挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/129

03章 鍛える少女-3

【アイシス視点】

少し離れたところで、パチパチと何かが弾ける音がする。
どこだろう? 何してたんだっけ?
なんにも覚えてない。
ただ…あったかくて、すごく気持ちいい。
私を包み込んでいる何かが、まるで、私を守ってくれているようで…。
こんなこと、初めてかもしれない。
誰もいない、何にもない、真っ暗な世界。
だから、何も恐くない。
だって、周りに誰もいなければ、私は何もされないから。
私は、こんな場所がいい…戻りたい場所なんてないから。
今までに私の居場所なんてものは、存在しなかった。
誰かのいる場所に私がいて、だから、私の場所じゃなくて、邪魔者で…。
どこにも居場所がないなら、私がどこにもいなければいいんだ。
この場所みたいに、何にもなくて、誰もいない場所が、きっと、私の場所なんだ。

「アイシス」

静かで優しい声が、私の名前を呼ぶ。
こんな声で私の名前を読んでくれる人なんて、今までに誰もいなかったのに…。
だれ?
だれなんだろう?
重いまぶたをゆっくりと開く。
私を包み込むように毛布が二重にかけてあった。
「どうだ? 特等席の寝心地は?」
暖炉の前に作られた椅子と毛布のベッド。
あの人が運んでくれたみたい。
身体の芯まで冷えていたはずなのに、今は汗が浮かぶくらいに暑い。
「寝るんだったら、外でじゃなく自分のベッドで寝てくれ。
 外で寝られる体力より、自分の場所まで帰れる体力のほうが重要だからな」
皮肉の中にいやしさがない…素直に言わないけど、私のことを心配してくれているみたい。
「熱は…ないみたいだな。
 病にかかっても薬師の知り合いはいないから、まがい物の薬しか手に入れられないぞ。
 ユイも薬の調合は専門外らしいからな」
私の額に手を当てて話す先生は、気遣いにあふれていて…。
だから、私は…どうしていいのか、分からなくなる。
「どうして、そんなに優しくするんですか?」
「冷たくしてほしいのか?」
「…いえ、そういうわけじゃ…」
「なら、どうされたいんだ?」
何にも言葉がでない。
先生の対応に不満があるわけでもないのに、私は何をしたいんだろう。
もっと突き放してほしい? もっとぞんざいに扱ってほしい?
あの人たちのように? あのときのように?
もう、あれほどに止めてほしいと願ったのに、なぜ終わったことを受け入れられないんだろう。
「そんなに、相手に過敏になる必要はないだろう?
 別に優しくしているつもりはない。
 ただ…」
小さく言葉を区切って、先生は正面から私の目を見る。
「やられてイヤなことは、自分でもやらないようにしてる。
 同じことを返されたくないからな」
繕った笑顔は、感情が交じり合ってよく分からない。
だけど、決してそれが幸せから出る笑顔じゃないことは、私もよく知っている。
「やられて、イヤなこと…ですか?」
「顔をあわせる度に舌打ちされ、侮蔑の眼差しと罵倒をもらうとか…な」
暗い部屋のせいで表情はよく見えないけど、さっきと声が違うことは分かる。
私の他にも、こんな声が出せる人がいるなんて思わなかった。
痛くて、辛くて、耐えられなくて…無理して出した自分の声を聞いて、初めて聞いたときは涙が止まらなかった。
「悪い、余計な愚痴だ…忘れてくれ。
 起きたなら、飯にしようか」
何もなかったように台所へ向かう先生の背中に、私と似たような過去が見えた気がした。


「待たせたな」
先生が運んできてくれたのは、湯気の立つ出来立てのシチューだった。
疲れていて何も食べたくないはずなのに、ミルクの優しい匂いが胃を刺激する。
「疲れてるときには、悪くない料理のはずだ」
いただきますといって、先生は、私のより少し大きめのスプーンで食事を始める。
ふるふると首を横にふり、頭を起こしてスプーンを手に取った。
「あったかい」
口に入れただけで、暖炉や毛布のあたたかさとは違う、体の芯が温まっていくのが分かる。
ふわりと口の中で広がる優しい味は、胃の中にも抵抗なく滑り込んでいく。
「…美味しい」
こんなに美味しいシチューは、初めて食べた。
「そういってもらえると、料理したかいがあるな」
一口食べるごとに、気持ちが良くなっていく。
まるで、私の体を癒してくれるようなシチューを、夢中で食べた。


「少しは、落ち着いたみたいだな」
私が食べ終えると、正面から目を見据えられる。
敵意も侮蔑もない、ただの優しい眼差しと目をあわせていると、なんだか居心地が悪い。
「説教なんて、柄じゃないが…。
 生き急ぐことは、結果として死に急ぐことになることが多い。
 命の危険がないなら、もう少し手を抜いてやったらどうだ?
 今のままだと、自分で自分を殺しかねない」
自分で、自分を…。
さっきの訓練は、本当にそんな気分だった。
「それとも、切羽詰った事情があるのか?」
「殺されないなら、切羽詰った事情にはならないですよね」
どんなことをされても、命を取られないなら、切実な事情とは言わない。
生きていることを…殺されないことをありがたがるなんて、馬鹿げてる。
生かされてることに、どれだけの意味があるかなんて知らない。

『殺されないだけ、ありがたいと思え』
『本気だったら、とっくに死んでるぜ』

余計な言葉と思考が蘇らせた、私の傷口。
耳にこびり付いたあの声は、私の頭の中を揺らす。
あの人たちは、本気で私を殺そうとはしなかった。
執拗に痛めつけて、私が苦しむのを見て、楽しんでいただけ。
玩具は壊さない、少なくとも次が見つかるまでは。

「すまない。俺のほうが間違ってた」

今まで聴いたことないような、すごく優しい声に心臓がトクンと音を立てる。
先生は、言葉と一緒にゆっくりと頭を下げていた。
私のことなんか他人事と流せる立場にいるのに…先生は、真摯に頭を下げてくれた。
「理由をつけながら話すと、どうも本筋から外れるから言いたいことだけ言わせてもらう。
 アイシスがやりたくないことは、やらなくていい。
 ここにいるために何かを強要しないし、アイシスが強くなくても、俺は何もしない」
そこまで言い切ると、何かを考え込むように見える表情で、先生が止まる。
そして、数秒だけ硬直した後に、ふっとため息をついた。
「俺からお願いするのは、一つだけ。
 できることなら、飯のときに向かいに座っていてくれ。
 それだけでいい」
「…はい」
驚くほどささやかな先生の願いに、何かを考える前に返事をしていた。
こんなに寂しそうな顔をするのに、どうして人里離れたこんな場所に住んでいるんだろう?
でも、先生の顔を見ていたら、そんなことを質問する気にはなれなかった。
「立てるか?」
「はい、なんとか…」
今の気分は、午後に訓練に出たときと同じくらい。
普通なら、きっと立ち上がれないぐらいはずなのに。
これが、先生の言ってた休息の取り方の違い…なのかもしれない。
部屋に戻るくらいの体力なら、残っている。
「もし、アイシスが大丈夫なら…今日一日の訓練の成果を試してみないか?」
馬鹿げてる。
体力があった午前中でさえ無理だったのに、こんなにボロボロな状態で先生が捕まるわけがない。
それに…。
「たった一日ぐらいで、何が…」
「変わる」
一言に全てが遮られ、私の耳の中で力強く繰り返される。
まるで、直接頭の中に語りかけてくるような、先生の声。
「俺が教え、アイシスがそれに応えたんだ。変わらないわけがない」
「………」
先生の言葉に押し切られ、何も反論できなくなる。
何度やってもできない人間と蔑まれ続けた私に、こんなことを言ってくれた人は…本当に、生まれて初めてで…。
先生の言葉のせいで、本当に私が変われているような気持ちになる。
「試してみないか?」
強制されているわけでもないのに、断る気がまったくおきないのは、この優しい声のせいかもしれない。
イヤじゃない…少し、試してみたい気持ちもある。
「はい」
熱を纏った自分の体を確かめるように動かしながら、先生と外へ向かった。


【ティスト視点】


足を引きずるアイシスを連れて、小屋の前までやってくる。
わずかに小屋からの灯りがある限りで、後は、わずかな月明かりだけだ。
「始めようか」
「はい」
向かい合うアイシスからは、俺に対する緊張や萎縮が感じられない。
そんなことを気にかける体力も残ってないのは、いい傾向だ。
「………」
不用意に走り出さずに、じっくりと俺の立ち方を見て、次の動作を考えている。
そう、持て余すものでないからこそ、丁寧に扱い、無駄な消耗は抑えなければならない。
残りの体力が少なくなればより強く実感するが、普段から気を使わなければいけないことだ。
こういうことは、説明よりも前に実感し、それでも必要なら説明したほうが分かりやすいはずだ。
「………」
小さく小さく、アイシスが自分の間合いまで距離を詰めてくる。
アイシスが全速力を出せるのは、一瞬がいいところ…さて、どう来るか。
「ッ!!」
低姿勢から一気に走り出すアイシスの手には、既に石が握られている。
俺が下がろうと体重を移動させる瞬間に、アイシスは俊敏に反応する。
俺の移動方向まで予測に織り込まれ、顔面に目掛けて石が飛んできていた。
昼間のは見て分かる牽制…だが、こいつは本当の波状『攻撃』だ。
足が動かない分だけ、投げることへの意識が強まったんだろう。
「…ッ!」
頬を掠めて過ぎた石が、遠くで木にぶつかったとき。
俺の足は動いておらず、アイシスの手が俺の上着を掴んでいた。
「え? なんで…どうして下がらなっ…」
俺の顔を見上げたアイシスが、息を呑む。
「ッ! 血が…」
「いつものことだ、気にしなくていい」
頬を拭おうと手をあげると、アイシスはびくっと体を縮める。
恐怖に身体をふるわせて、ぎゅっと目をつむっていた。
攻撃された俺が、苛立ちでアイシスに手を上げると思ったわけ…か。
これが、アイシスが相手のことを攻撃できない原因で、まず間違いないな。
攻撃を掠らせただけで執拗な報復が待っているなら、形だけでも戦っているふりをすればいいわけだ。
遅く、単調で、相手に届かないという意味不明な反撃も、これで、ようやく納得できた。
「…ふぅ」
なんとか心を抑えて、怒りを自分の中からかき消す。
苛立ちをアイシスにぶつけるのは間違っている。
アイシスは被害者で、原因もアイシスじゃない。
「アイシス」
ゆっくりと、できる限り落ち着いて名前を呼ぶ。
さっきまでの警戒を少しだけ緩めて、アイシスは俺の目を見てくれた。
「いい一撃だったぞ」
ぽんぽんと頭に手を置き、ゆっくりと髪を撫でてやる。
アイシスは恥ずかしそうに、くすぐったそうに、撫でられるままになっている。
師匠に教わったこと…してくれたことを、俺もこうしてアイシスにしている。
アイシスは、あのときの俺と同じような気持ちになれただろうか?
「先生、なぜ足を止めたんですか?」
「アイシスの成長を見たら…つい、な」
自分でも意識をしていない、避けることを忘れていた。
「…成長?」
「俺を捕まえるのが無理だと分かった、と言ったが…。
 無理を無理で済ませられないときが来るかもしれない。
 そんなときに、どうすべきか…アイシスは見事に答えを出して見せた」
「…でも」
「今日は、そのきっかけに触れただけでも、十分すぎるだろう。
 ゆっくり休むんだな」
アイシスの不安げな表情を抑えるように、俺は言葉を選んだ。
偶然や運などではなく、これはアイシスが出した結果なのだから。
「…はい」
恥ずかしそうに…でも、少しだけ嬉しそうに微笑むアイシスと一緒に家へと引き返す。
本格的な訓練は、これから始まる。
何にもやることがなかった俺の生活にも、目的ができた。
この少女が強くなるための手伝いをするという、目的が。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ