挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

118/988

118 君に問う

はい、思い付いたままに書いたバカです。
「ったく。いつまでやってんだよ。皆待ってんぞ!」

 サプルの工房で悩むあんちゃんを怒鳴り付けた。

 なんだか続きのように感じるかもしれねーが、アレ(どれだよ! との突っ込みはノーサンキューで)から丸一日は過ぎている。

 朝の仕事を終え、朝食の時間になってもやってこねーあんちゃんを捜しに出れば、サプルの工房であーだこーだと悩むあんちゃんがいたのだ。

「なにも今日中に決めなくてもイイだろうが。これから何回も行き来すんだからよ」

「いや、そうなんだが、そうなんだけどよ……やっぱ、これだけの良品を見ると商人魂がこう、くるんだよ……」

 わかるだろう的な目で見られてもわかんねーよ。オレは村人。なんちゃって商人なんだからよ。

「持ってくもんはもう積んであんだ、今度にしろ。ほれ、朝食にするぞ」

 あんちゃんの襟首をつかみ、問答無用で連行する。

 皆で楽しくて美味しい朝食を頂き、しぶるあんちゃんを引きずって保存庫へとやってきた。

 荷物は昨日のうち纏めてあるし、空飛ぶ結界台車に載せるなんてものの五分も掛からない。

「んじゃ行くぞ、あんちゃん」

「お、おう……」

 何度か乗せてるのに、まだ慣れないのかへっぴり腰で荷物にしがみつくあんちゃん。嫁さん連れてこなくて正解だな。こんな姿見せたら百年の恋も覚めるぜ。

 あんちゃんの嫁さんが人魚見たいと、行きたいとごねたが、初心者には海辺の生き物はキツいだろう。オレだって巨大フナムシとか初めて見たときは「キャー!」とか叫んじまったもんさ。

 港へと通じる壁を土魔法で解除する。

「あんちゃん。これから結界で塞ぐが、あんちゃんは通れるように設定しておく。だから行きたいときには勝手に行けな。あんちゃんちからも行けるようにしといたからさ」

「悪いな、手間掛けさせて」

「そんな手間じゃねーよ。ただ、馬が怖がるからリヤカーでの移動になるがな」

 臆病な馬にはこの通路はキツいし、海辺の生き物に襲われる可能性もある。あんちゃんには身を守る道具(結界)を渡してあるので肉体的には平気だ。精神的にはわからんがな。

 通路を無言で進み、壁を解除、結界敷設を繰り返し、最後の壁を解除したとたん、なにか白いものが視界を遮った。

 なにがなんだかわからんが、これが初めてと言う訳でもなければ対策は万全にしてある。なので、結界に張り付くなにかに向けてパンチを一発お見舞いする。

 全力全開ではないが、馬くらいなら軽く吹き飛ばせる威力で殴ったので、結構遠く───てか、五十メートル先の海に落ちてしまった。

「……な、なんだ、今の……?」

「フナムシ、ではなかったな」

 肉体的には強くても五感は人並みなんで、なんだったのかはわからない。でも、白かったのはわかった。

 茫然と海を見詰めていたら、海面から女の顔が現れた。それも一つだけではなく、五つも現れた。

 顔だけで判断すれば、皆、十三、四。子と言うよりは娘と言う年齢層だ。

「……なんか、ヤバい目してんな……」

 生気ってもんは感じられねーが、なんか、スゲーヤバげな光を放っていた。

「……お、おい、ベー……」

「心配ねーよ。見た目がイイだけフナムシよりマシだ」

 あのインパクトある姿は軽く兵器だ。寝起きに間近で見たら即死する自信があるね!

 顔を見せる娘らが上半身を現せ、一人、また一人と港に上がってくる。

「………………」

 緊迫した状況なのはわかるが、なぜか地面に崩れ落ちるオレ。

「……いや、そうだけど、そうなんだけどよ、そりゃねーだろう。なんなの、この残念な展開。あんまりだぜ……」

 海から出てきたのは魚人族。人魚族の親戚みたいなもんで、珍しい存在ではない。いるってのはハルヤール将軍やウルさんからも聞いている。

 だが、実際に見たら残念、つーか理不尽? いやまあ、なんでもイイが、この世界の進化論に叫ばずにはいられない。

「ざけんじゃねーぞ、こん畜生がっ!!」

 と。



 ここで君に問う。

 上半身、人。

 下半身、イカ。

 性別、女。

 年齢、十三、四。

 これを一言で表現するならなんと言う?











+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ