挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

90/129

03章 気まぐれな依頼-3


【ティスト視点】

セレノアの先導に従ってやってきたのは、昨日の訓練でも使った場所だ。
どうやら、ここが魔族にとっての正式な訓練場らしいな。
「真剣勝負の後に、また稽古…ねえ」
もの言いたげな視線をこちらに向けて、セレノアがつぶやく。
その目からは、理解できないという感情が、はっきりと読み取れた。
「むしろ、真剣勝負の後だから…だろ?
 一番、訓練が必要なことを痛感しているときだからな」
勝利の後なら、次に敗北を喫することのないように。
敗北の後なら、次に勝利を手にするために。
どちらにしても、訓練をするには、悪くない精神状況だろう。
「それに、まだ日暮れまでには、間があるからな。身体を休めるには、早すぎる」
もう少し疲れておいて、夜に熟睡したほうが、休息の効果は高い。
ずらさないで済むのなら、なるべく、睡眠時間は普段どおりにしておきたいからな。
「にしたって、数分前に戦ったばかりだっていうのに、休憩もいらないわけ?」
「なんだ、優しいな。心配してくれるのか?」
「べつに、心配じゃないわよっ、アタシの特訓は、厳しいんだからねっ!
 途中で後悔したって、遅いんだから」
「そいつは、楽しみだな」
元々、魔法というものは、魔族と精霊族から教えてもらう形で、人間が覚えたという話だ。
当然のことながら、魔法に関しては、一段も二段も劣る形になる。
その上、人間は、魔法を使えるようになるまでの敷居が高い上に、ほとんど情報を共有してないみたいだからな。
そんな状態で、魔族や精霊族に追いつくほど、発展するわけがない。
俺がやっていた訓練も、数をこなすか、アイシスとやった焚き木拾いのように、創意工夫で生み出すくらいが、せいぜいだ。
魔族に伝わる本格的な訓練法があるなら、ぜひとも知っておきたい。
「で、どんな訓練を教えてくれるんだ?」
「そうね。まあ、稽古のやり方は、いろいろとあるけど…。
 単純に、魔法力を底上げしたいんでしょ?
 だったら、相手と向かい合って魔法を撃ち続けるのが、一番ね」
「つまり、何回も魔法を相殺させるのか?」
ずいぶんと、単純かつ面倒くさいことをしなきゃいけないんだな。
魔法を百も二百も発動させるなんて、気が遠くなりそうだ。
「べつに、比重を重くして単発でやってもいいけど…。
 力尽きるまで、放出し続けた方が、効果は遥かに高いわよ」
「放出し続けるって、休みなく、魔法を出しっぱなし…ってことか?」
「そうよ、自分が魔法を出せなくなるまで、ね。
 知らないならみたいだから教えておくわ。乱発もそれなりに辛いけど、継続のほうが断然疲れるの。
 慣れないうちは、注意しなさい」
「そうなのか」
多少の過負荷は自覚していたが、あまり、意識したこともなかった。
魔法を維持するのなんて、せいぜい数秒、長くても十秒程度。
その間に、次の行動に移らなければ、戦いにならない。
「ずいぶん、実戦と掛け離れた訓練なんだな」
棒立ちで魔法を打ち合い、力を出し尽くすなんてことは、まずありえない。
そういう意味では、今回の奴は、筋力を向上させるのと同じような位置づけなのかもしれないな。
「本当なら、直不をやるところだけど、それだとティストの場合、小細工に逃げそうだしね」
「チョクフ?」
「直立不動を崩したら負け、だから略して直不ね。あそこに、土俵が見えるでしょ?」
セレノアの人差し指の先を、目で追いかける。
平たい地面の上に、大小さまざまな円が描かれている。
目を凝らしてみると、どうやら、古びた太い縄を使っているらしい。
半分が地面に埋め込まれているみたいだから、あの場に固定されているのだろう。
「一番端に、小さな円が二つあるでしょう?
 あれが、直不のための土俵で、あそこで向かい合いながら魔法を打ち合うの。
 使っていいのは魔法だけ、相手を土俵から押し出すか、膝より上を地面につかせたら勝ち」
膝より上…つまりは、膝をつかせるか、地面に倒れさせればいいわけだ。
逆に、立っていられなくなったり、叩き伏せられたら負け…か。
「たしかに、単純な力比べよりは、そっちのほうが、まだ分がありそうだ」
魔法を使って目的を達成するだけなら、威力も一因にしかならない。
技で補えるなら、その分だけ組みしやすいだろう。
「だから、ダメなのよ。ティストに必要なのは、あくまでも、魔法の増強。
 いまさら、得意なことをやっても、しょうがないでしょう?」
べつに、魔法の扱いもそれほど熟達してるわけじゃないが、それは、黙っておこう。
セレノアの言うとおり、苦手を克服するのが一番大事だ。
「直不をやりたいなら、早くアタシと引き分けられるように、せいぜい頑張りなさい」
「後のお楽しみ…ってわけか」
「他のも、訓練のための施設なんですか?」
アイシスが周囲を指差しながら、セレノアに訪ねる。
たしかに、ここから見ただけでも、他にもいくつか土俵が見えるな。
「もちろん、それぞれに用途があるわよ。
 一番よく使われるのは、真ん中にある一番大きいやつね。
 あれは、体術専用で、あの輪の中に二人で入って、押し出されるか、膝をついた方が負け…ってわけ」
「いろいろあるんですね」
髪解き組み手のときもそうだったが、また、空間を制限しての対人訓練か。
特に特別な道具を使う様子もないみたいだし、後で真似するにも、楽でいいな。
「さあて、何秒続けられるかしらね?」
俺を値踏みするような目をしたセレノアが、意地の悪い笑みを浮かべる。
明らかに、格下に見られているな。
「全力で、いいわよ」
「なら、お言葉に甘えて」
数秒の収束を経て魔法を練り上げ、風を解き放つ。
狙いを絞り込み、力を研ぎ澄ませて叩きつけた。
考えてみれば、純然たる魔法の勝負なんて、これが初めてだな。
「…ふぅん」
悠然と手をかざし、その手のひらに桃色の炎が燃え盛る。
セレノアの桃炎が、正面から俺の風を迎え撃った。
風が炎を払いのけるように吹きつけ、炎が風を食らうように燃え盛る。
数秒の押し合いが続き、ようやく二人の中心で魔法が拮抗した。
風の壁の奥にある鮮やかな炎が、目を通じて、脳にまで深く刻みこまれる。
こうして自分に向けられたのを見ると、改めてその威力を思い知らされるな。
わずかでも気を抜けば、一瞬にして焼き尽くされそうだ。
「にしても、見事だな」
思わず、感嘆の息が漏れる。
それほどに、セレノアの魔法は、洗練されていた。
一定の量を放出し続けているにも関わらず、炎にはムラがなく、わずかな揺らぎさえ見せない。
魔法を収束して放つという単純な動作だけで比べても、俺よりもはるかに無駄が少ないように見える。
いったい、どこでそんな差が生まれるのか。
それを考えながら、風と炎が混ざり合う境界線の奥へと目を凝らした。
セレノアやレオンじゃないが、相手の技を間近で観察するというのは、たしかに面白いな。
色々なことを気づかせてくれるし、それがいい刺激にもなる。



「くっ…」
開始から数分が過ぎたところで、自分の身体に違和感を感じ始める。
呼吸を止めているのと、感覚的には似ているな。
徐々に身体へと負荷がかかり、魔法を使い続けていることが苦しくなる。
まさか、こんなに早く?
「もう終わり?」
俺の表情を読み取ったのか、余裕綽々のセレノアが問いかけてくる。
平然と俺の風を受けきっているところを見るに、まだまだこれからなんだろう。
言うだけのことはあるな、まるで、底が見えない。
「くうっ…」
歯を食いしばって、必死に魔法を維持する。
それでも、魔法を収束させていた手が負荷に耐えかねて、小刻みに震えだした。
気力だけでは、抗いきれない。
「…っ」
次第に集中力が薄れ、視界が揺らぐ。
こいつは、本格的に危なくなってきたな。
「くそっ…」
平衡感覚を失いながら、脚力だけで、どうにか身体を支える。
それでも維持できたのは、わずかに数秒で、すぐに膝をつくことになった。
「ふぅん、頑張るじゃない」
「ぐうぅぅっ」
返事をする余裕もなく、唸り声を上げて、精一杯に力を込める。
鉄球でも巻きつけられたように、前にかざしている手が重い。
「ぐうっ…」
徐々に下がって行こうとする右手の手首を左手で押さえ、必死に支えた。
このままじゃ、終わらせた瞬間に炎に飲まれる。
「チィッ」
最後の気力を振り絞って、ほんの少しだけ持ち返す。
その間に、膝立ちの体勢から地面を転がって、セレノアの炎を回避した。
「くっ…はっ…」
呼吸を荒げて、大の字に倒れる。
降り注ぐ日の光さえ、鬱陶しいほどだ。
歯を食いしばることで、めまいから来る猛烈な吐き気に耐える。
全身に圧し掛かる異様なまでの倦怠感は、空気さえも重く感じさせてくれた。
「ぐっ…」
わずかにさえ、自分の身体の中には、魔法に使える力が残っていない。
死を覚悟した、ガイ・ブラスタとの戦いのときを別にするなら…。
意図的に力を空にしたことなど、生まれて初めてだ。
「くっ…」
悪態を吐く余裕すらない。
怪我の痛みなんかよりも、こっちのほうが、よっぽど悪質だな。
どれだけ力を振り絞っても、立ちあがることができない。
「無理して動いて、意識が飛んでも知らないわよ。
 ここから布団まで運ぶなんて、アタシはイヤだからね」
頭上から降り注ぐセレノアの声が、耳から入って、頭の中で何度も反響する。
追い出すつもりで何度か首を振り、ようやく顔をあげることが出来た。
普段と変わらぬ涼しげな顔で、俺を見下ろしている。
その瞳の中には、情けなく地面に倒れている俺が、はっきりと映りこんでいた。
正直に言って、負けることも、覚悟していた。
だが、まさか…。
「ここまで一方的とは…な」
口を開いて、なんとかそこまでを言い切る。
苦戦させるどころか、表情ひとつさえ、変えることが出来なかった。
勝負にすらなっていない、完膚無きまでの大敗だ。
「ま、そう悲観することもないんじゃない?
 そもそも、アタシの得意分野で挑戦しようってのが、間違いなんだから。
 それに、言うほど最低ってわけでもないし、まだ伸びしろも残ってるみたいだしね」
慰めの言葉を聞いても、気休めにすらならない。
むしろ、今ひとつ覇気のなかった俺に、大きな火をつけてくれた。
「くっ…」
不甲斐ない身体を叱咤して上体を起こし、膝に手をついて、無理やりに立ち上がる。
これ以上、無様な姿を晒し続けているなんて、冗談じゃない。
両足に力をこめて、笑みを深めたセレノアと、正面から対峙する。
なんとか呼吸を整え、ありったけの力をこめて言葉を紡いだ。
「近いうちに、弱点を克服する。だから、そのときに再戦してくれ」
「いいわよ。何度だって、相手をしてあげるわ」
心から楽しそうな笑顔で、俺の宣戦布告を受け入れる。
王者にしか出すことのできない、風格があった。
いつか、絶対にその顔を驚きに変えてやる。
子供っぽい対抗心とともに、そう心に誓った。



【ティスト視点】

焦点が合うまでに、数秒の時間を要する。
ぼんやりと天井を見上げて、浅い呼吸を繰り返すと、ようやく思考が動き出した。
たしか、アイシスに肩を借りて、どうにか部屋まで戻ってきて…。
「あのまま、寝入ったのか」
灯りの落とされた部屋の中は真っ暗で、部屋の外からは、物音一つしない。
どうやら、真夜中らしいな。
訓練したのが、日没前だから、ずいぶんと長く眠りこけていたらしい。
首をまわして隣を見れば、同じ布団の中で、アイシスが小さな寝息を立てていた。
まったく、情けないところを見せたな。
「…くっ」
気怠い身体を起こして、ゆっくりと頭を降る。
腕を上げ、足に力をこめ、四肢の動きを確認していく。
反応は鈍いが、戦えないほどでもない。
「力を使い果たしたのに、思っていたよりも軽度で済んだらしいな」
寝込むことも覚悟していただけに、拍子抜けした。
食欲もないし、喉の渇きも気にならない。
身体から、欲望が消え去ったみたいな、不思議な感覚だ。
今は、ただ眠りたい。
いつもとは、まるで違った疲れ方だな。
これが、魔法による疲労…か。
俺が昏睡状態だったときに、ユイやクレア師匠も、こんな風に限界まで魔法を酷使してくれたんだろうか?
「…あ」
そこまで考えを巡らせて、はたと気が付く。
まずいな、急なことばかりで、すっかり忘れていた。
ユイに家のことを頼んできたというのに、手ぶらで帰るのは、あまりに薄情だ。
二度寝の誘惑を振り切って、今日も二人が仕事をしていることを願い、ふすまを開けた。
俺が求めていた姿は、二対の彫像のように微動だにせず、ただそこに立っていた。
「…!」
俺の姿を認めた二人が、珍しくその表情を崩す。
二人そろって、驚きに目を見張っていた。
「呆れた回復力ね。明日の出発は、延期だと思っていたのに」
「このぐらいしか、取り柄がないからな」
皮肉に対して肩をすくめて見せ、精一杯の強がりを返す。
現状で、敵ではないとはいえ、弱みを見せられるような相手でもない。
「で、何の用かしら?」
用事がなければ、私たちに近寄らないでしょう? と続きそうなほどの、棘のある口調。
それに一瞬だけ怯み、しかし、相手に気づかれないように、平然と話を切り出した。
「聞かせて欲しいんだが…何か、土産物になるようなものはないか?」
「みやげもの?」
俺の言葉を聞き返す二人の顔には、呆れの色が充満している。
やっぱり、聞くべきじゃなかったかな?
「魔族の領地で観光気分とは、ずいぶんな余裕ね。
 まさか、手土産が欲しいなんて言い出すとは、思わなかったわ」
鋭利な嫌味と硬質な声から察するに、かなり怒っているみたいだ。
だが、そう簡単に引き下がるなら、こちらもわざわざ頼んだりはしない。
「それとも、土産がなかったら、レオン様の願いを断るつもりなのかしら?」
問いかけに莫大な怒り含まれ、二人の目つきが剣呑なものになる。
あれだけ誠意を持って頭を下げたレオンに対して、足元を見るような態度は、たしかに許せないだろう。
「別に、そんな意図は無い。それに、何も無料で寄こせとは言わない。それなりの対価は、支払うつもりだ」
「対価と言っても、人間の硬貨なんて、私たちには何の意味もないのよ?」
「分かってるさ。だから、役に立って返す」
「ずいぶんとあいまいね」
中途半端な口約束じゃ、聞く耳を持ってくれそうにないな。
かといって、この二人を納得させられるような報酬なんて、想像もつかない。
「なぜ、そこまでするの?」
それまで沈黙を保っていたサリが、初めて話に加わってくる。
よほど意外なことなのか、レイナの顔にも、驚きが見て取れた。
「留守を任せてきた相手に、何かしらのお礼がしたいんだ」
この程度で恩返しができるなんて思ってないけど、少しでもいいから、埋め合わせはしたい。
それでなくとも、最近は家事だけじゃなく、治癒の魔法の世話にもなりっぱなしで、申し訳ないのだから。
「誰の話?」
「俺の幼なじみだ。もう十年以上、俺の世話を焼いてくれる大切な人だ」
今回も、俺たちが帰るまで、家のことを全て引き受けてくれた。
きっと、毎日のように通って、隅々まで磨き上げてくれているだろう。
だからこそ、俺もユイに何かを返したい。
「期待に添えなくて申し訳ないけれど、土産物屋なんて、洒落たものはないわ。
 ただでさえ資源は貴重なのに、渡せるような民芸品なんて、あるわけないでしょう?」
「そうか」
さて、どうするかな?
ないと言われたんだからあきらめるしかないが、土産話だけというのも能がない。
せめて、何か…。
「なぜ、我々に話したの?
 セレノア様やレオン様なら、あなたの要望であれば、取り計らってくれるはず。
 なのに、どうして私たちに?」
「だからこそ、二人に話したんだ。無理をさせたくないし、変に気を使われても困るからな」
王族という面目もあるだろうし、客人の頼みともなれば、断りにくいはずだ。
だけど、俺のわがままのために、そうまでしてもらうつもりはない。
「へぇ、いろいろと考えてるのね」
「まあ、それなりに…な」
言葉を濁す俺の前で、二人が視線を交わして小さくうなずく。
どうやら、真剣に考えてもらえそうだな。
「姉さん、磨錬石なんて、どうかしら?」
「ああ、あれ。あれならいいんじゃない? どうせ、余ってるしね」
「まれんせき?」
石の名前だということぐらいは分かるが、耳慣れない言葉だ。
魔族の領地でしか取れない石というのも多いらしいし、その類かもしれない。
「文字のとおり、磨いて輝く石よ」
「案内してあげるから、ついてきなさい」
二人の後を追って、音を立てないように板張りの廊下を抜けた。



城から少し離れた、砂地。
手のひらに楽々乗るぐらいの、小さな石が山積みになっていた。
どうやら、同じ種類で一塊にしているらしいな。
どれも同じく、黒みがかった茶色をしている。
「これが?」
まるで冴えない色味で、輝きすらない。
これなら、道端に落ちている石と比べても、そう大差ない。
「そうよ。といっても、このままじゃ、単なる石ころだけどね」
意味ありげに笑って、石を二つ拾い上げる。
どうやら、まだ秘密があるようだな。
「これを磨くことができるのは、同じ種類の石だけ。
 互いに擦りあわせることで、二対の玉が生まれるの。
 擦り合わせる…って、両手に持って、すり合わせればいいのか?」
「実際に見た方が早いでしょ? しょうがないから、手本を見せてあげるわ」
二つの石を手のひらに乗せ、その上で踊らせるように、くるくると回転させる。
まるで、互いを追いかけているみたいだ。
がりがりと音を立てて、石が研がれていく。
指先を巧みに操ると、石の動きもそれに応えて加速していった。
「こうやって、ムラができないように注意しながら、根気よく磨き続けるの。
 あなたの腕が良ければ、綺麗な球になり、最後には光を吸い込むようになるわ」
説明はそれで終わりなのか、実演していた石をこちらに放り投げてくれる。
「ありがとう」
左手で二つとも受け止め、さっそく見様見真似で試してみる。
「…!」
想像していたよりも、はるかに抵抗が強い。
少しでも力を抜けば、すぐに石は動きを止めてしまう。
これだけ力がいる作業を、軽々とこなしていたのか。
「………」
俺の表情を見て取ったのか、二人が楽しそうに笑う。
その笑顔を見ていると、セレノアとの血のつながりを嫌ってほど実感できる。
まったく、イヤになるくらいに似ているな。
「言い忘れていたけど、これは、手の稽古にも使われるわ。
 これを繰り返すことで、指に力を宿すの」
そういって、レイナが握り拳を俺の眼前に突き出す。
女の細腕と甘く見ていたら、痛い目にあうだろうな。
「もう少し、もらってもいいか?」
「終わらないうちから欲張ると、痛い目に合うわよ?」
「まあ、そうかもしれないが…。せっかくだから、両手でやろうと思ってな」
今までも、なるべく両腕は均一に鍛えてきた。
ここでバランスを崩すのは避けたいし、そもそもが、どちらも鍛えておいて損はない。
それに、きっとアイシスも欲しがるだろうしな。
「だったら、好きにしなさい。ここにあるものなら、自由にしていいわ」
「ありがとう」
頭を下げてから、手ごろな石を拾い上げる。
やり続ければ、フォークを持つのも苦労しそうだ。
だが、これぐらいでちょうどいい。
俺の拳も、もう少し重くしておかないとな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ