挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
カンナのカンナ 異端召喚者はシナリオブレイカー 作者:ナカノムラアヤスケ

第七の部 望まれぬ再会

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

77/193

現段階のカンナのあれこれ。

精霊術と、彼自身に関して現段階で判明している点に付いての説明です。

精霊術に関して

・精霊術は世界に存在する「自我無き意思」である精霊に呼びかけて現象を起こす術である。
・魔力ではなく純粋な精神力を消費して発動する。
・魔力で「擬似的な現象」を起こすのとは違い「現象そのもの」を引き起こす。
・複雑な「術式」を用いず、術士の「イメージ」次第で自由度の広い現象を起こす事ができる。(ただし、発動した現象と術士の精神が直結しているため、意図せぬ精霊術の崩壊は術士の精神に多大な負荷を掛ける)
・習得した精霊の属性に関しては応用が利くが、それ以外の属性は新たにその属性の「理」に触れる必要がある。また、司る属性の影響かにある現象は、その精霊の加護がある限りある程度物理法則を無視できる。
・「理」に触れると、その属性に対する強い耐性を得る。

カンナに関して

・巨乳好き。
・長耳も好き(new)。
・ケモフサも好き。
・先天性の才能はほとんど皆無。
・現段階での身体能力は、色々と苦労した結果である。
・魔力は完全に「零」ではあるが、異世界に来て魔力に触れた結果、それに関しての鋭い探知能力を得る。同時に、気配や感情の機微に非常に敏感になった。
・なんだかんだで根っこはお人好し。
・ラスボスの部屋手前に来たら、戦闘が始まる前に扉の向こうから最大火力をぶっ放すタイプ。
・シリアスブレイカーの気配がある。
・そして巨乳好き・

以下はちょっとだけネタバレ要素含むので、嫌な方は下にスクロールしないでください。























ネタバレ上等の機密情報


・精霊術を習得するには各属性の精霊が司る「理」に触れる必要があり、「それ」さえ耐え切れれば「誰にでも習得が可能」である。









2b033sz24qfs3rzs1dukhsidk3qx_107l_15t_1pt_1j8s3.jpg
『カンナのカンナ 間違いで召喚された俺の偽勇者伝説』七月十日より発売中です!
このラノ文庫編集部ブログへのリンクはこちら!


小説家になろう 勝手にランキング cont_access.php?citi_cont_id=331043948&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ