挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/990

1 オレ転生

 まあなんだ。アレだ。

 いわゆる神様失敗。オレ転生、ってことらしい。

 ……あっさりしてるね。

 死んじまったもんはしゃーねーだろう。それとも生き返れんのか?

 ……無理だね。

 じゃあやっぱりしゃーねーだろうが。

 ……理不尽だと怒らないの?

 四十も半ば、派遣社員の独身男。貯金は多少はあるが、これと言った夢もなければ将来の展望もない。病死で孤独死決定のそんな人生なんだ、死ぬのが早まったくらいで理不尽なんて言えねーよ。

 事故で死んだんなら葬式出してもらえるしな、ありがたいくらいだ。

 心残りと言えば両親くらいだが、両親は元気だし、面倒は兄貴たちが見てる。孫にひ孫と大勢いる。オレが死んだところで支障はないだろう。

 ……子は子。まっとうな親なら悲しむもんだよ。

 そう言われちっまったらなんにも言えねーが、まあ、あのまま生きても親不孝な子供だったんだ、今更だ。

 良いこともあったし、悪いこともあった。大きな波乱もなく並みの人生を送れたんだ、オレはそれで充分さ。

 ……そうかい。君がそれて良いのならこれ以上はなにもいわないよ。

 まあ、そーゆーこった。

 ……君が充分な人生だったとは言え、君の死はこちらの過失。お詫びをしなくちゃね。

 律儀な神様だな。バスが横転して乗客が死ぬだなんてありそうな事故で片付けられるだろうに。

 若いヤツらにしたら気の毒なことだが、人間、死ぬときは死ぬ。非業の死なんて珍しくもない。諦めて来世を謳歌しろよ。

 ……輪廻転生は誰にでも適応する訳じゃないけどね。

 そーなんか? 

 ……まあ、それはそれとして、君には輪廻転生が可能であり来世は違う世界に生まれることになる。

 オレに決定権はないんだ、勝手にしてくれ。

 ……君には、いや、君らにはお詫びとして三つの力を与えよう。なにがいいかな?

 三つの力、ね。なんか魔神みてーだな。良いのか、そんなえこひいきして?

 ……構わないよ。この世界の真理はこちらの神が決めること。魂に能力を与えても誰に処罰されることもない。まあ、余りにも強い力だとあちらの神に介入されるかもしれないから、過ぎたる能力は止めておいた方が無難だよ。

 ちなみに転生される世界ってどんな世界なんだ?

 ……よくは知らないけど、地球よりは文明が遅れてて、魔法が浸透している世界らしいね。

 剣と魔法の世界ってか。ゲームかよ。

 ……君らにはそう見えるかも知れないけど、現実世界なのは理解してた方が良いよ。

 まあ、どんな世界だろうと生きるってのは危難苦闘がつきもんだからな、過度な期待はしてねーよ。

 ……それで、どんな能力が欲しいかな?

 そうだな。五トンのものを持っても平気な体と自由自在に操れる結界使用能力。あと土魔法の才能、が良いな。

 ……随分と早い決断だね。

 四十年以上も生きてりゃーこんな力があったらなーって思うことなんて一度や二度じゃねーしな。それに、過ぎた力は災いを呼ぶってゆーし。平々凡々に、悠々自適に、前よりは良い人生にしたいからな、そんなもんだろう。

 勇者になって世界を救うとか、自由気ままに生きるとか、四十年以上生きてたらそんな心意気も萎えるってもんだ。

 ……まあ、人それぞれさ。

 そりゃそうだ。

 他人の生き方にどうこう言えるほど立派な人間でもなけりゃあ、立派な人生でもなかったしな、生きたいように生きれば良いさ。

 ……じゃあ、そろそろ転生させるよ。

 ああ、頼むわ。

 ……では、良き来世を。





+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ