挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

103/992

103 ゆっくり休みてー

ベーくんは前世で結婚を約束した彼女がいましたが、車にひかれて死んでしまいました──と言う設定。
車にひかれる、か。神様の失敗(?)でないことを祈ります。

「え? 帰っちゃうの?」

 さて帰るかと言ったら、斥候系ねーちゃんからの突っ込みが入った。

「なんかまずいのか?」

 意味がわからず首を傾げると、なにやら戸惑いの顔を見せる斥候系ねーちゃん。

「あ、いや、これからってときに帰るとか言っちゃうからさ……」

 ああ、なるほどね。

「武具も罠も策も渡した。あとは、エリナたちで十分だろう」

「で、でも、ベーも行った方が早いんじゃ……」

「かもな。けど、そこまではやってられんよ。まあ、散々手を出しておいて今更だが、これはエリナたちの問題。エリナたちが解決しなくちゃならねーもんだ。それに、オレは正義の味方でもなけりゃあ、勇者でもねー。たんなる村人だ」

「説得力ないけどね」

 魔術師系ねーちゃんがポロと溢す。

「別に他人に認めてもらおうとは思わねーし、わかってもらえなくても構わねー。ましてや自分の行動に制限を掛ける気もねー。オレは反省しても後悔する人生はしねーって決めたんだ。だからこれは村人でいることは自分自身への誓いであり宣言だ。村人以外になるつもりはねーってな」

 もう前世のように腐るのは嫌だ。生きることに失望したくねー。好きなことを好きと言える人生にしてーし、バカなことをバカになるくらいやりてーよ。できるかわかんねーが、今世じゃ結婚もしてー。子供を育ててー。好きな相手とケンカしたりいちゃついたり、おしゃべりしたり、肩を並べてお茶飲んだり、いろいろやりてーよ。

「……オレが一番に守るべき場所は、オレがオレでいられるあの村だ。だから、村での生活を疎かにするつもりはねーし、邪魔されるつもりもねー。村を襲おうってんならオレが相手だ。チリ一つ残さねーくらい殲滅してやんよ」

 例えそれが魔王だろうが国だろうが関係ねー。全力で潰してやるさ。

「自分の居場所くらい自分で守れ。ここは自分の居場所だと叫んでみろ。オレに、そんなカッコいいヤツと友達になれたと自慢させろや!」

 つうか恥ずかしいわ! なに言ってんだ、オレは!

 皆の視線から逃げるようにダンジョンから逃げ出した。

 が、その前にダンジョンの周りを結界で囲み、指定した者以外、侵入できないようにする。

 終わるとそのまま村へと帰った。

 家に着く頃には陽が傾き、オカンやサプルは外の仕事を終わらせ、夕食の準備に取り掛かっていた。

「あんちゃん!」

「ベー!」

 心配していただろう二人に笑顔を見せた。

「遅くなってワリーな。無事帰ってきたぜ。もちろんトータもな」

 オレの背中で気持ち良さそうに眠るトータを見せてやった。

「オカン。トータを頼むよ」

「ああ、わかったよ」

 天然でごーいんぐまいうぇいなオカンだが、母親は母親。大切な子供が無事帰ってきたのだ、思いっきり抱かしてやるのが子供の役目ってもんだ。

「サプルにも心配させて悪かったな」

 純真そうに見えてサプルはうちで一番のアイアンハートを持つ女であるが、決して冷血な訳ではない。それどころか縁の下の力持ち的な優しくてイイ女である。そこをちゃんと理解し、感謝し、大切にして接してこそ、兄としての役目が立つってもんだ。

「うん。大丈夫だよ。直ぐに夕食作るね」

 笑顔を見せて料理を再開させた。

 ほんと、エエ妹や……。

「あ、そーだあんちゃん。お昼に行商人のあんちゃんがきたよ」

「お? もうきたのか。もうちょっと先だと思ってたんだがな」

 まあ、いついつくるとは約束してねーが、なんとなくくる日はわかるのだ。

「うん。本が早く手に入ったんだって。あと、あんちゃんに話があるから早目にきたってさ」

 港のことか?

「あ、そー言やぁ、あんちゃんの泊まるとこ考えてなかったな」

 いろいろありすぎて忘れてたわ。

「だから今日はバンナさんに泊まるって。明日の朝くるって言ってた」

 バンナさんとは、村で唯一の宿屋の女将さんだ。

「そーか。なら、なんとかなるな」

 半日もあれば簡易的な家は造れるし、食事や風呂はうちでやってたから問題はねーしな。

「あんちゃんに、ねーちゃんらを紹介しねーとな」

 まあ、それも明日でいっか。今日はゆっくり休みてーよ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ