

「……それでこそオレの弟だ。しっかり克服しろ」

 ニカっと笑って見せると、トータは元気百パーセントの笑顔を咲かせた。

「よし。汚物(エリナ)のとこまで競争だ!」

「うん、負けない!」

 よーいドン! 掛け声で双方弾丸スタートする。

 あん、ねーちゃんら? 兄弟のコミュニケーションの前では児戯にも等しい。オレは家族優先主義者なのだ。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ