挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

110/992

110 小賢者

「さっそくだが、領主に陳情書を書いてくれねーか」

「は? なんだ突然?」

 まあ、確かに突然だったな。

「ワリー。はしょり過ぎたな。親玉のことはオレの方でなんとかするが、あくまでも村は関係ねーことにしてー。だから領主に最近魔物の出現が多いから調べて欲しいと陳情してくれ」

「いや、さっぱりわからん! それとこれがどう繋がるんだ!」

「陳情書は、将来このことがバレたとき、なぜ報告しなかったの責めを回避するためのものだ。ここでなんの報告もしなかったら親玉と村の関係を決め付けられ、見せしめに殺されるかもしれねーし、うちのアホ領主に責任を押し付けられるかもしらねー。そうならねーための布石だ」

 報告はちゃんとしておくのが責任回避の基本だ。

「だが、あの領主のことだ、そんなもの知らんと惚けるんじゃないか?」

「ああ、そうだな。なんで、冒険者ギルドにも村を護衛する依頼を出してくれ。C以上の冒険者を応募。一日大銅貨五枚。護衛期間は要相談。村の専属になってくれるなら住む場所は村で提供。負傷した場合は村の薬師が診てくれますってな」

「くる訳なかろうがっ!」

「だろうな」

 C級以上の冒険者なら一日銀貨四枚は必至だし、護衛期間要相談なんてあいまいどころか怪しい過ぎて見なかったことにするだろう。ましてや村の専属なんて損でしかねー。いくら住む場所や薬師の援助はあっても普通に依頼を受けていれば十分に稼げるだろう。

「なら、なぜ?!」

「領主が惚けようが握り潰そうが、冒険者ギルドの情報までは手は出せねーし、出したら冒険者ギルドを敵に回す。ちゃんと陳情書を送ったことを証明するもんだ。だから依頼を受けてもらわなくても構わんし、仮に受けてくれるヤツがいるならガンバって村を守ってもらうまでだ」

 もしクズ野郎がきたのならエリナに美味しく頂いてもらえばイイし、物好きなバカがきたら丁重にもてなせばイイだけだ。

「低すぎず高すぎもしない。村で出せる精一杯の報酬。切羽詰まってる感じだろう?」

「……ま、まあ、そりゃそうだが、そんなに上手く行くものなのか?」

「それだけじゃあ、ダメだろうな。だから、他の街でも依頼を出すし、小細工はする。あくまでもこれは、領主のアホが村に手を出させねーためのもんだ。領主の方は別の手を打つさ」

 困ったときの友達頼み。力とコネは最大限に利用しましょうだ。

「他の街へ依頼はオレが行くよ。そろそろルククが遊びにくるからな」

 ここから王都まで十日くらいの距離(一日二十五キロから三十キロ歩いての場合)もルククに掛かれば三時間くらい。竜、ハンパねーぜ。

「なんでしばらくしたら伐り場を解禁してくれ」

「わかった。五日くらいで良いか?」

「ああ、それでイイよ」

 山部落と薪置き場の残量からして十日は持つ。まだ初夏前だから十分取り返しはつくだろう。さすが村長。良く見てるぜ。

「行くのはいつになるかはわかんねーが、そんときは薪の納めは後にしてもらうぞ。泊まりではねーが、朝早く、数回に分けて行くからよ」

 いろいろ回りてーところもあるしな。

「お前から十分過ぎるくらいの薪は納めてもらってるし、薬代の払いが溜まっておる。気にせんでも良いわ」

「ありがとよ」

 別に礼を言う必要もねーんだが、まあ、より良い立場を構築するための手段。小さいことの積み重ねが大事なのだ。

「んじゃ、なんかあったらまたくるよ」

「なるべくこまめに下りてきてくれよ。小賢者どの」

 ったく。恥ずかしいからやめてけれ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ