挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

脳内パンク寸前

作者:朝比奈和咲
 安月給社会人でド近眼な25歳の私。折り込みチラシで知った超格安な近眼手術を受けることにしたのだが、その近眼手術の説明がありえないものだった。病院の女医さん曰く「意識を仮想世界に飛ばしてその間に眼球を手術する」とかなんとか。説明不足なまま私は仮想世界に飛ばされ、気が付いたら地平線まで続くアスファルトの一本道、広い草原、青空、そして空に浮かぶ気球。私はそのアスファルトの道を気球に向かって歩いて行くことにした。そして一匹の蝶に出会って、あの時の記憶が蘇る。私が少年だった時のあの時の思い出は、忘れたいのに今でもそれは消えずに心に残っていた。
 私はいったい、どうなってしまうのだろう?
1 ~プロローグ~
2011/09/03 19:00
2
2011/09/03 19:03
3
2011/09/03 19:04
4
2011/09/03 19:04
5
2011/09/03 19:05
6
2011/09/03 19:05
7
2011/09/03 19:05
8
2011/09/03 19:06
9
2011/09/03 19:07
10
2011/09/03 19:07
11
2011/09/03 19:07
12
2011/09/03 19:08
13
2011/09/03 19:08
14
2011/09/03 19:09
15
2011/09/03 19:09
16
2011/09/03 19:09
17
2011/09/03 19:10
End……??
2011/09/03 19:12
空想科学祭2011
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ