挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

異世界でカジノやってます

作者:Irene
カジノって?

カジノ (casino)とは、賭博を行う施設の一つ。
ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。日本で言う賭場。
そしてヨーロッパが起源とされる、
ルイ15世の時代にフランスにおいて、カジノの元となる上流階級向けや庶民向けの賭博場が広まったらしい。(バーイうぃき先生)

と、まあカジノの定義は置いておいて、

まあ、なんだ、

俺、異世界でカジノやってます!



事の起こりは数百年前、
まだ俺が日本で学生だった頃の話だ。
テンプレ宜しく事故にあって目が覚めたら異世界に転生してた。

......ダンジョンマスターである悪魔として。

いや~最初はびっくりしたな~
ブラックアウトの後、目が覚めたらなんかこじんまりとした部屋の中にいたし。
なんかでっかい水晶みたいなのが目の前にあるし(色はネイビーブルー、奇(区)しくも俺の好きな色だった)、
それ覗き込んだら説明みたいのが浮かんでくるし、
それにしたがってステータス!ってノリで叫んだら(はい、あの病が発祥したんですスルーしてください)、
種族が悪魔Lv1だったりするし。
ダンジョンマスターだとか書いてるし。
うん、ほんとびっくりした。

それでダンジョンの構造を選んでくださいってやつが出て、
最後のほうにカスタマイズできますって選択あって、
これ面白そーだなーって感じで選択して…
で、ちょっと変わったのにしたいなーって思ったら頭に浮かんだのが、

遊園地のお化け屋敷(外見は豪華な洋館)。

そしたらそれになっちゃったYo!

この見た目でダンジョンはないべ~
でもご飯(人間の感情)食べなきゃ死ぬらしいしな~
あ!じゃあ違和感の無いカジノにするべ?
色んな感情集まりそうだし俺が死ぬ確率下がるし!

ってな感じでこのダンジョン兼カジノが出来たんだとさ~(ちゃんちゃん!)。

最初はお客さんが来なくて大変だったな~
今ではそんなこと無いけど。
むしろ来ない日が無いけど!
頑張った!!俺この数百年頑張った!!
最初はゴーストしか作り出せなかったけど、
今は他の種族も作れるようになったし!
ガードにほぼ人間にしか見えないゴブリンとかオーガとかを設置。
飾りに見える甲冑(デュラハン)銅像ドラゴンは監視カメラの代わり!
接待には見目麗しいサキュバス&インキュバス!!
お掃除隊は透明なスライム(冒険者に討伐されないように透明にした)!
っふ、完璧だろこれ
自分の才能が怖い...

そんなこんなで、
今日も元気に金(と感情)巻き上げながら、
俺、異世界でカジノやってます!
続きは…書かないかもですね!(イイ笑顔)
いやでも気が向いたら書くかもです、
いかにしてお金を巻き上げてるとか…!!
どうやってほかの人おちょくるとか…!!

((あらどうしましょう設定が広がってきました…))

と、とりあえず、
感想お待ちしております(ぺこり)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ