挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
カンナのカンナ 異端召喚者はシナリオブレイカー 作者:ナカノムラアヤスケ

第十の部 真実の一端

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

181/197

第百六十九話 ちっぱいにも需要はあるが少なくとも俺に需要はない


 俺が真摯な態度で宣言すると、レアルは溜息をついてから改めて口を開いた。

「真面目な話をすれば、もしかしたらエルダフォスにいる間は君に相当な負担を掛けることになるかも知れん」
「また何でさ?」

 ──もしかして、エルフの女性って貧乳ちっぱいばかりだから、おっぱい成分が不足するからか?

 と、心の片隅でちらりと考えたが、レアルが魔力をちらりと漏らしたのでそうではないと分かった。

 ……だからなぜ考えていることが分かるんだよ。

「エルダフォスに住むエルフの気位の高さはある意味で竜人族の上を行く」
「微妙な言い回しだな……」
「ドラグニルには様々な種族の人間が住んでいる。その為か、竜人族の多くは他の種族に対しても寛大であるし、種族ゆえの個体差というのにも理解がある」

 俺はドラグニルの活気に満ちた街並みを思い出した。

「それに、竜人族は確かに己の種族に誇りを持っているが、それ以上に実力主義者が多い。他種族であれ、強き者には敬意を払う。だが……エルダフォスの価値観はその真逆だ」

 ──ディアガルの人間が武を貴ぶのならば、エルダフォスの人間は〝血脈〟を尊ぶ種族。

「エルダフォスの人間エルフにとって、大事なのは先祖代々の血を如何に濃く受け継ぎ、どれほど強い魔力を有しているかだ。そのどちらか──特に血統を有していなければ、いくら武功に優れていようとも彼らは他者を容易には認めん」

 多種族ひしめき合うドラグニルとは違い、エルダフォスに住まう国民の大半がエルフ。加えて、エルダフォスにも貴族階級はあるものの、その全てが純血のエルフに限られていた。

「そういやぁ、ディアガルの貴族は竜人族以外にもいたな」

 ルキスの実家は皇家に次ぐ権力を持つ公爵家だが、あいつ自身は人族であり、その親も同じく人族だ。他にも、ファイマと一緒に招待されたパーティーでも、様々な種族の人間が参加していた。

「割合的には竜人族の貴族が多いとはいえ、それ以外の種族でも何らかの高い功績を挙げ、貴族位を陛下より賜る者もいる。だが、エルダフォスであればまずそれはあり得ない」

 エルダフォスの貴族は何よりも血と魔力を重んずる。

 実力主義のディアガルとはまさしく〝水と油〟だろうな。

「……よくそんな真反対な価値観を持つ奴らと友好関係結べたな、ディアガルおまえら
「友好とは聞こえがいいが、その本質は〝不可侵条約〟だ。思想云々の違いでいくさを続けても、どちらかが滅ぶまで続くからな」
 ならば下手に価値観を擦り合わせるよりも、互いに不干渉を宣言した方がスムーズに事が進むと考えた。両国の間に挟まる険しい道程もあり、状況的にも都合が良いわけだ。

「不可侵とはいえ友好条約だ。完全に不干渉だと色々と不具合が生じてくる。最低限の交流は現在は続いているし、今回の任務もその一環。互いの腹を探る意味でも必要な事だ」

 彩菜の口から企業間でも似たようなやり取りの話を聞いたことはあったが、それが国家規模になると本当に生臭い。だが、思想を完全に共有化できない限りは、このような形になるのか。

「ん? でも、ドラグニルにもエルフとか普通にいたけど?」

 数は他の種族に比べて圧倒的に少なかったが、何度か見かけたことはあった。

「エルダフォスはその住民のほぼ全てがエルフではあるが、全てのエルフがエルダフォスに住んでいるわけではない。私のようにエルダフォスを訪れたこともなく、他の地で生まれ育ったエルフも多くいる。中には、故郷エルダフォスの気風を嫌って出奔する者もいるさ」

 あくまでも、エルダフォスで生まれ育ったエルフが純粋培養なわけか。

「少し話が遠回りになってしまったわけだが、つまりそう言うわけだ。君の場合、人族である上に魔力を持たない。おそらく、純粋なエルダフォス育ちのエルフとカンナとの相性は最悪だ。ただ、残念ながら今の君は──面目上は私の護衛としてここにいる」
「普段の調子で挑発に乗ったら、俺を雇ってるディアガルの体面が悪くなるって事だろ?」
「……申し訳ないが、その通りだ」
「分かったよ。必要に迫られない限りは貝のように口を閉じてる。それで良いだろ?」

 今のレアルほどでは無いが、俺も気が長い方ではない。仲間以外との会話は極力控えた方が無難だろう。

「まったく、どうして誰もそういった話を事前じゃなく、直前に言うかね。特にリーディアルの婆さんはその辺りは分かってただろうに」
「この話をしたら、君が依頼を受けるのを渋ると考えたのだろう」
「うっ……確かに」

 皇帝から『エルダフォスに元の世界に戻る手掛かりがある』と手紙で知らされはしたが、エルフがどんな人種なのかを知らされていたら尻込みしていたかも知れない。いくとしても、後回しにしていた可能性は大きい。

「……さて、そろそろ見えてきたぞ」

 まだ距離があり小さくではあるが、深い森の中にぽっかりと開けた場所があった。よく見れば米粒ほどではあるが人影のようなものも確認できる。

「既に先方は到着してるっぽいな」
「今から着陸態勢に入る。しっかり捕まっていろ」
「了解」

 レアルの言葉に従い、俺は彼女の躯に近寄りその胴に手を回した。
先日、カンナのカンナ第二巻のというコトで書店さん回りをしてきました!
それに伴い、幾つかの書籍にサインを書かせていただきました。

書泉グランデさん
書泉ブックタワーさん
メロンブックス秋葉原店さん

以上3店舗にて、数量限定ですがナカノムラのサイン本が販売中です。
また、各店舗にナカノムラのサイン入り色紙が飾られています。そちらもご覧いただければ嬉しいです。

それ関連のツイッターは以下のアドレスで飛べます。

ナカノムラのツイッター
https://twitter.com/kikoubiayasuke/status/886589038966185985

メロンブックス秋葉原店のツイッター
https://twitter.com/melon_akiba/status/886538512241090560

書泉ブックタワーのツイッター
https://twitter.com/shosen_bt/status/886481653182283776

では引き続き、
『カンナのカンナ 間違いで召喚された俺の偽勇者伝説』は発売中です!
2b033sz24qfs3rzs1dukhsidk3qx_107l_15t_1pt_1j8s3.jpg
『カンナのカンナ 間違いで召喚された俺の偽勇者伝説』七月十日より発売中です!
このラノ文庫編集部ブログへのリンクはこちら!


小説家になろう 勝手にランキング cont_access.php?citi_cont_id=331043948&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ