挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

空気嫁

作者:マシター
私は今さっき大事なものを失った。
それは、金や高価な芸術品などではない。
大事なもの、それは形ないものだ。
形ないもの、それは愛や恋心などではない。
私は2時間もの間、ビニールを抱いた。
愛や恋心があればビニールを2時間抱くなどできることではない。
そして気づいた。
全てが終わった後に、気づいた。
私は私という人間として大事なものを失った。
それが何かは、分からない。
だが、私は確かに失ったのだ。
ただただ、その事実に漠然(ぼうばく)としている。



20分もたった(のち)だろうか、私は鏡を見た。
2時間前の自分とは思えないくらいに、ぐったりと疲れた顔をしていた。
汚く汗ばんだ油っぽい顔がよく見えた。
その瞬間だった。
私は泣いた。
何故かは分からない。
涙が止まらないのだ。
この時私は、何故涙が溢れてくるのか、考え、悟った。
ビニールに2時間もの時間を奪われ疲れ切った後に、宇宙の真理へと辿り着き、客観的に自身(じしん)を見たのだ。
湧き上がる感情。
愛?怒り?悲しみ?
どれでもなかった。
それは自身への(あわ)れみだった。


それに気づく頃には、私は泣き止み片付けをしていた。
はじめにビニールに入れられていた私の息はもう残っていなかった。
初めてだった。
初めての行為で、初めての行為中に、三箇所から私の息が()れた。
ビニールはシュー...という音を立てて小さくなっていった。
抱き寄せるほど、それは小さく、(はかな)く、私を現実に叩きつけた。
差し込まれていたシリコンを抜き取り風呂場へ叩きつけた。
子供達(せいし)と混ざり合った潤滑液(ろーしょん)が足に跳ね返った。
風呂場に転がる女だったものを見て、私はまた泣いた。
そのあと泣き止んで全部捨てました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ