挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

愛の言の葉は雪みたい

作者:マイマサ
好きだ 好きだ 好きだ

愛してる 愛してる 愛してる

守りたい 守りたい 守りたい

愛は言の葉から生まれ
そしてその言の葉は
愛情という言葉になる


まるで 小さな小さな雪みたいだ

たくさん降り積もった雪を上手につかみ
それを僕がかたちをつくり表現してゆく

雪が溶けるまでにどのくらい
つくれるだろうか・・・

つくった雪のかたちは
お天道様に照らされて
どのくらい綺麗に
輝けられるのだろうか・・・

そのかたちをみて
いろいろな人たちの心が
あたたかくなるといいな

もし雪のかたちがとけて
なくなっても
みんなの心のなかや
おもいでにのこるといいな

これも中学生の頃に書いたものを
修正して載せてみました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ