挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

114/992

114 晴れ姿させてやれ

仕事場にガンタンクサイズのキャタピラー(クレーン)がある。あんなものを載せるホワイトベース、スゲーと思うのはガンダムの見すぎだろうか……。
「───え、家!? なんで?!」

「朝はなかったのにっ!?」

「まあ、ベーくんだし」

「そうね。ベーなら不思議じゃないわね」

 外からねーちゃんらの声がした。

 テーブルを作る手を止め、上を見る。

 土台と壁は創ったが、屋根は木にするのでまだ造っていないので空が見えるのだ。

 ……もう夕方か。集中するとあっと言う間に時間が過ぎるな……。

 もうちょっとで完成だが、切りの良いところまでやるほど几帳面じゃねーし、途中で止めてもまた同じところから再開できるタイプなのでカンナをその場に置いて外に出た。

 玄関(になる予定)先でねーちゃんらが建設途中の家を眺めていた。

「おかえり、ねーちゃんら。無事でなによりだ」

「ただいま。ふふ。帰りを出迎えてもらえるのも悪いものじゃないわね」

 魔術師系ねーちゃんが朗らかに笑いながら言った。

「男はねーちゃんみたいな美人に迎えられる方を望むがな」

 クセのあるねーちゃんらだが、見た目だけならイイからな。

「ハハ! 十才のクセに生意気なこと言ってー!」

 バンバンと容赦なくオレの背中を叩く魔術師系ねーちゃん。あと、なんでアリテラがオレの頭をチョップしてんだよ。まあ、痛くはねーがさ。

「ベー、客か?」

 と、真っ先に完成させた寝室をメイキングさせていたあんちゃんと嫁さんが出てきた。

「おう。さっき言ってた冒険者のねーちゃんらだよ。こっちは行商人の───じゃなくて、元行商人のあんちゃんだ。横にいんのは嫁さんな」

 と、軽く紹介する。

「ほんと、お前は雑な紹介するよな~。名前を言えよ」

「双方初対面なんだ、そんなもんでイイだろう」

 しばらく顔を見合わすんだ、徐々にでイイじゃねーか。

「ったく。どうせお前のことだから"ねーちゃん"で統一してんだろう」

「通じんだから構わんだろう」

 しゃべるときはそのねーちゃんを見て言ってんだ、ねーちゃんで十分だろう。

「……あ、あたし、ねーちゃんで認識されてたの……」

「なんだい、おばちゃん────」

 四方向からチョップを食らった。やっぱ、ねーちゃんでイイんじゃねーかよ。

「ハハ。お前は相変わらずだな。もうちょっと女心を理解しねーと……いえ、なんでもありませんデス……」

 嫁さんのエエ笑顔から逃れるあんちゃん。もう尻に敷かれてんのかよ。情けねーなー。

「初めまして。アバールの妻でサラニラと申します。お見知りおきください」

「あ、わたしらは『闇夜の光』で、リーダーのトコラです」

「あたし、バーニス」

「わたしは、サライラ。見ての通り、魔術師よ」

「……アリテラ……」

 いつの間にかフードを被ったアリテラさん。あなた、人見知りだったの?

「にしても、こんなところであの『殺戮の乙女ら』に会えるとはな。いや、ここだからか。さすがベーの周りにはスゲーのが集まるよな」

 ……殺戮の乙女ら……?

「や、止めてください。あれは……なんと言うか、たまたまで、偶然が重なって……」

「まあ、イイじゃないの。異名があるのは実力があるってことなんだからさ」

「そうね。異名があるお陰でバカどもが寄ってこないんだからさ」

「なあ、あんちゃん。ねーちゃんらって有名なのか?」

「超有名だ。隣の国で起きたゴブリンの大襲来を僅か百人の冒険者が防いだって話、前にしただろう」

 ああ、そー言やぁそんなこと聞いたな。

「そんときリーダー的な立場で、四人で千匹以上も葬ったことから殺戮の乙女らって渾名が付いたんだよ」

「へ~。そりゃスゲーな。そんな有名人が村を守ってくれてんなんて贅沢なこった」

 なら報酬を値上げしねーとなんねーな。

「あんちゃーん! 夕食ができたよー!」

 おっと。今日はあんちゃんらの披露宴を兼ねて早く夕食にするんだった。

「ねーちゃんら、今日は一緒に食おうぜ。あんちゃんと嫁さんの披露宴をやんだよ。一緒に祝ってやってくれよ」

「お、おい、ベー!?」

「あんちゃんのことだからどーせ結婚式もやってねーんだろう。一生に一度───になるかはあんちゃんの甲斐性次第だが、嫁さんに晴れ姿させてやれ。まあ、うちに花嫁衣装がある訳じゃねーが、ブーケとそれらしいのは知り合いに頼んであっから着せてやれや」

「……ワリー……」

「気にすんな。オレとあんちゃんの仲じゃねーか。ほら、行こうぜ」

 照れる二人を連れて家へと向かった。











+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ