挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
消滅の楔 作者:倉永さな

【序章】『運命』の相手

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/37

《五》

     § § § § §

 いつから視えるのかは定かではないが、彩名はいわゆる『運命の赤い糸』を視ることが出来た。
 いろんな人の小指の先から糸が伸びているのが視えた時、彩名はよく分からないが泣いて秀道にすがったような気がする。
 視えるのが怖かったわけではない。
 どうして泣いてしまったのか思い出せないのだけど、ひどく悲しかったのだけは覚えている。

 視えることを自覚してから、彩名はいろんな人の指先を見た。
 彩名は視えることに気がついたときにあんなに泣いたのに、落ち着いてしまえば今度は赤い糸を視るのが楽しかった。
 そして赤い糸は、だれの指先からも伸びていた。
 すれ違ったり、触れ合っても、不思議なことに赤い糸は本物の糸のように、もつれたり切れたりすることはなかった。
 複雑に交差して、しかし、たどっていくとだれかに到達できる糸。
 手始めに秀道の小指から伸びている赤い糸をたどってみると、祖母に行き着いた。二人は結ばれるべくして結ばれたと知り、なんだか嬉しくなった。

 そして次に気がついたのは、彩名は他人の赤い糸に触れることが出来るということだった。
 秀道の赤い糸に触れてみると、ほんのりと暖かいような気がした。脈動を感じるというか、なんだか不思議な感触で、だけど重さはまったく感じない。
 赤い糸も生きていると知った。

 そして、たまに赤い糸とは別に、青い糸を見つけることもあった。
 赤い糸は小指と繋がっていたが、青い糸は小指以外のどこかの指から伸びている。
 赤い糸のことについては聞いたことがあったけど、青い糸があるというのは初めて知ったので、それがなにか分からなかった。
 だけどある日、彩名は自分の指先から青い糸が伸びていることに気がついた。
 これはなんだろうと糸をたどっていくと、最近、近所に引っ越してきた男の人の指先と繋がっていたのだ。
 なんだかよく分からないけど、彩名の背筋に怖気が走った。
 これはなんなんだ。
 彩名は恐ろしくなり、自分から伸びている青い糸を思いっきり引っ張り、切り離した。
 ぷつり、という手応えを感じて、それは簡単に切れてしまい、青い糸は宙に霧散した。
 彩名と男の人とを結んでいた青い糸は、なくなった。

 あれはなんだったのだろう。
 彩名は気にしながらも、通常通りに生活を送っていた。
 そして、隣のクラスの女の子の指からあの青い糸が伸びていて、近所の男の人に繋がっていることに気がついた。
 どういうことなのだろうかと注意深く見守っていると、女の子はなぜか、男の人の部屋へと入って行くではないか。
 なにかがおかしい。
 彩名は本能的にそう察して、一人では怖くて、秀道にお願いしてついて来てもらった。
 秀道は首を傾げつつ、しかし、なんだかとても切羽詰まっている彩名になにも言えず、男の人の部屋へとついていった。
 彩名がインターホンを押すと、部屋の中で慌ただしく動く気配がした。
 それからしばらくして、着衣が酷く乱れた男の人が出てきて、そして、彩名は視てしまったのだ。

「いやああああ!」

 と泣き叫ぶ彩名に、秀道は一見すればなんともない室内に視線を向け、そして、気がついてしまった。
 布団の影に猿ぐつわをかまされた、少女がいることに。
 秀道はすぐに警察に連絡をして、男は逮捕された。
 そして彩名は、青い糸の意味を知ってしまったのだ。
 赤い糸は運命の相手、青い糸は……不幸をもたらす相手と繋がっている、と。
 男の指からは何本もの青い糸が伸びていて、それはどれも彩名と年齢が変わらない少女だった。
 そのことを秀道に伝え、秀道がどういう風にそれを処理したのかは知らない。
 男は現在、刑務所に入っているという。
 それから彩名は青い糸を見かける度、さりげなさを装って近寄り、切っている。
 幸せな未来ならともかく、不幸な未来が待ち受けていると知り、彩名はそのまま黙っていられなかった。
 だけどその行為が、大男が言うように運命を変えるようなものだったとすれば……?
 彩名は今の今まで、そんなことを考えたことがなかった。

 彩名はすっかり暗くなった通学路を通り、自宅である寺へと戻った。
 彩名の祖父・秀道は『東青寺』という寺の住職をしている。
 山門をくぐり、真っ直ぐ進めば本堂だが、彩名は右にそれ、裏手へと回った。そこは手前が庫裏、奥が方丈となっていた。
  庫裏というのは台所で、方丈というのは寺に住む僧侶が寝泊まりするところだ。
 東青寺は開発が入る前から存在する数少ない古い建物で、実態に対して、規模の大きな寺だ。それでも、昔は修行をする僧侶が何人もいて賑わっていたようなのだが、町が寂れて行くにつれて、ここも人が減っていった。

「ただいま」
「おかえり。今日は遅かったな。なにかあったな?」

 庫裏に向かうと、秀道は祖母が身につけていた割烹着を着て、夕食の準備をしていた。

「あ、おじいちゃん、ごめんね。遅くなって」
「いや、それはかまわんのだが」

 秀道にすっかり行動が読まれてしまっている彩名は、聞かれることをはぐらかそうとしたが、無理だった。

「また、視えたのか?」
「あ……う、うん」

 予想通りの答えだったようで、秀道は呆れたように息を吐き出した。

「まったく……困った子だ」
「だって! 人が不幸になるってのが分かってるのにっ」
「それも御仏が与えてくれた、試練。我々は残念なことに、不幸を知らなければ、幸せを感じられないのだよ」

 秀道のお得意の説教が始まりそうだったので、彩名は慌てて話を遮った。

「それでねっ、なんか変な人に会った」
「変な人……?」
「うん。なんかものすごく大きな男の人で、髪の毛がもさもさのぼっさぼさで、薄汚れていて……。それでいて、大きな身体にもかかわらず、身軽にぴょいっと屋根に軽々と飛んだんだよ!」

 彩名の説明に、秀道の手が止まった。

「その男……鴉、と名乗っていなかったか?」
「ううん、あ、名前を聞きそびれちゃった。でも、お願いを一つ聞くから助けてって言ったら助けてくれて……でも、後でもらいに来るって」
「なにっ? お願いを聞くと約束したのか?」

 急に秀道の顔色が変わった。

「だって……。今日のはちょっと危なくって……その、わたしの手に負えそうになくって、助けを叫んだら、その人が現れて」

 秀道の険しい表情に、彩名の声は小さくなり、途切れた。

「だって! おじいちゃんを呼びに行ってたら、その人を見失いそうだったし! 実際、すぐに追いかけないとほんと、危なかったんだよ!」

 秀道は手にお玉を持ったまま、彩名をじっと見つめた。
 とうとう、恐れていた日がやってきたようだ。

 彩名の両親……秀道からすれば、娘と義理の息子が亡くなったあの日、覚悟をしておくようにと言われていた。それはもっと後だと思っていたのに、どんな因果か、それが今日だったなんて。

「……今日は、悠香の命日だったな」
「うん……」

 だから早く帰ってくるようにと言われていたのに、すっかり赤い糸に気を取られ、寄り道してしまった。

「おまえに話をしておかないといけないことがあるようだな」

 秀道は味噌汁の温めていたガスを止め、彩名に向き合った。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ