挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

87/129

02章 気まぐれな稽古-3

【セレノア視点】

「ったく、もうっ!!」
乱暴にふすまを閉めて、盛大に息を吐く。
膝をつくどころか、地面へ押し倒されるなんて、あんな屈辱は、初めてだ。
しかも、あんな場所まで触られて…。
「…ったく」
砂を払い落とすように、何度も手のひらで乱暴に払う。
こうしていると、こびりついた変な感触が、少しずつ剥がれ落ちて、消えていくような気がした。
「あーもう、ったくっ!!」
今の気分をどう言い表していいのか、分からない。
うまく言葉にできなくて、それが余計にイライラする。
それ以前に、何に対してこんなに怒っているのか、自分でもよく分からなかった。
髪解き組手で、勝てなかったから?
ティストに、身体を触られたから?
あれだけ全力で魔法を撃ったのに、一発もティストに当てられなかったから?
そのどれもが理由である気もするし、どれも正解じゃない気もする。
「はぁ…」
考えるのを放棄して、部屋の中央にある炬燵コタツに足をいれる。
火をいれなくても、火照った身体には、十分な暖かさだ。
「さすがに、疲れたわね」
ゆっくりと足首を回して、疲労でだるくなった脚をならす。
こんなにも足に無理をさせたのは、本当に久しぶりだ。
最初は、軽いお遊びのつもりだったのに、いつの間にか、全力になっていた。
「………」
上半身を倒して畳の上に寝転がり、頭の後ろで手を組む。
アタシの目に映っているのは、見慣れた天井ではなく、さっきまでのティストの動きだった。
身軽というわけではないけれど、しなやかで力強く、そして、確かに速かった。
ガイ・ブラスタとの戦いを見ていたから、当然あの動きも知っていたし、対処できるつもりでいた。
実際、最高速度のままで勝負をしていたら、たぶん、対応できていた。
でも、それは、意味のない仮定。
最速の走法という切り札さえも平気で捨てて、急制動からの不意打ちへと切り替えてきた。
全力を出してくるものだと思い込んでいたし、そんな選択肢があるなんて、考えもしなかった。
「やられたわね」
相手の出方を楽しんでいたから、先手を譲ったのはたしかだけど、べつに油断はなかった。
何があっても、避けられるようにはしていたし、負けるつもりなんて微塵もなかった。
なのに、反応できなかった。
後の騒ぎは、決着をうやむやにしただけで、髪解き組手の結果は変わらない。
引き分けとも言えない、あれは、完全にアタシの負けだ。
「それに…その後も、その後よね」
一発ぐらい当てたら、それで許してあげるつもりだったけど…。
あれだけ本気で魔法を使ったのに、直撃できたものは、一つもなかった。
頭に血が上って、たしかに、単調だったり、直線的だったかもしれない。
でも、灸を据えるつもりで本気で打ったし、軌道はまだしも、速さは申し分ないはずだ。
殺すつもりこそなかったけど、手加減をしたつもりも全くない…なのに、当てられなかった。
「これが、父上の言っていた、実践経験の違い…って奴なのかしら」
父上を相手にした幾多の稽古の中で、いつしか、慣れと飽きが来ていたらしい。
こうなったら、こうすればいい。
そんなくだらない型に自分を当てはめて、臨機応変を気取っていたみたいだ。
「アタシも、鍛えなおさないとダメね」
じゃないと、たぶん、あの戦いを最後まで味わえない。
ティストの全てを余すことなく使い切らせるには、今のアタシじゃ、きっと足りない。
今日のは、単なるつまみぐいに過ぎないのに、こんなに味わい深いとは、思わなかった。
「………」
自然と、口元が緩んでしまう。
なぜだろう? もしかしたら、戦っても負けるかもしれないって言うのに。
嫌な気持ちにならないし、むしろ、考えただけでも楽しみでたまらない。
全身がうずき、次の戦いに向けて、気分が際限なく昂揚していく。
今までに一度も感じたことがないものだけれど、悪くない。


アタシを包んでいた不思議な感覚は、ふすまが開く音で途絶えてしまった。
起き上がってみれば、おばさんたちが、目つきを鋭くして部屋の中へと入ってきた。
「大丈夫ですか? セレノア様」
「お怪我は、ありませんでしたか?」
投げかけられた、気遣いの言葉。
それだけで、堪能していた後味が、戦いの余韻が、全てぶち壊しになる。
あの場からいなくなったのに、やっぱり、覗き見ていたんだ。
「あの人間、まったく、なんという無礼な真似を…」
「到底、許せるものではありません。即刻、追放しましょうっ!!
 やはり、人間風情が魔族の領地に来るべきではなかったのです」
おばさんたちが、口々にティストを責める。
あの勝負を台無しにされたような気がして、それが、アタシの苛立ちをさらに加速させる。
「アタシは、大丈夫だから、出て行って」
「セレノア様っ!? それでは、あの者を許すというのですか!?」
「捨て置けば、図に乗るだけです。きっちりと、けじめをつけるべきです」
二人が激昂すればするほどに、自分が冷めていくのが分かる。
口を挟まれるのが、こんなにも不愉快だなんて思わなかった。
「いいから、出て行って。アタシなら、大丈夫だから」
どうにか、取り繕ってそこまで言い終える。
荒くなりそうな語気を抑えるだけでも、精一杯だ。
「かしこまりました」
丁寧に頭を下げて、おばさんたちが退室する。
ったく、余計なお世話よ。
アタシは、アタシのことぐらい、自分で出来る。
誰かに口を出してもらったり、面倒を見てもらう必要はない。
そんなことで迷惑をかけなきゃいけないほど、アタシは子供じゃない。
「はぁ…」
自己嫌悪を込めて息をつくと、さっきの数倍とも言える疲労感が、まとめて押し寄せてきた。
どうして、こうなるんだろう?
やっぱり、おばさんたちには、近づかないようにしよう。
そう心に決め、今度は、両手両足を投げ出して寝転がる。
身体の熱は、いつの間にか、完全に抜け落ちてしまっていた。
背中にあたる畳の感触は身を切るほどに冷たいのに、しばらくの間、動く気にさえならなかった。


【ティスト視点】

やっとの思いで部屋まで戻り、冷たい水で喉を潤す。
強烈な日差し、極限までの疾走、それに、セレノアの炎のおかげで、渇ききっていた。
干乾びていた全身を癒すように、水分が身体を駆け巡る。
鈍っていた四肢の感覚が、ようやく戻ってきた。
「ふぅ…」
表現ではなく、本当に生き返ったような気分だ。
さっきまで、生きた心地がしなかったから、余計にそう思えるのかもしれない。
「次は、気をつけてくださいね」
「ああ、そうするよ」
ため息をつくアイシスに、素直に頷いて返す。
アイシスとの訓練でも、こんなことになったことはないから、完全に油断してたな。
セレノアも女なんだから、異性に触られるのは、嫌だろうに…悪いことをした。
「晩御飯、食べられますか?」
「軽いものなら、おそらく…」
結局、朝昼と食わずにもう夕方だから、胃の中は完全に空っぽだ。
なのに、極度の疲労のおかげで、欠片も食欲がわかない。
「じゃあ、これを食べて、ちょっと待っててくださいね」
小さな布袋を俺に差し出して、アイシスが立ち上がる。
中に入ってるのは、たしか、ユイ特製の干し果物ドライフルーツのはずだ。
「夕飯の用意なら、手伝うぞ?」
「料理もしないし、私だけで大丈夫ですよ。お兄ちゃんは、座っててください」
返事をしながらも持って来た荷物を広げて、手早く準備をしてくれる。
なら、お言葉に甘えさせてもらうかな。
乾燥させた果物をいくつかまとめて口に放り込み、しっかりと噛み締めて味を楽しむ。
疲れた身体に染み渡る甘さが、実に心地いい。
持って来た食糧の中でも、たぶん、一番食べやすいだろうな。
アイシスの気遣いに感謝して、飲み込んだ余韻を楽しみながら、最後に水を流し込む。
まるで、果実酒を飲んでいるような気分だ。
「はぁ…」
「ふふっ」
笑い声に振り返ると、アイシスがこっちを向いて微笑んでいた。
どうやら、ばっちりと間抜け面を見られたみたいだな。
「はい、お待たせしました。前にしてもらったのとは、逆ですね。
 あのときは、私が訓練のしすぎで、動けなくなってました」
穏やかな声でそう言って、懐かしそうにアイシスが目を細める。
俺のうぬぼれかもしれないが、その顔は、とても幸せそうに見えた。
「覚えてますか?」
「ああ。はっきりと…な」
もうずいぶん前のことのように思えるが、あれから…。
何の前触れもなしに、考え事を遮るように、勢いよく戸が開け放たれた。
「っ!?」
息をのみ、アイシスと共に、即座に立ち上がる。
廊下から部屋に入ってきたレイナとサリは、こちらに負けないほどの臨戦態勢だった。
「何の用だ?」
「………」
質問には答えず、威嚇いかくするように殺気を撒き散らしながら、こちらへと歩み寄ってくる。
一度として口を開くことなく、ただ目を鋭く尖らせて、俺の目の前でぴたりと立ち止まった。
「………」
至近距離で睨みつけられ、仕方ないから、その目を正面から見返す。
完全に間合いの中、こう近くては、満足に防御や回避もできないだろう。
だが、詰め寄られている理由が分からない以上、攻撃はもちろん、不用意に距離を取ることさえできない。
「………」
攻撃を受けるときに生まれる、特有の感覚を顔面に感じる。
それと、視界の端で何かが揺れたのは、ほぼ同時だった。
「チッ」
本能に従って上半身を後ろへ反らし、ついで、出来る限りの速さで小さく後ろへと飛んだ。
空気を切り裂き、音を上げて目の前を通過する手のひらを、じっと見つめる。
細くて綺麗な白い指先には、死を感じさせるほどの力が込められていた。
さっきまで、俺を追いかけていたセレノアの攻撃だって、たいした威力だった。
当たらなくても体力は削られたし、もし直撃していれば、治るのにどれだけの時間が掛かるか分かったものじゃない。
だが、あれには、ここまで明確な殺意がなかった。
「何の真似だ?」
「何の真似…ですって!? どの口がそんな言葉をほざくの? それは、こっちの台詞よ!!」
レイナの声は、怒鳴り声というよりも、絶叫に近かった。
「? 何の話だ?」
「とぼけるつもり!? あの子に、不埒ふらちな真似をしたでしょう?」
その言葉を聞いて、ようやく合点がいく。
こんなにもこの二人が怒っているのは、セレノアのため…か。
「あれは…」
「たしかに、レオン様は、あなたたちを客人として招いたわ。
 だからといって、何をしても許されるなんて、思わないことね!!」
物凄い剣幕で怒鳴られ、いくつか考えていた返答が、全て吹き散らされる。
これだけ頭に血が昇っていたら、何を言っても逆効果だろうな。
それに、こう言われるだけのことをしたし、怒り心頭するのも、もっともだ。
目の前の小さな口から出ているとは思えない大音声を聞きながら、自分のすべきことを考える。
どんなに誠意を込めようとも、ただ頭を下げたところで、取り合ってくれるとは思えない。
「女の肌っていうのはね、男が気安く触れていいものじゃないのよ!!
 それを、あんたはっ!!」
もう一度、手のひらがひらめき、俺の顔面へと迫る。
今度は、その場から動かずに、その手が来るのを待った。
「…ッ」
渇いた音が響いて、口の中に血の味が広がる。
表情に出さないように注意して、その血を喉の奥へと追いやった。
「何のつもり? まさか、反応できなかった…なんてわけじゃないんでしょう?」
「俺は、殴られるだけのことをしたからな」
犯した罪が消えないと分かってるから、それを償うために罰を受ける。
それは、当然のことだ。
本来なら、さっきのセレノアからも逃げるべきじゃなかったのだろう。
「すまなかった」
「ふんっ、格好だけなら、どうとでも取り繕えるわ。
 詫びを入れれば、許されるなんて思わないことね。
 これ以上の無礼を働いたら、生きて魔族の領地を出られないと思いなさい」
吸い込んだ空気を一息で使い切ると、俺の反応や返答も待たずに、レイナが背を向ける。
不機嫌さを足音に滲ませて、レイナが部屋を去っていった。
続いて出て行くのかと思えば、サリはまだ、その場に立ち止まっている。
そして、小さくため息を着いたあとに、こちらと目が合うと静かに頭を下げた。
「姉さんが感情的になった点は、謝るわ。
 そして、今日の一件が、偶然の事故だと理解もしている。
 だけど、次は、事故でも許さない」
冷ややかな声と目が、次はないと釘を刺してくる。
ここでのセレノアに対する立ち居振る舞いには、細心の注意を払う必要がありそうだ。
にしても、想像以上に過保護に育てられているんだな、セレノアは。
いや、それでも王族という身分で比べれば、このぐらいは当然か。
同じことをリースにやって、周囲の人間にそれを見られでもしたら、極刑も有り得るだろうからな。
「理解を示さないのは勝手だけれど、私は、口に出したことを必ずやり遂げるわ。
 出来ないなんて思わないことね。
 必要になれば、刺し違えてでも、あなたを殺すわ」
返事をしない俺の心情をどう解釈したのか、声音が一段と冷たいものに変わる。
言いたいことだけを言い、一方的に話を終わらせる姉と違って、妹の方は、対話を求めるらしいな。
「同じ失敗を繰り返さないように、十分に気をつけるよ」
真偽を問うように、俺の目を睨みつけてくる。
その瞳には、何もかもを凍てつかせるような寒さがあった。
「私は、あなたを好きではない。姉さんは、もっとだと思うわ」
「だろうな」
否定する材料も見つからず、素直にうなずく。
この二人、嫌いな相手へ接するときに、そのことをまるで隠さないし、取り繕おうともしない。
もしかしたら、魔族という種族の性質なのかもしれないが、嫌いだという感情に嘘がないというのは、分かりやすくていい。
「あなたには、ここにいてほしくない。用事を済ませたら、速やかに自分の家へと帰って」
魔族の領地に呼んでおいて、ずいぶんな言い草だが、仕方の無いことだろうな。
俺を呼びつけたのは、レオン・グレイスで、あくまでも魔族の総意ではないのだから。
「分かった、約束しよう」
俺の返事に満足したのか、音もなく部屋を出て行く。
声の調子から態度まで、対照的な二人だが、根底は変わらないらしいな。
ふすまが閉ざされ、ようやくアイシスとそろって息をつく。
「食事にしようか」
「はい」
腰を下ろし、アイシスが並べてくれたものに、端から手をつける。
まるで、砂を噛むような気分だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ