挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

132/992

132 今世は出会いに満ちている

 まあなんだ。これと言った考えもないので枝払いを再開しますか。

 モコモコガールは、干しラムノを幸せそうな顔で食っててこちらはアウト・オブ・眼中のようだしな。

 野生の動物ではなく、知性のある獣人のようだから満腹になれば帰って行くだろう。なんて考えながら枝を払って行く。

 始めれば集中するのがオレなので、だいたい払い終わる頃には昼近くになっていた。

 ふ~。イイ汗かいたぜ。

 まあ、大物を狙ったので時間を食ったが、昼前に終わったのだから上出来だろう。

 ポケットからタオルを出して汗を拭い、一息つく。

 そこでモコモコガールのことを思い出し、さっきいた場所に行ってみる。と、モコモコガールが幸せな顔して眠っていた。

「呑気なガールだ」

 全身を覆うモコモコ───つーか、顔だけ見れば人だが、ここまで無警戒な獣人も珍しいもんだぜ……。

「……さて、どうしたもんだか……」

 人の何倍もタフで丈夫な獣人だからほっといてもイイんだが、この幸せそうな顔を見たら動くに動けんだろう。やっちまったら外道もイイとこだ。

 昼は山小屋で、が樵衆の暗黙の決まりだが、今日は止めておくか。『夢中になったらどこまでも』なオレの性格を知ってるのは家族だけじゃねーし、心配なら誰か見にくんだろうよ。

「しゃーねーな」

 モコモコガールの横に腰を下ろし、まずは水を一杯飲んで落ち着く。

 土魔法で竈を、そして、その上に鉄鍋を創る。

 そこに水を注ぎ入れ、豚鍋セット(オークの肉な)を放り込む。

 まあ、いつもなら完成品を頂くところなんだが、モコモコガールがいつ起きるかわからんし、時間を潰すには煮るが丁度イイだろう。

 集めた枯れ枝に魔術で火を着け、火加減を調整しながら煮立つのを待つ。

 ぐつぐつ煮立つ鍋を見詰めていると、きゅるきゅると言う音が耳に届いた。

 ん? と音がした方に視線を向けると、モコモコガールが鍋を凝視していた。

 オレの視線に気が付いたのか、モコモコガールがこちらを見る。そして、マンガみたいにヨダレを滝のように流した……。

「……もうちょっと待ってろ。あと少しでできるから」

 コクンと頷くモコモコガール。どうやらこの地域の言葉はわかるよーだ。

「そー言やぁお前、肉は食べられんのか?」

 見た感じ草食系のよーだが。

 コクンと頷くモコモコガール。意外と肉食系?

 イイ感じに豚鍋ができ、土魔法で創った深皿に盛って渡した。

「熱いから気を付けろよ」

 コクンと頷き、木のスプーンを器用に使ってフーフーしながら食べ始めた。

 苦笑いを浮かべ、オレも自分の皿に盛り、はふはふしながら食した。

 半分ほど食った頃、なにやら強い魔力が近づいてくるのを感じた。それも一つや二つじゃない。最低でも十はあった。

 嫌な感じはしないが、念のために結界を張っとくか。

 気づかないフリをしながら魔力を感知に集中する。

 音や気配を感じさせないところを見ると、かなり山歩きに長けたモンのよーだ。

 完全に囲まれたが、それでも表情は変えず、モコモコガールのお代わりに応えてやり、自分も食べるのを続ける。

 やがて鍋が空になり、満足したモコモコガールはまた眠りに着いてしまった。

 ヤレヤレと肩を竦め、鍋をどかしてポットを創り、冷めたコーヒー(モドキ)を注ぎ入れ、イイ感じに温める。

「ん~〇ンダム」

 カップに注ぎ入れ、その薫りに一言。もはやオレの作法である。

 しばしコーヒー(モドキ)を楽しむ。と、なんの気配もなく、ただし、魔力は全開にしながらモコモコダンディが現れた。

 ……なんつーか、顔はダンディなのに、姿はモコモコって、なんかスゲーシュールだな……。

「なんか用かい?」

 なかなか口を開こうとしないのでこちらから尋ねた。

「……その子を返してもらおうか」

「あんたがこいつの親だって言うなら勝手に連れてけばイイさ。だが、こいつに危害を加えよーってんなら渡せねーな」

 見た目はガールと同じモコモコだが、だからと言って親や仲間とは限らない。同族を絶対に殺さねーなんて言う種族はいねーんだからな。

 オレを囲む魔力が高まるが、オレは目の前にいるモコモコダンディから目を放さないし、動きもしない。

「……わたしは、シェラダ族の長、イーブル。娘の名はアリザ。五日前、オークの群れに襲われ、散々になってしまった。娘を保護し、食べ物を与えてくれたことに感謝する」

 なかなか冷静で、状況を読めるばかりか異種族相手に頭を下げれるとは。想像以上に賢い種族のよーだ。

「オレの気まぐれ。気にすんなだ」

 立ち上がり、モコモコガールから距離を取る。こちらに害意はないことを示すために。

 木々の間からモコモコクールガイが音も気配もなく現れ、すやすや眠るモコモコガールを抱き上げ、やはり音も気配もなく木々の間に消えて行った。

「……我々は故郷を追われた身ゆえ、礼のしようもない」

「気にすんなって言ったろ。それと、この近くに村の山側、その端に店がある。そこは種族は選らばねーし、物々交換もしてくれる。もし、山で採れたものがあるなら行ってみるとイイ。あ、やってんのは午後からな。で、べーから紹介されたって言えば相談にも乗ってくれもする。まあ、機会があれば、だがな」

 まあ、あんちゃんのために宣伝しておくか。

「……感謝する……」

 そう言ってモコモコダンディが視界から消え、オレを囲んでいた魔力も遠ざかって行った。

 しばらくその場に居続けた後、竈の前に戻り〇ンダムタイムを再開した。

 ……ほんと、今世は出会いに満ちてんな……。

今後、モコモコが出てくるかはわかりません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ