挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ショートショート集

今朝のできごと (ショートショート73)

作者:keikato
 出張で朝から九州に行くというのに、目ざめから気分が悪く、ズキズキと頭痛もする。昨晩、会社の同僚と飲みすぎた。
 完璧に二日酔いである。
 ふと、同僚の言葉を思い出した。
 食塩水でうがいをすれば、二日酔いの症状が楽になるというのだ。
 オレはそれをためすことにした。
 食塩水を準備して歯を磨いていると、蚊が一匹、フラフラと目の前を横切っていく。
――たたきつぶしてやれ。
 歯ブラシを置き、目で追う。
 だが、そうするまでもなかった。食塩水を入れていたコップに墜落したのだ。
 コップをのぞくに、羽を広げた状態で水の表面に浮いている。
――よりによって、なんでコップの中に……。
 これではうがいができない。
 歯磨きをすませ、歯ブラシの柄を使って取り出そうとした。
 しかしなかなかうまくいかず、イライラしながらやっているうちに、ついには羽がとれバラバラになってしまった。
 せっかく作った食塩水が、一匹の蚊によってだいなしになった。
――クソ―、よりによって。
 しかたなく食塩水を流す。
 蚊は食塩水とともに排水口に消えた。

 飛行機が滑走路を飛び立ち、出張先である九州の空港に向かう。
 海上を飛び始めてまもなくのこと。
 機体が大きく揺れ、頭上からいきなり酸素マスクが落ちてきた。
 この非常事態に、乗客たちみながおどろいている。
 機内アナウンスがすぐに始まる。
『エンジンに不具合が生じたため、緊急に海上に不時着をします。酸素マスクの装着を……』
――そうか……。
 オレの頭によぎるものがあった。
 過去のことでも、これからのことでもない。つい二時間ほど前の今朝のできごとである。
――あれは虫の知らせだったんだ。
 こういうことになるんであれば、あのときうまく救い出してやるべきだった。




評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ