挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
消滅の楔 作者:倉永さな

【終章】それからの東青寺

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/37

《完》

 彩名が普通通りに動けるようになったのは、それから一週間してからだった。
 由良から与えられた力を使い、しかも魂を一時的に身体から抜かれていたのだ。逆に、一週間程度の養生で済んだのは軌跡に近い。
 彩名の身体が元に戻るにつれ、鴉が側にいないと不安になるという気持ちが小さくなっていった。
 だけど鴉は彩名の側にずっといたし、隙あらばとふれあってきた。
 彩名としては別にそれが嫌ではなかったのだが、やはり落ち着かない。
 そうしてようやく学校に通えるとなり、久しぶりに登校して寺に帰ってくると……。
 庫裏から怒鳴り声が聞こえて来た。
 声ですぐにそれが鴉のものだと分かった。
 秀道が相手であれば、そんな怒鳴りあいになる前にさっさと終わってしまうから、違う人物なのだろう。
 だけど鴉が突っかかる相手なんて思いつかなくて、彩名は不思議に思いつつ、庫裏へと入った。

「あら、お帰りなさい」

 そこには、場違いなほどきらきらと輝いている由良がエプロンをして台所に立っていた。黒くて豊かな髪は、今日は一つに結ばれている。

「え……と?」

 どうして由良がここにいて、しかもエプロンをしているのだろう。

「あああ、彩名が帰ってきたじゃないか! いいから早くここから出て行け!」
「嫌よ。鴉が側にいてくれないのなら、アタシが鴉を追いかけるわ」

 そういうなり、由良は鴉に抱きついていた。
 なんだかその光景は激しく美女と野獣だなあ……なんてさすがの彩名も暢気に思えず。
 彩名は気がついたら、鴉の腕を引っ張っていた。

「ちょっと! 鴉になにをするのよ! 嫌がってるじゃない、離しなさいよ!」
「なによ、小娘が」
「ええ、どうせ、乳臭い小娘ですよ! だけど鴉はその乳臭い小娘の方が好きなのよ!」
「なっ! この色気あふれる由良さまよりいいっていうの、鴉!」
「…………」

 女二人に囲まれ、鴉はすでに疲れ切っていた。

「ほら、鴉。あなたのために作ったのよ、食べてちょうだい」

 由良は皿を持ち、その上に真っ黒に焦げたなにかが乗っていた。

「……なに、それ」
「玉子焼き。念のためにと思ってしっかり火を通したの」

 それはどうみても明らかに玉子焼きというより、炭焼きだ。

「ちょっと! そんなもの、鴉が食べたら本当の鴉になっちゃう!」
「なっ、なぬっ?」
「人間の食べ物じゃないわ、そんなの! 玉子焼きってのはね!」

 鴉を掴んでいた腕を離し、彩名は壁に掛けていたエプロンをつけるとさっと台所に立った。
 冷蔵庫から卵を取りだし、手際よく調理していく。
 最初は鼻で笑っていた由良だが、彩名の鮮やかな手さばきに見入っていた。
 それから数分後。
 皿の上には美味しそうな湯気を立てた玉子焼きが乗っていた。

「邪刻のあなたにこの美味しさが分かるかしら?」

 彩名は由良に対して馬鹿にしたように鼻で笑った。

「これくらい……!」

 由良は手を伸ばし、素手で切り分けられた彩名の作った玉子焼きを一切れ手に取り、恐る恐る、口に入れた。

「!」

 由良も何度か、人間の食べ物を口にしたことがあった。だけどなにを食べても砂を噛んでいるようにしか思えず、美味しくなくて食べることを止めた。
 だけどどうしてだろう。
 彩名の作った玉子焼きはとても温かくて、ほんのり塩気がして、卵の自然の甘みもあり、美味しい。

「なに……これ」

 由良の反応を見て、鴉も手を伸ばして玉子焼きを口にした。

「やっぱこれだね。美味しい」
「それなら良かった」

 彩名は食卓の上に玉子焼きの皿を乗せ、エプロンを外そうとしたところ。

「どういうこと? なにこれ」

 由良は口に入れていた玉子焼きをすべて咀嚼して、口を開いた。ぷるぷると身体が震えている。

「鴉、あなた。いつもこんな美味しいものを食べていたの?」
「そうだけど」
「……許せないわ! それ、すべて寄越しなさい!」
「やーだね」

 由良は目をつり上げ、独り占めしようとしていた鴉の手から皿を奪い、玉子焼きを手づかみで食べ始めた。

「あ、由良! 俺にも寄越せ!」
「嫌よ!」

 その光景を見て、彩名は頭を抱えた。

「……なにこれ」

 二人はけんかをしながら玉子焼きを食べ、にっこり笑みを浮かべた。

「お代わり!」

 その声は綺麗にハモっていて、彩名は思わず、遠い目をした。



 二つ目の玉子焼きが出来たタイミングで、なぜか知穂とクラブ活動中のはずの貴之がこぞってやってきた。

「こんにちは。って、あ! 彩名ちゃんの玉子焼き! ちょっと! あたしにも食べさせなさい!」
「んー、なんだ、にぎやかだなあ。お、玉子焼きかあ」

 四人は争うようにして玉子焼きを食べ、またもやにっこりと。

「お代わり!」

 四人の綺麗なハモりに、彩名は頭を抱えた。

「どうなってるのよ、これ」

     § § § § §

 卵がなくなったことでどうにか知穂と貴之を追い返した彩名。
 夕食の支度をして、秀道を呼びに行って帰ってくると、当たり前のように鴉の横に由良が座っていた。

「……それで、どうして由良さんがうちにいるんですか」
「ほらあ、アタシ、行く場所ないし。そちらの和尚さまからもここにいていいっていう許可をいただいているし。……ですよね?」

 由良の強気の発言に、秀道はなにか諦めたように小さくうなずいた。

「おじいちゃん! こんな邪刻、その辺りに放置してても死なないから!」
「それは分かっておるが、その御仁がここに置いてくれないと境内で野宿すると言い張ってな」
「うっわぁ。性格悪っ!」

 秀道も弱っているようだったが、幸いなことに部屋は余っている。鴉の部屋は少し前に移動していて、彩名の隣となっていた。
 由良の部屋はそこから一番遠い場所にしてくれたらしい。
 その配慮に感謝するべきなのか、要らぬお世話と思うべきなのか。
 前者ということにしておこう、と彩名はいい方に受け取った。

「あの玉子焼きも美味しかったけど、他の料理も美味しそうね」

 いくら嫌いな相手でも、褒められるとやっぱり嬉しい。

「じゃあ、食べましょう」

 そう言うなり、由良は箸を持たずに手づかみで食べようとし始めた。

「ちょーっと待って!」
「……なにか?」
「箸を使いなさい、箸を!」
「……箸?」

 小さく首を傾げ、不思議そうに瞬きをしている由良を見ていると、この庫裏の中に似つかわしくなくて、彩名はなんだか変な気持ちだ。
 秀道が由良に箸の使い方を説明し始めた。
 その光景になんだかますます複雑な気持ちがこみ上げてきたが、こういうのも悪くないかもしれない。
 鴉との時間を邪魔されるのはいただけないけど、これはこれで面白いのではないかなと彩名は無理矢理、思うことにした。
 由良に向けていた視線を戻そうとしたところ、ふと、鴉と目が合った。
 怒っているかと思っていたが、鴉は思ったより穏やかな表情をしていて、ほっとした。

「あとでそちらの部屋に行くから」
「あ……うん」

 小声で伝えられ、彩名は小さく返事をした。

「二人っきりにはさせませんわよ!」

 由良にはどうやらしっかり聞こえていたようだ。持ち慣れない箸を振り回し、由良はそう宣言してきた。

「アタシというものがありながら、捨てるなんて! 鴉、許さなくてよ!」

 行儀の悪い由良を秀道がたしなめているが、聞こえていない。
 もしかしてという思いで、彩名は口を開いた。

「……邪魔してもいいけど、由良さんのご飯、作らないよ?」
「……う」

 途端、由良は急に大人しくなり、箸に苦戦しながらご飯を食べ始めた。
 それを見て、彩名と鴉は顔を見合わせて、笑い合った。



 あなたは『赤い糸』を信じますか?
 そしてもしもその『赤い糸』が視えたら、あなたはどうしますか?
 あるがままに静かにその運命を受け入れますか?
 それとも、二人のようにあらがいますか?

《終わり》

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

勉強の神様は人見知り

勉強よりも運動が得意な如月まどか、ピカピカの高校一年生、陸上部所属。彼女はとあるきっかけから医者になる決意をした。成績を上げるにはどうすればいいか……悩む彼女が//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2011/09/01 12:21
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
開店休業。

和(なぎ)は願っていた。この地味で平穏な日常生活がなるべく長く続きますように! 人の輪から少し外れてマイペースに生きたいと願う和と、学園アイドルである遥(はるか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全192部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/02/24 08:00
いつか見た虹の向こう側

社会人一年生の美緒は、自分が提案した結婚記念日デートで姉夫婦を事故で亡くした。そのため美緒は、姉夫婦の忘れ形見である拓都の母親になろうと決意し、仕事と子育てに翻//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全99部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2013/12/25 01:54
脳内計算

本城那津(19) 黒縁メガネにボサボサの黒髪。趣味は読書、体力ナシ。―という地味人生を悠々と歩く女子大生。悪口?そんなの言わないよ?…頭の中でボヤくだけだから。//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全126部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/08/25 00:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
カン違いにもほどがある!

美春は駆け出しのWebデザイナー。優秀な弁護士だが中身は?な兄と二人暮らしをしている。ある日派遣先の会社で社内運動会に出て活躍したことから社長に気に入られてしま//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全86部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/09/16 21:00
王国の花

王国のただ一人の姫に、隣国から求婚者がやってきた。だが、その姫は、王国にとって表に出しづらい姫だった。大変男らしく育ってしまった男嫌いの姫を、今までずっと重病で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/01/31 18:00
侍女と総司令官

聖女様に仕える元下っ端メイドのピーナ。大好きな聖女様の為に、一生懸命にお仕えしてます!・・・なのになのにあの方のせいで、気苦労が絶えません。ぎゃーーー!!今日も//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全40部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2011/12/03 22:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全296部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 02:00
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
薬の罠に気をつけて

王弟フィオン・アルファードに『惚れ薬』が盛られた。まったく困った様子も見せず、一人の少女を口説き始めるフィオン。そんな彼にいきなり甘い言葉をささやかれ、戸惑うコ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全71部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2014/09/20 23:33
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
シルヴァジェント大公記

 聖エンダス公国の第6公女セラスティアは、その継承権は低いながら、身分を隠し男装して傭兵団をまとめ上げるだけの才覚の持主であった。ガルダ帝国との戦いに敗れたエン//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全81部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/11/20 00:00
野に咲く花のように

とある王国の後宮の片隅でひっそりと生きる側室、セシル。 このまま、何事もなくひっそりと生きて行くのだと思っていた彼女の日常は思いがけず国王 エドアルドの寵愛を受//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全103部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/10/20 17:42
シャドウ・ガール

「あなたに我が陛下の影武者になっていただきたい」 のんびり屋の女優の卵、リシェルは隣国からやってきた貴族達にそう告げられ、国を出ることに。そこからリシェルの運命//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全4部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/08/31 08:22
三年目のイリス

後宮に入って三年目、幸運にも王の寵愛を得られなかったイリスは、規則により家に帰される事となった。 しかし荷造り中に偶然王と会ってしまい・・・。 「折角ブサイクに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全74部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2011/07/05 09:04
異世界で地味な女が見合いした

『お見合いをすることになった、競争率激高な騎士様と』 異世界生活8年目、薔薇の品種改良にいそしみ地味に地道に生きてきた主人公リッカ。そんな渋めの女と、クールに見//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全28部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/03/10 22:49
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全177部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 00:00
捨てられた側妃

後宮に迎えられたはずが、国王に会わぬまま追い払われた姫。年月を経て孤独に暮らす彼女を偶然見つけたのは、その国王だった。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全22部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/11/07 16:21
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
蜂蜜とミルクティー

商社に併設するカフェ「スクラリ」で働くさえないアルバイト店員杏実は3年間片思いをしていた。  「黒の王子」と呼ばれる彼、"朝倉 颯人"。 ちょっとしたきっかけか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2013/05/12 08:53
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
サバンナの甘い香り

25年間ひっそりと生きてきた琴音は内気な娘。目立たないはずだったのに、新しい課に異動になってからというもの、女子社員の注目の的。それもそのはず、その課には社内一//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全39部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/04/04 14:13
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
すぷりんぐはずかむ?

雪村美幸は28歳。見た目も仕事ぶりも地味でぱっとしないが本人はいたってのんきに現状に満足を憶えていた。自分のやることなすことにあーだこーだと口はさまれて、好きな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全32部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/06/22 11:59
雷帝のメイド

フライゲル大陸最強の五人、五帝と称される超越者が一人雷帝ナナキはある日予言を受ける。その予言が原因でそれまでの全てを失ったナナキはフロスト帝国との決別を決意し、//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 15:36
アクセサリー

キスは挨拶、セックスは遊び……。 そんな男の行動一つに、泣いて浮かれて、バカみたい。 実咲は付き合っている彼の浮気を見てしまった。 もう別れるしかない、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2012/01/23 11:54
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 17:29
愛は満ちる月のように

――欠けては満ちる月のように、いつかは元に戻ると信じていた。今はもう、僕の心に月は見えない――/一条悠は後継ぎのいない叔父に見込まれ、叔父の会社に次期社長として//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全55部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/06/08 00:00
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全122部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 07:05
ニーヴに捧げる恋の唄(連載版)

アーガトラム王国の城塞都市ティル・ナ・ノーグで菓子店を営む娘と、その菓子店に足しげく通うとある騎士の物語。タチバナナツメ様主催「ティル・ナ・ノーグの唄(http//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全56部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/11/27 20:00
七夕の出逢い

財閥のお嬢様なんていいことないわ。 お見合いから始まる恋もあるのかもしれない。 でも、私は――道端に咲く花を見つけるように、河原にあるたくさんの石から特別なひと//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全26部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2014/07/07 08:12
↑ページトップへ