挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

点を支えし者達

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

79/129

05章 私の贅沢-01


【ティスト視点】

あの命を賭けた激戦から、ようやく十日が過ぎた。
ユイに癒やしの魔法をかけてもらい、ずいぶん痛みも和らいできた。
三日も続いた高熱もどうにか収まったし、寝返りを打って激痛で目を覚ますこともなくなった。
その間、ユイとアイシスは、これ以上ないくらいに尽くしてくれた。
掃除や洗濯は全てしてくれるし、朝昼晩と毎回違う料理をベッドまで運んでくれる。
贅沢の象徴とされる貴族や王族に並べるほどの厚遇だ。
それにいくら大金を払ったとしても、ここまで手厚い看護は受けられないだろう。
それには、心の底から感謝している。
でも、だからって、これは…やりすぎなんじゃないか?


「ほらっ、あーんして」
悪戯な笑みを浮かべて、ユイがスプーンを差し出す。
口を開けるのが気恥ずかしくて、俺は手を伸ばしてそれを受け取った。
「世話を焼いてくれるのは嬉しいけど、そんなに重病扱いしないでくれ。
 もう食事だって一人で出来るし、出歩くぐらいなら大丈夫だから」
いくら無茶をしたとはいえ、これだけ寝たきりに徹すれば、身体もずいぶん楽になる。
日常生活を不自由なく過ごせるぐらいには、回復していた。
「だってさ。アイシスちゃん、せっかくだし、お願いしてみたら?」
「お願い?」
「あの…」
そう言ったきり、唇を動かすだけで、声にならない。
どう切り出せばいいか、迷ってるみたいだ。
「俺を相手に、順序立てて話をする必要はない。
 そういうのは、他人を相手にするときにやってくれ」
家族でそういう遠慮は必要ないし、べつに、そんなことで怒ったりはしない。
「やっぱり、お兄ちゃんとお姉ちゃんは似てますね」
「俺とユイが?」
「はい、お姉ちゃんも同じようなことを言ってくれました」
なんとなく、恥ずかしくなって、人差し指で頬をかく。
「で、どうしたんだ?」
「あれ、なんですけど…」
おずおずと指差したのは、テーブルの上にある高級な袋。
王家の紋章を剥ぎ取って売っただけでも、かなりの値がつく一品だ。
そして、中には、ぎっしりと金がつまっている。
「クレネアの森に行った時の報酬か?」
記念すべき、アイシスとの初仕事。
魔族の王と精霊族が対立してる所に出くわしたという、なかなかに不運な内容だった。
今思い出しても、よく無事に帰ってこれたものだと感心してしまう。
懐かしいな、もう数年前のような気分だ。
「いえ。あれは、魔族と闘ったときの報酬です」
言われてみれば、あのときよりも袋が一回り大きい。
どうやらライナスの奴、ずいぶんと奮発してくれたみたいだ。
「無事に帰って来れたら、このお金で、私と贅沢するのも悪くないって、お兄ちゃんが言っていたって、聞いてますけど…」
「…?」
俺の反応を見て、アイシスの声が小さくなっていく。
「覚えてませんか?」
「いや…まぁ、まだ記憶が混乱してるのかもな」
あいまいな返事で、答えをごまかす。
気遣わしげな二人の目が、少し後ろめたい。
額に手のひらを押し当て、あのときにファーナに依頼したことを思い出す。
『アイシスが何不自由なく暮らせるように』
その頼みを、快く引き受けてくれた。
その一部始終は今でも覚えているが、さっきの言葉は、本当に記憶にない。
後遺症で記憶障害にでもなっていない限り、それは俺の言葉じゃない。
「…!」
そこで、一人の人物に思い当たる。
こんな上手な嘘を使えるのは、ロアイスの名軍師様だろうな。
さすがは、ファーナ・ティルナス…か。
「お兄ちゃん?」
大丈夫ですか? と言葉が続きそうなほどの不安げな眼差し。
せっかくだ、俺もその嘘に乗せてもらおう。
「で、どんな贅沢をするのか、決めたのか?」
「えと、まだ…なんですけど…。
 だから、お兄ちゃんとお姉ちゃんと三人で、ロアイスを回って決めようかと思って…」
うかがうような、上目遣い。
相変わらず、わがままを言ったり甘えたりは、苦手なままか。
「じゃあ、食べ終わったら行こうか」
「え? いいんですか!?」
その場で跳ね回りそうなほどの満面の笑み。
見ているこっちが嬉しくなるようなその反応に、こちらも笑顔で返す。
「ああ。ユイもいいだろ?」
「もちろん! いろいろ案内するからね」
「じゃあ、洗い物を済ませちゃいますね」
「あたしも手伝うよ」
声を弾ませて、二人が部屋から出て行く。
その仲のいい後ろ姿を見たら、思わず笑みがこぼれた。
「さて…と」
ベッドから起き上がり、上着を羽織って、まだ痛みが残る身体を覆い隠す。
思わず口をついて出た強がりだが、どうやら、今日一日ぐらいは誤魔化せそうだな。
走れと言われても無理だが、歩けないほどでもない。
鈍った身体をならすなら、ちょうどいいだろう。
「それにしても、贅沢…か」
自分には、縁遠い言葉だが…。
たしかに、そんな使い道も悪くないな。


【アイシス視点】


ロアイスの大通りは、いつものように人で溢れ、絶え間なく声が飛び交っている。
人の流れにあわせて歩き出し、周りと歩調を合わせた。
いつもは、見ているだけだったのに、今日は、自分も人混みの一部になっている。
そう思うと、なんだか不思議な気分だ。
「で、どこに行くんだ?」
「欲しい物が決まってるなら、お店、紹介できるからね」
私を挟むように、お兄ちゃんとお姉ちゃんが横に並んでくれる。
誰が決めたわけでもないのに、最近、三人で歩くときは、いつもこうしてくれる。
「えっと…」
そもそも、贅沢なんて、したことがないから、よく分からない。
欲しいもの…なんて、全然思い浮かばないし…。
ここに来るまで、ずっと悩んでいたけれど、結局、考えはまとまらなかった。
実際に、お店を選ぶときになれば、決められるかと思ったけど、全然ダメだ。
たくさんありすぎて、目移りする。
「あっ…」
「?」
思わず出してしまった声に反応して、二人が私の顔を覗き込む。
恥ずかしさを誤魔化すために、あわてて通りの向こうにある店を指差した。
「あ…」
「あそこか」
お兄ちゃんとお姉ちゃんが、視線を交わして笑いあう。
そこは、この二人に連れられて、一番最初に来たお店。
今、私が着ているこの服を買った、服屋だ。
「寄っても、いいですか?」
「ああ」
「もちろん」
二人の笑顔に押してもらったように、足が軽くなる。
自分でも驚くくらいの上機嫌で、お店までの道を歩いた。


色合いや装飾を考えて、並んでいる服の中から気に入った一枚を取り出す。
うん、肌触りも悪くない。
自分の身体に押し当ててから、鏡に映し、袖を通したときのことを想像する。
「これなら…」
ようやく、自分の中で合格点を出せた。
その服を押し当てたままで、お兄ちゃんへと振り返る。
「どう…ですか?」
「ああ。いいんじゃないか?」
さっきは、たしか…『悪くないと思う』だったはず。
気を使ってくれてるのか、直接的な言い方はあんまりしないけど…。
その代わりに、視線が動いた後に、わずかに表情へと感情が映し出される。
目は口ほどに物を言う…らしいけど、どうやら、本当みたいだ。
お兄ちゃんの反応をじっくりと見ていれば、どう思ってるのか、なんとなく分かる。
これは、さっきよりも好感触…かな?
頭の中に候補として残しておいて、次を探す。
あのときは、お姉ちゃんに任せっぱなしだったけど、今は自分の意志で選んでいる。
こうやって、迷い悩むのが楽しいなんて、全然知らなかった。
「ん?」
あの一角だけ、やたらと念入りに装飾されているし、人がたくさんいる。
その人たちの頭上には、目を引く色彩の看板に、大きく文字が描かれていた。
「えっと…」
『ロアイス』、『人気』、『男性』、『誘惑』。
全部は読めないけれど、分かる単語だけを拾い読みして、並べてみる。
最近は、お兄ちゃんが毎日のように本を読んでくれるから、文字にも少しは慣れた。
「…?」
ゆうわく? って、男の人を?
その単語があんまりに自分と掛け離れていて、他人事にしか思えない。
でも、あそこの人たちのとっても楽しそうな笑顔を見てると、なんだか、うらやましくなる。
べつに、どうしても買わなきゃいけないわけじゃないし…。
ちょっとだけ、見てみようかな。
なるべく人の少ないところを選んで、人の邪魔にならないように近づいた。
他と比べると、この辺りの服だけ、格段に鮮やかな色だ。
試しにさっきの候補と並べてみると、その違いが余計にはっきりと分かる。
それに、露出度が高いのばっかりだ。
今の私のスカートだって、そんなに長いわけじゃないけど…。
でも、ここに並んでるのを着るには、もっと勇気がいる。
数着を手にとって、さっきと同じように自分の身体へと押し当ててみる。
思ったより、ずっと肌触りも良いし、これなら、着心地も良さそうだ。
でも、私には、ちょっと、これは…。
「アイシスちゃん」
「っ!?」
不意に後ろから聞こえた声に、びっくりして振り返る。
そこには、お姉ちゃんが楽しそうな笑顔で立っていた。
「それ、買うの?」
「え、いえ…」
元の場所へと戻そうとした私の手を、お姉ちゃんが止めて、にっこりと笑う。
そして、お姉ちゃんの手に持っているのを、私に見せてくれた。
「あたしも、自分のを一つ選んでみたんだ。
 せっかくだし、一緒に試着してみない?」
「…はい」
少し迷ってから、結局、首を縦に振る。
私なんかに、似合うとは思わないけど…。
ちょっと着てみるぐらいなら、いいかな。
数人待ちになっている試着室へ、お姉ちゃんと一緒に並んだ。


いきなり着替えた姿を見せて、びっくりさせたいというお姉ちゃんの意向に従って、お兄ちゃんの死角へと回る。
お兄ちゃんは、どんな反応をしてくれるだろう?
そう考えるだけで、期待と不安で疲れてしまいそうだった。
備え付けの鏡で見たときは、そんなに変じゃなかったと思うけど…。
こうしていると、だんだん不安になってくる。
「お待たせ」
お姉ちゃんが、声をかける。
そして、お兄ちゃんがゆっくりと振り返った。

「…ッ!? ケホッ、ケホッ」

よっぽど驚いたのか、私たちの姿を見てお兄ちゃんがむせる。
今までに見せた服とは、まるで反応が違うし、少しだけ顔も赤くなっていた。
「どう、ですか?」
「どうかな?」
「…ああ」
ひとつうなずくと、おにいちゃんの視線が、私とお姉ちゃんの間を行き来する。
こうして、まじまじと見られると、どうしていいか分からない。
手で隠してしまいたくなるのを懸命に我慢して、お姉ちゃんに教えてもらった格好で止まる。
お姉ちゃんは、これが、この服が一番可愛く見えるって言ってたけど…。
でも、やっぱり恥ずかしい。
「………」
以前は、相手がどこを見ているかなんて、まったく分からなかったし、意識もしてなかった。
だけど、今はお兄ちゃんが訓練してくれたおかげで、目の動きを追えば、それが分かる。
むき出しになった肩や鎖骨へ、腰のあたりからおへそへ、胸元のリボンへ、風で少しだけ揺れるスカートへ。
お兄ちゃんは、意識して、外しているところもあるみたいだけど…。
普段は露出されていない場所には、やっぱり視線が集中している。
やっぱり、こういう服が男の人を誘惑するって、本当なのかな?
「二人とも、とってもよく似合ってる。だけど、あんまりその格好で、出歩いて欲しくないな」
それだけ言うと、表情を隠すように手のひらで頭を抑えた。
顔も赤くなってるみたいだし、もしかして、照れてる…のかな?
「で、アイシスちゃん、どうしよっか? 買っちゃう?」
「えっと…」
さっきの言葉は、きっと、お兄ちゃんにとって最上級の褒め言葉だと思う。
それに、出歩いて欲しくないって、言ってたけど…。
でも、それなら、家にいるときだったら、これを着てもいいよね。
「買います」
私の決定を聞いて、お兄ちゃんがため息をつく。
そんな、普段とは違う困ったようなお兄ちゃんを見て、お姉ちゃんと目を合わせて笑った。
私に、誘惑なんてことが、できるとは思えないけど…。
一枚ぐらい、こんな服を持っていても、悪くないかもしれない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ