挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

点を支えし者達

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

81/129

05章 私の贅沢-03


お姉ちゃんとおそろいの櫛と鏡を買って、さらに重くなった袋を持ち直す。
買い物をしたと実感できるこの重みが、なんだか嬉しい。
「もうこんな時間か」
お姉ちゃんが、残念そうにつぶやく。
歩き回っているうちに、すっかり日も傾いてしまった。
赤く染まった街並みの中で、この店の前だけが、やけに静かだった。
今日の買い物ももうすぐおしまい、そう思うとなんだか寂しい。
「本当に、ここが最後で良かったんですか?」
「一番、売り切れの心配がないからな」
皮肉を言いながら、お兄ちゃんが扉を開ける。
中にいるあの人に聞こえていないことを祈りながら、私もそのドアをくぐった。



お兄ちゃんの言葉を証明するように、お店の中には、誰もお客がいなかった。
並んでいる武器たちも、前に来たときと変わってるようには見えない。
やっぱり、全然売れてないのかな。
失礼な話かもしれないけど、少し心配になってしまう。
「お前さんたちか。何の用じゃ?」
「贅沢しにきました」
「なんじゃと?」
「私が使ってた胸当てと手袋、クリアデルの支給品だったんです。
 以前と似たようなデザインで、前より強度が上で、できれば軽いものが欲しいんですけど、ありますか?」
私が思いつく限りの、好条件を並べてみる。
ガイ・ブラスタと戦ったときに、ほとんどの装備は、炭になって消えた。
あの一撃を防具で防げるとは思わないけれど、軽減できたのも事実だ。
あれのおかげで、たしかに生きながらえることができたのだから、装備をおろそかにしたくない。
お兄ちゃんを守るときだって、あの装備があれば、もう少しマシだったかもしれないんだから。
「ありますか…じゃと? まさか、ワシに量産品を売らせるつもりじゃあるまいな」
物騒な目で睨まれて、思わず身がすくむ。
だけど、問いかけるようなその口調は、きっと…私のことを試しているはずだ。
「なら、私のために作っていただけますか?」
「ふん。採寸するぞ、手伝え」
「はーい」
投げられた紐を、お姉ちゃんが笑顔で受け取る。
どうやら、答えとしては及第点だったみたいだ。
「アイシスちゃん、動かないでね」
「はい」
次々に紐が当てられて、その長さをお姉ちゃんが読み上げる。
それを、ロウさんが用意した紙に、お兄ちゃんが書き込んでいく。
なんだか、ここにいるみんなに、私の全てを知られるみたいで、すごく恥ずかしい。
ロウさんは、武器を見るときと同じような厳しい目つきで、お姉ちゃんの手元…つまり、私の身体を見ている。
もしかしたら、その目には、これから産まれる防具が、もう映っているのかもしれない。
「手ぐらいなら、男に触られても平気か?」
「え? あ、はい」
お姉ちゃんが私の寸法を測ってくれてるのは、そういう配慮なんだ。
両手を前に伸ばして、ロウさんに手のひらを向ける。
ロウさんの固い指が、私の指先をなぞり、撫で付けていく。
武器を扱う私よりも遥かに硬い、職人の手だ。
こうなるまでに、どれだけの時間と力を使ったんだろう?
「ふむ。ようやく、戦う者の身体になってきたようだな」
握っていた私の手を降ろして、満足そうにうなずく。
そう言ってもらえるのは、素直に嬉しい。
「ありがとうございます。まだまだ、お兄ちゃんには、敵いませんけど…」
「年季の差じゃな。それに、お前さんには、まだまだ覚えることがたくさんあるじゃろう」
「お兄ちゃんには、もうないんですか?」
「成長の余地に関しては、ワシもわからん。
 だが、少なくともセイルスの二人が教えることは、ほとんど残っていないだろうな。
 奴らの技は、余すことなく、全て叩き込まれてるはずじゃ」
「免許皆伝…でしたっけ?」
全てを継いだものだけが、名乗れる称号。
お兄ちゃんなら、たしかに、そう呼ばれるだけの力があると思う。
「ふん。そんな大層なものを出せるほど、真っ当な流派ではない。
 なにせ、門弟がお前さんたち二人だけなのじゃからな」
そういえば、前にそんな話をしていた気がする。
レジ様とクレア様から教えてもらえる人は、気に入ってもらえた人だけ。
それが、とても狭き門になっている…って。
「他には、誰もいなかったんですか?」
「ラインとシアはあの二人を慕っていたが、結局のところ、何も教えとらんはずじゃ。
 そもそも、レジもクレアも、人に物を教えることが嫌いでの」
 『見て学べ。それで極意が掴めぬなら、使う必要なし』…常々、そう豪語しておった。
 じゃから、その態度を決して崩さなかったあの二人が弟子を取るなど、誰も予想しとらんかったわ」
こうして聞いていると、お兄ちゃんが、いかに特別な存在なのか、よく分かる。
気に入った人間のためっていうのは、きっと、お兄ちゃんに教えるための方便だ。
おまけで教えてもらえた私は、本当に運がいい。
「しかも、弟子に教えるためだけに、技を編み出したのだからな。
 それを聞いたときの、周りの驚きようと言ったらなかったわ」
ロウさんにしては珍しい、私にでも分かるぐらいの楽しそうな笑み。
そのときのことは、思い出し笑いできるぐらいに、痛快だったんだろう。
「その話、本当なのか?」
身を乗り出すお兄ちゃんのために、横へとずれる。
お兄ちゃんが、こんなに興味を示すなんて、かなり珍しい。
「なんじゃ、お前さんも知らなかったのか。まあ、奴らが語るとは思えんからな。それも仕方あるまい」
一呼吸置いて、ロウさんが椅子に座り、頬杖をつく。
どうやら、あれは、長話の姿勢みたいだ。
「ダガーの扱いなど、ほとんど知らぬあの二人が、本当にまあ、よくやったもんじゃ。
 己の武器をダガーに持ち替え、さまざまな敵と対峙して、その本質と闘法を掴み取る。
 雑魚ばかりでは話にならんと、二人が交互にやっていたときもあるし、ラインやシアを相手にしたときもあったはずじゃ」
クレア様のロッドもそうだろうけど、レジ様の斧なんて、まるで勝手が違うはず。
それなのに、あの人たちは、お兄ちゃんのために、わざわざ武器を持ち変えたんだ。
ロウさんの皮肉な笑みや、お兄ちゃんとお姉ちゃんの驚いている顔が、それがどれだけ大変なことかを物語っている。
「それに、実戦だけではなく、文献なども読み漁っておったの。
 継承されている技術は、余すことなく全て己の技として吸収しておったわ。
 それでも飽き足らず、最後には、自分でダガーを極めるとほざきよったのだから、まったく馬鹿は救えんわ。
 片時のクレアなぞ、自分の武器を封じて、四六時中ダガーを握り締めていたぐらいじゃからな。
 あの二人が昼夜を問わず、あれほど凄まじい気迫で刃を振るっていたのは、ワシが知る限りあれが最後じゃ」
横目で、お兄ちゃんの反応を盗み見る。
話の続きを真剣な顔で待つお兄ちゃんは、私の視線にも気づかないほどだった。
「お前さんたち、型は覚えたじゃろう?」
「ああ」
お兄ちゃんが答えてくれたから、私は黙ってうなずく。
型…技の連なりを覚えることで、その意味と身のこなしを身体に覚えこませるための訓練方法。
お兄ちゃんが教えてくれたのは、全て覚えたし、今でも毎朝毎晩、繰り返し練習している。
「あれも、奴らが作り上げたんじゃ。
 伝承されていた型を見ては、『この程度では、足りない…』と難癖をつけてのう。
 自分たちの納得行くまで改良を加えておったから、原型なぞ留めておりゃあせん。
 全ては、理を学び、力のないものにも使える技を、お前さんに覚えさせるために…な」
驚くほどの熱意に、ただ圧倒される。
ロアイスでも屈指の猛者であるあの二人が、まさしく心血を注いで作り上げた技。
自分が学んできた一つ一つが、どれだけ洗練していたのかを、今更になって思い知らされる。
きっと、お兄ちゃんが感じているものは、私なんかとは比べ物にならないだろう。
その全てが、お兄ちゃんのために作られたものなんだから。
「どうして、そこまで詳しく知っているんですか?」
「ふん。奴らが使うダガーを、誰が用意したと思っておる。
 しかも、毎夜に訪れ、型を見せては意見を問われれば、忘れようがないじゃろう」
迷惑そうな顔で、ロウさんが愚痴をこぼす。
でも、それは、きっと本心じゃない。
もし、本当に迷惑だったのなら、この人は、きっと断っていただろう。
「友達だから…ですか?」
「友ではない。年に数度、己の武器を見せに来るだけの厄介な客じゃ」
憎まれ口を叩いて、ロウさんが否定する。
私には、そんな関係がとても羨ましく見えた。
「満足したか? いいなら、作業を再開するぞ」
「ああ、邪魔してすまなかった」
壁に寄りかかったお兄ちゃんは、静かに目を閉じる。
きっと、心の中を整理しているんだと思う。
「後ろを向け」
「はい」
言われるままにくるくると回り、色んな角度からの私を提供する。
ロウさんが満足げにうなずくまでに、たっぷり一時間以上が掛かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ