挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

パラレル!

作者:入羽瑞己
 平行世界を飛び回り、あらゆる世界で神としての地位を築いていく「ケイテン」。異世界「ランドウィル」に転生した高校生伊佐見ユウは、伝説の勇者として魔王を倒し世界を救ったかに思えたが、ケイテンの毒牙に飲み込まれてしまう。
 その前後、ある世界ではケイテンを追う少女が自身の無力さに項垂れ、ケイテンを抹殺するべく異界への渡航を決意する。またある世界では幼き魔王が人間界侵攻を企て、決して勝機のなかった異界への門を開いてしまう。
 異界「バースト」。あらゆる世界を引き寄せ、統合してしまう特性を持つその世界は、既に破壊神、悪の組織などの概念などを取り込んでいた。そんな中、破壊神に戦いを挑む勇者や、侵攻してきた魔族軍を迎え撃つ悪の組織などがいる光景は日常であり、いつものことで済まされるはずだった。
 しかし、ケイテンの魔の手がバーストにまで伸びたことで事情は変わる。紅い眼の使徒が世界の転覆を図ったその時、異世界の民が集う蓮皇高校2―B教室――通称『異界』に属する住人たちは動く。
プロローグ
プロローグ
2017/06/02 02:53
第一話 爆ぜる。
壱の世界①
2017/06/02 02:57
壱の世界②
2017/06/02 03:02
壱の世界③
2017/06/02 03:04
弐の世界①
2017/06/02 03:06
弐の世界②
2017/06/02 03:06
参の世界①
2017/06/02 03:07
参の世界②
2017/06/02 03:08
参の世界③
2017/06/02 03:09
肆の世界①
2017/06/02 03:10
肆の世界②
2017/06/02 03:11
第二話 邂逅
伍の世界①
2017/06/03 03:17
伍の世界②
2017/06/03 03:21
陸の世界①
2017/06/06 01:26
陸の世界②
2017/06/13 02:24
陸の世界③
2017/06/06 01:27
漆の世界①
2017/06/06 01:27
漆の世界②
2017/06/07 02:15
漆の世界③
2017/06/07 02:16
第三話 魔王と神と。
捌の世界①
2017/06/09 17:00
捌の世界②
2017/06/09 19:00
捌の世界③
2017/06/09 21:00
玖の世界①
2017/06/12 09:00
玖の世界②
2017/06/13 11:00
拾の世界①
2017/06/13 15:00
拾壱の世界①
2017/06/13 19:00
拾壱の世界②
2017/06/23 01:44
拾壱の世界③
2017/06/23 12:00
拾壱の世界④
2017/06/26 09:00
拾壱の世界⑤
2017/06/26 17:00
拾壱の世界⑥
2017/06/26 20:00
拾壱の世界⑦
2017/06/27 09:00
第四話 終わりを司る魔王
拾弐の世界①
2017/07/02 00:19
拾弐の世界②
2017/07/04 10:00
拾弐の世界③
2017/07/07 07:00
拾弐の世界④
2017/07/07 19:00
拾弐の世界⑤
2017/07/10 01:28
拾参の世界①
2017/07/10 09:00
拾参の世界②
2017/07/12 10:00
拾参の世界③
2017/07/12 17:00
拾参の世界④
2017/07/12 19:00
拾肆の世界①
2017/07/18 00:41
第五話 魔王と神の日常
拾伍の世界①
2017/07/18 00:51
拾伍の世界②
2017/07/18 10:00
拾陸の世界①
2017/07/18 17:00
エピローグ
エピローグ
2017/07/18 23:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ