挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

102/990

102 魔王は意外と近くにいたりする

「えー」

 思わずそんな声を出してしまった。

 珍妙どもを受け入れはしたが、これはいくらなんでもねーだろう。あそこを譲れねーのならコレも譲んなよな……。

「おや、客人でしたか。これは申し訳ない」

 白い毛の犬耳とフサフサなしっぽを生やしたナイスなミドルさんが深々と頭を下げた。オレたちを認識したと同時に出した凶悪そうな爪も。あ、ちなみに甚平姿です。

「どうしたの、ベー?」

 戦闘態勢のアリテラがナイスなミドルさんを睨んだまま尋ねてきたが、納得できねーオレには反応することができなかった。

「なんだよ、アレは? 邪道じゃねーか!」

 思わず横にいるエリナに文句を言ってしまった。なにやってんのオレ?!

「拙者、犬が苦手でござる」

「んじゃやんなよっ!」

 アホか! いや、アホだけど、意味わからんわ!

「イチ蔵どの。早いお帰りでござったな?」

 クソ。おしぃー! とも突っ込めねー名前だな、こん畜生が!

「はい。オークの群れを発見したもので急いで報告に戻りました」

 オークだと? そー言やぁ、この珍妙どもにオークはいねーな。いやまあ、オークのイケメンなんて想像したくねーがな。あ、獣人タイプか? ねーわ、それ。誰も得しねーよ。

「ま、まさか、あのオークどもでござるか!?」

 ん? 知り合いか?

「はい。臭いからしてあいつらです」

「なんだ、敵か?」

 その慌てぶりからして仲の良い関係ではなさそーだ。

「そうでござる。ストーカーでござる! 気持ち悪いエロブタでござるよっ!」

 あー、うん。ちょっと待ってね。今、頭と心の整理をするからさぁ。

 ………。

 ………。

 ………。

 はい、整理できました。続きをどーぞ。

「風の勇者にやられて各地をさ迷っているとき、アルマランと呼ばれる地で遭遇したでごさるよ」

 アルマラン、か。確か、この国と隣の国、そして帝国に重なる魔境だったっけ? とにかく広くて多種多様な魔物や下位の竜が生息するとかなんとかと聞いたよーな気がする。

「悔しいでごさるが、あのエロブタは、オークキングでアルマランの一角を支配する魔王級のブタでござるよ」

 なんつーか、魔王とか身近にいんだな。びっくりだよ。

「なんでそんなブタがエリナを狙うんだ? 領土問題か?」

 エリナや珍妙どももそれなりの力を持っている。ましてやエリナはダンジョンマスター。魔王とも言えなくないだろう。

「あのエロブタ、拙者の体を狙ってるでごさる」

 はぁ?

「……ワ、ワリー。意味がさっぱりなんだが……?」

 お前食うと不老不死にでもなんのか?

「ベーさま。マスターの肉体は豊満ですから……」

 言われて納得。確かにエリナの体はこの世界ではあり得ねーくらいエロわ。そりゃ、性欲が七割を占めると言われるオークがほっとかんわな……。

「───ふげっ!」

 と、またアリテラに頭をチョップされた。ほんと、なんなのちみはっ!?

 抗議の目を向けるが、なんかもエエ笑顔に負けて視線をずらしてしまった。

「ガンバレ」

「ガンバレ」

「ガンバレ」

 だからその股間がキュッとする応援はヤメろーっての!

「……ヴィ、ヴィどの、助けてくだされござる。あいつら、強いのでござるよ……」

「そうなのか?」

 と、バンベルに問う。

「はい。兵士級一個小隊ならリックスでも太刀打ちでなるのですが、奴らの部隊は皆上等兵士級で魔術を使用します。それに最低でも二十匹編制の中隊で行動しますのでバリアルでも勝てません」

 そりゃ確かに結構なヤツらだな。

「ん? オーク、ね」

 今、ちょっと閃いちゃったよ。

「エリナの方の戦力はどれくらいだ?」

「リックス率いるゴブリン部隊、四十。バリアル率いる部隊、五。チャーニー率いる偵察部隊、六。防衛としてわたしとイチ蔵どのが控えております

 少ねーな、おい。そりゃオレでも助けを求めるわ……。

「オレが武具と捕獲用の罠をやる。そいつら生け捕れ。絶対に殺すなよ」

 武器庫と連結し、中から武具を取り出した。

「ワリー、ねーちゃんら。こいつらに使い方を教えてくれ。おい、イン子。お前には罠の使い方を教える。上手くブタどもを捕獲しろ」

 マンションの扉の陰からこちらを見るイン子に言った。

「イン子じゃないモン! チャーニーだモン!」

「あーはいはい。チャーハンな。わかったからこっちこい。お前の働き次第でエリナの運命が決まんだからよ」

「チャーニーどの。お願いでごさる」

「ブー。マスターのお願いならしょうがないの」

 さすが部下製作能力。ハンパないわー。

 まあ、とにかくこの閃きはイン子に掛かっている。上手く捕まえてくれよ。ケッケッケ。

「……ベーが一番の魔王よね……」

 村人ですってばっ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ