挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

岩と猫

作者:杜々裏戸


 その、誰も知らない海辺には、誰も知らない小さな岩がありました。
 小さな岩の横には、やっぱり誰も知らない、小さな猫が住んでいます。

 岩と猫がであったのは、ある春の日のことでした。
 あたたかいお日様に照らされて、ぽかぽかとした岩の上に、一匹の猫が寝転んだのです。

 とてもとても年を取った猫でしたが、とてもとても元気な猫でした。
 ひとつだけ、ぽつんと取り残されたように、周りにだあれもいない海辺。
 寂しかった岩が、猫に話しかけたのです。

 猫さん、猫さん、そこは気持ちがいいかしら。
 僕はずっとお日様に照らされているけれど、自分のことはよく分からないんだ。

 すると猫さんはいいました。

 岩さん、ここはとても心地が良いよ。
 お日様のぬくもりが、お前さんのぬくもりみたいだね。

 それから岩と小さな猫は、とても仲良しになりました。



 猫は天気のいい日にやってきて、ぬくぬくと岩の上に寝転びました。
 岩はそれが楽しくて、嬉しくて、精一杯お日様のぬくもりを集めようと思いました。

 ひとりぼっちの岩は、年取った猫がひとりぼっちだと知りました。
 ひとりぼっちの猫は、ひとりぼっちの岩が毎日とても寂しかったのだと知りました。
 なぜかって? 猫もまた、とても寂しかったからです。
 年老いた野良猫は、人に飼ってもらうことも出来ずに、ひとりぼっちで生きてきたからです。

 猫はとてもとても元気だったけれど、とてもとても長生きでした。
 たくさんいた仲間たちはとっくにみんな死んでしまって、新しい猫たちとは、なんだか仲良くなれません。
 町を離れてひとりぼっちが平気になれるように、そんな場所を探していたとき、ふたりは出会うことが出来たのです。



 春。
 波に泳ぐ花びらが、いい香りを運んできます。

 夏。
 鳥たちが騒ぎたて、海がひときわ青く染まります。

 秋。
 枯葉の茶色い絨毯が、風に乗って飛んできました。

 冬。
 真っ白な、真綿のような雪が、花びらのように空から降りました。



 ふたりは話すときもありましたし、ただ黙って、一緒にいることもありました。
 話すときにはたくさん話しました。

 最初に口を開くのは岩です。

 ねえ猫さん、猫さんはどこからきたの?

 猫は答えます。

 そうだねえ、いろんな生き物がいて、レンガで出来た家の、たくさん建っているところさ。

 岩は聞きます。

 いろんな生き物って、どんな生き物なの?
 レンガって、家ってどんなものなの?

 猫は辛抱強く、いろいろなことを岩に話して聞かせました。
 たくさんの猫のこと、ねずみのこと、犬のこと。
 人という生き物がいて、レンガという色のついた石のようなもので、立派な建物を建てること。



 そんな日々が、どれだけ続いたことでしょうか。
 ある寒い冬、空からちらちらと雪が降り始めました。

 ねえ猫さん、寒くないかい?

 岩が心配そうにたずねます。
 前に猫に雪のことを教えてもらったとき、雪が降るのはとても寒い日だと聞いたからです。
 岩の上に寝転がって、猫は小さくのどを鳴らします。

 なあに、寒くなんてないさ。お前が暖かいからね。

 猫の言葉に、岩はほっとしたように笑いました。
 そんな岩の、楽しそうな声を聞きながら、猫はゆっくりと目を瞑ります。

 ねえ猫さん、雪ってとてもきれいだねえ。

 岩の言葉に、猫は優しく笑います。

 そうだねえ、花のようだねえ。でも私は、お前のほうがずっときれいだと思うよ。

 おかしな猫さん。僕はちっともきれいじゃないよ。
 冷たくて、ごつごつして、こんなに地味な灰色だもの。

 いいや、きれいだとも。
 そういって、猫は丸めた手の先で、そっと岩をなでました。

 ああ、お前は本当にきれいだね。
 こんなところでひとりぼっちなのに、私みたいな年寄りに、こんなに優しくしてくれる。

 ひょっとしたら、お前をこんなところにおいたのは、かみさまの計らいかもしれないね。
 行き場のない年寄り猫を哀れんだ、かみさまからのおくりものかもしれないよ。

 小さく呟いた猫は、そういってそっと目を瞑りました。
 きれいな雪が、猫の上に花畑のように広がります。

 ねえ猫さん、寝てしまったの?

 岩がたずねても、猫は何も答えません。
 岩は小さく微笑んで、花びらのような雪を見ました。

 猫さん、起きたらまた、いろんなお話をしようね。
 僕の知らないことを、もっとたくさん教えてね。
 ねえ、猫さん……。

 雪の粒が、白い小さな花束のように、ふたりの上に降り積もります。


読んで頂き有難うございました!
少しでも気に入って頂ける作品になっておりましたら幸いです。

ご意見・ご感想・誤字脱字指摘・批判・アドバイス・リクエスト等ございましたら、どんなものでも大歓迎です!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ