挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

黄金の世界、銀の焔

作者:ひろすけほー
世界の支配階級である士族、それは特殊能力を持った一族の総称。
この国を支配している十二の上級士族の一つである竜士族の青年、穂邑 鋼は、小説の「銀の勇者」に憧れるが、現実はその証である竜眼を片目しか持たない落ちこぼれであった。
彼には大事な人、いとこであり、幼なじみであり、竜士族の次期当主である少女、燐堂 雅彌がいる。彼女は竜士族でも例のない黄金の竜眼を持つ上に、上級士族でも滅多に出現しない強力な素質の持ち主である”姫神”であった。
一族から迫害を受ける穂邑 鋼を、唯一心を許せる相手として、時には弟のように、時には友達のように接する彼女と一族の至宝と称えられる少女に憧れと、密かな好意を抱く少年、幼少からお互いかけがえのない存在として、支え合っていた二人。
そんな中、十二士族の頭目であり、この国の支配者でもある九宝 戯万が、自身の後継者を残す名目として、十二士族のそれぞれの当主家から、花嫁候補を差し出すよう命令を出す。
燐堂 雅彌もその対象となるが、九宝 戯万はとんでも無い噂ばかりの自分本位で残忍な男で有名あった。
一族の為、覚悟をする雅彌を救うため、鋼は決意し、行動を開始する。
この国の同盟国であるファンデンベルグ帝国の軍事研究機関に研修生として入ることに成功し、そこでの責任者、天才科学者ヘルベルト・ギレに師事し、その技術と研究成果を手に入れていく。
ある時、とある事情から唯一の竜眼を失う事を選び、一族から追放された鋼。
三年後、W県に移り、着々と準備を整えていた彼の元に再び雅彌が現れ、ファンデンベルグが鋼の命を狙っていると忠告した。
彼はそこで、嘗て彼も関わっていた完成一歩手前のギレの超兵器と合間見える。
果たして彼はこの窮地を乗り越え、さらには幼なじみの雅彌を救い出すことが出来るのだろうか。
第一話「罠Ⅰ」
2017/06/20 10:02
第二話「罠Ⅱ」
2017/06/20 11:00
第三話「黄金竜姫Ⅰ」
2017/06/22 01:42
第四話「黄金竜姫Ⅱ」
2017/06/22 11:00
第五話「黄金竜姫Ⅲ」
2017/06/22 19:26
第六話「初陣Ⅰ」
2017/06/23 09:34
第七話「初陣Ⅱ」
2017/06/23 12:36
第八話「追憶Ⅰ」
2017/06/24 07:57
第九話「追憶Ⅱ」
2017/06/24 10:32
第十話「追憶Ⅲ」
2017/06/25 05:34
第十一話「ブリトラ」
2017/06/26 07:00
第十二話「ふたりⅠ」
2017/06/26 12:52
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ