挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

104/992

104 行商人のあんちゃん

「おう、ねーちゃんら、おはよーさん」

 家畜小屋の掃除を終えて外に出ると、完全装備姿のねーちゃんらがいた。

「おはよう、ベーくん」

 騎士系ねーちゃんが代表して挨拶を返してくれた。他は笑顔と手をあげて応えてくれた。

「今日はどこ行くんだい?」

 昨日、エリナんところから帰る途中、ねーちゃんらには続けて村の周辺調査をお願いしたのだ。

「昼前まで北進んだら大きく西回りで帰ってくるわ」

「そーか。ねーちゃんらには不要だろうが、油断すんなよ。オークの部隊が一隊とは限らねーからな」

 オークの部隊がアルマランからきたことや魔王級の配下なのも言ってある。

「ええ。十分気を付けるわ」

 まあ、騎士系ねーちゃんは、無謀とは無縁っぽいし、斥候系ねーちゃんは探索能力が高い。魔術師系ねーちゃんは多彩な魔術を使える。アリテラは万能系であらゆる状況に対応できる───と、それぞれが評していた。

 年は若いが、経験は豊富で修羅場も何度か経験してるとか。B級になるどころかА級になるのも時間の問題だろうよ。ま、オレの適当な読みだがな。

「じゃあ、行ってくるわ」

「無事帰ってこいよ」

 山を下りて行くねーちゃんらをしばらく見送り、朝食を取るために家へと戻った。

 サプルの旨い料理を堪能した後、薪を集落に持って行くため荷車へと積み込む。

 まだ深刻な薪不足にはなってなねーし、魔物による被害は出てねーが、いつ解決するともわからねー日々を送ると言うのは、結構精神的にくるもんだ。山の部落での伐採自粛も村には広まっていることだろう。日が経つに連れ、薪がなくなって行けば更に人々の不安を掻き立てる。ちょっとのことだが、この時代は死が直ぐ側にある。まあ、それはしょうがねーんだが、死の恐怖でなにをするかわからねーのが一番の問題であり、なったら対処できねーのが怖いのだ。

 そうならねーためにも薪を減らすことはできねーし、ねーちゃんを休ませることはできねー。いつもの生活を送らせることが村を守ることなのだ。

 つっても、オレ一人の力では限界があるが、やらねー努力よりやる努力。村が大事なら頑張れ、だ。

 薪の積み込みが終わり、リファエルを連れてこようと隣んちの牧草地に行こうとしたら、下から見慣れた荷馬車と見慣れぬ荷馬車が上がってくるのが見えた。

 見慣れた荷馬車の御者席には行商人のあんちゃんと、あんちゃんと同じ年齢(二十五才くらい)の上品な旅用の服を纏った白銀の髪を持つねーちゃんが横に座っていた。

 見慣れぬ荷馬車には、あんちゃんより年下で、十八、九の、なんだかあんちゃんによく似た白に近い灰色の髪を持つあんちゃんだった。ちなみに行商人のあんちゃんは濃い灰色の髪だ。

 しばらくして二台が我が家へと到着する。

 一応的に我が家の周りには柵が立ててあるが、隣との境なんてあってないようなもの。いや、ねーと断言してもイイくらいなので、あんちゃんも適当に荷馬車を停め、馬を牧草地に放した。

「無事到着ご苦労さん。道中は順調だったかい?」

「ああ、お陰さんで盗賊にも魔物にも会わなかったよ」

 いつの間にかオレたちの挨拶になった言葉を交わした。

「昨日は悪かったな。ちょっと出掛けてたもんでよ」

「構わんさ。いつくるなんて言ってないんだからな」

 商人とは思えねー口調だが、売り手と買い手と言うよりは取引相手と言った方がしっくりくる関係であり、一番仲の良い友達って感じの間柄だ。

「まあ、なんにせよ、よくきたな」

「ああ。世話になるよ」

 いつものように拳と拳をぶつけあって再会を歓びあった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ