挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/992

13 内職

スローライフと言いながら結構働く主人公。でもまあ、急いで生きてる訳じゃないから間違ってはいない、と思う。たぶん……。
 オレが作った荷車は、積載量は一般の荷車と変わらないが、御者席を高くしていることにより、その下を荷物入れに充てている。

 泥が当たるところなので丸みを付けているのでそれほど物は入らないが、バケツ四つは入る用量はある。

 馬にも両側に鞄を背負わせることもできるし、馬車の側面にはフックも付けているから積載量は更に増やすことが可能だ。

 オババにやる結界詰めを御者席の下に入れる。

 入れると、まだ余裕があるので、また保存庫へと行き、集落と浜辺にいるガキどもにやるクッキー(木箱入りのを四つ)を持ってきて詰め込んだ。

 小麦=パンが当然の世界でクッキーはパンと見なされない。ましてや作り方を知る者など誰もいないので、クッキーは我が家秘伝のお菓子としている。

 まあ、教えても良いんだが、砂糖の代わりに蜂蜜を入れているので、教えたところで蜂蜜を獲れるヤツは村に一人か二人ぐらい。更に蜂の巣と蜜を分離できる方法と手段を持っているのはオレだけなので教えても意味がない。

 それにだ。クッキーを作る──正確に言えば焼けるのはサプルだけ。村に釜戸や暖炉はあってもオーブンなどないから作ろうにも作れないのだ。

 結果、クッキーはうちの専売特許。注文がひっきりなしにやってくる。だが、これを商売にしようとは思わない。いや、物々交換しているから商売とも言えなくないが、暴利な取引はしていない。相手はガキどもだし、ガキでも用意できるものだ。正当と言えるだろう。

「お前ら、がんばるのは良いが、ちょっと休憩しろよ」

 がんばる二人に声を掛ける。

 魔力があるとは言え、まだ肉体や精神が未熟な子供である。無理したところで身には付かない。そう日頃から言ってるので二人は素直に訓練を止め、水場へと駆けて行った。

 そんな二人を目で追いながら家に入り、作業場(暖炉の前がオレ用の作業場だ)から今内職しているものを一式持って外の臨時作業場へと移した。

 内職にもいろいろあるが、一番実入りが良く、内職しているヤツらとかぶらないものが冒険者相手のものだ。

 だからと言って剣や槍、防具類を作っている訳じゃねぇ。いや、そんな専門知識や技術が必要なものじゃなく、素人──とまでは言わないが、それらを作る技術があればちゃんと売れるものを作っているのだ。

 革のバックやベルト、簡単な革靴、探索用の長棒、使い捨ての投げ槍、石矢、鉄の矢、狩り用の小型弓、斧の柄、練習用の木剣、木槍と、いろいろ作っている。

 まあ、昔(前世)から木を切ったり削ったりと木工作業は好きだったし、力と結界があるので機織り機の部品を作ることだって余裕である。実際、二台分は作って山の女衆にやって毛長山羊の毛でいろいろ作ってもらっている。

 いろいろ作っているオレではあるが、ここ最近の内職は、投げナイフ作りだ。

 投げナイフは武器屋でも売っているし、鍛冶屋の領分だが、この世界の投げナイフの種類が余りにも少ない。だいたいにしてナイフを投げる冒険者が少ない。なんせ、実力社会の冒険者。魔力球や魔力矢も出せないヤツは駆け出しと見られる。

 なら、そんな駆け出しに売れば良いじゃない。もともと投げナイフなんて牽制や不意打ちに使っているにすぎない。腕のある冒険者や中級の魔物には大した効果もないのだから。

 だからと言って投げナイフをバカにしたら痛い目にあうよ。いろいろな種類を作れば隠し武器にもなるし、毒を塗ればオークでも殺せるんだからな。

 まあ、その有用性と認知度はまだまだ低いが、この村にくる冒険者にはウケは良い。ちょっとずつだが、口コミで広がりは見せている。なによりオレの作る投げナイフは安いときてる。なんたって土魔法で砂鉄を集めて結合するだけ。実に簡単である。練習用に石のナイフは十本で小銅貨三枚。約三百円と更に安い。

 大ヒット、とまでは行かないまでも、そこそこ売れる自信はある。有用性がわかれば他が真似するが、オレは別に構わない。元々内職の一つだし、自分で使えば良いだけ。オレが本気で投げれば竜の鱗すら砕く(だけね)。なんの問題ナッシング、である。

「今日はクナイ型のを作るとするか」

 砂鉄の入った箱に右手を突っ込み、クナイの型をイメージして砂鉄を結合する。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ